REPORTS

 

イエローハット目黒青葉台店 オープンイベントサイン会 DATE : 2001年1月27日
ゲスト : 中田浩二選手・秋田 豊選手・高桑大二朗選手
     
現地レポ : MAKI 天気 : 大雪

  

その日は都心3年ぶりの大雪。朝、窓の外を見たら、すごい積もっていたのでビックリ。

でも、こんなことで負けてはいけない、せっかく浩二に会える(見れる)チャンスなんだから。

というわけで、行ってまいりました。サイン会の前に12:40からトークショーがあるというので、

開店時間に合わせて10時待ち合わせ。でも、雪のせいで、バスもタクシーも来なくて足止めされ、

結局イエローハットに着いたのは10時半過ぎ。しかし、既にずら〜っとお店の外まで行列ができてる。

屋根はあるものの、むちゃくちゃ寒いよ〜。みんな根性あるねぇ。

    

待っている間、イエローハットの人が温かい缶コーヒーを配ってくれた。やさしい。

お店側としても、まさかこんなに並ぶとは思わなかったんだろうな〜。それも、こんな大雪の日に。

雪じゃなかったら、もっとすごい並んでたんでしょう。

サインは3,000円以上の買い物をした人に引換券をくれるということだったので、

みんなイエローハットの袋を持ってる。みんな何買ったのかな?わたしとスガシカコ特派員は

カー用品なんていらないし(イエローハットさん、ごめんなさい)、色紙手渡しだけだったら、

ま、いいか〜、と、買い物はせず。

   

そうこうするうちに、3選手の車到着。こんな雪の中、運転してきたんだね〜。

東関道、大丈夫だったかな、なんて心配してたんだけど、翌日のスポーツ新聞によると、

前日は都内のホテルに泊まっていたらしい。

   

ようやく12時半頃、お店の中へ。FM渋谷の生番組中のトークショーということで、

店内にサテライトスタジオが設置されていた。でも、サテライトスタジオというのは名ばかりで、

ちょっとしたDJブース。その前で、みんなすごい勢いで場所取りしてます。

番組の司会は、ナイスな英語の発音で曲紹介しちゃうロングヘアーのキレイなお姉さん。

ギャルが怒涛のように突進してくるのを見て、びびってる感じでした。

   

さて、ようやく、3選手登場。ブースの真ん中に秋田さん、向かってその左に高桑さん、

そして一番左端に浩二。ちょうどわたし達の目の前だけど、ちびっこなので

2列目に陣取ったけど、前の人の頭でかなり視界をさえぎられてしまった。

でも、なんとか人の頭の間から見える♪見える♪

    

浩二の服装は、ナイロン素材のグレーのプルオーバー(ジッパーの赤いストラップがポイント)にジーンズ。

   

トークは、イエローハットのオープニングイベントだけあって、車にまつわる内容。

以下のようなことを話してました。

   

− 免許歴は?

秋田さん 18のときからですから、5年ですかね。
・・・・・誰もつっこまない。司会者もそのまま流そうとするし。ようやく高桑さんがつっこんだ。ヨカッタ。
浩二 2年です。
− 今日は車を運転してきたんですか?ちゃんとチェーンとかスタッドレスとかつけて?
浩二 いや、普通のツルツルのタイヤで来ました。大丈夫、ちゃんと走れました。
秋田さん でも、オシリ振ってましたよ。
− 車は何に乗ってるんですか?

秋田さん

2台持ってるんですけど・・・赤のベンツと、壊れちゃってるんですけど。(以下、省略)

高桑さん

ミニクーパーに乗りたいんですけど、身体が入らないですよ。

(司会者:オープンカーにしちゃうとか・・・)

今はレンジローバーです。(司会者:イギリスの車が好きなんですね)

浩二

ポルシェです。・・・ウソです。チェロキーです。

(司会者:チェロキーみたいな四駆だから、普通のタイヤでも走れたんでしょうね)

− お気に入りのドライブコースは?

浩二

東関道です。(司会者:何かロマンチックなことでも?)

いや、単に東京来るのに通らなきゃいけないから・・・(笑)。

− で、中田さんは?

浩二

中田さん、僕です。(司会者:あ〜、すみません、高桑さん!)

高桑さん

江ノ島の???号ですね。(司会者:さすがサーファーですね)

この高桑さんの答を聞いて、浩二、“さすがだよな〜”という感じで、苦笑い。

高桑さん

珊瑚礁っていうカレー屋があって、そこのカレーが美味しいんですよ。

(司会者:あ〜、ありますよね)

− 車の中ではどんな曲を聴いていますか?

浩二

流行っている曲とか、ファンの人からもらったものとか・・・。

     

トークショーはこんな感じでした。時間は15分くらい。

   

続いてサイン会(というか、サイン手渡し会)。

秋田さん、浩二、高桑さんの順に立って並んで、ファンはサインを秋田さんからもらって、

浩二、高桑さんと握手をするという手順。

   

3歳くらいの男の子が、秋田さんからサインをもらった後、そのまま行ってしまいそうに。

そうしたら、浩二、“あれ?僕の握手、いいの〜?”みたいな感じで、

かがんで、その男の子に手を差し出して、握手してあげてました。やっぱり子供好き浩二だね!

   

サイン会も終了して、もう選手も帰っちゃったようだったので、わたし達は

イエローハットの下にあるカフェでお茶してました。すると、入口に高桑さんが。

どうやら、カーナビか何かをつけてもらっていたようです。

   

翌日のスポーツ新聞によると、実は、浩二と秋田さん、結局、車で鹿嶋に帰るのは危ない、

ということで、タクシーと電車を乗り継いで帰ったそうです。

わたし達がのんびりお茶してるときに、実は浩二、外でタクシー待ちしてたのかな。

風邪引かなかったか、ちょっと心配。

  

・・・ニュースで鹿島線運転見合わせって言ってたけど、ほんとにちゃんと

無事帰れたんだろうか・・・。

   

関連ニュース → 日刊スポーツ

   

Page up

 

TOP PAGE REPORTS Index