ライン

ホテルやレストランのキッチンデザインは、多くの条件が複雑に絡み、なかなかまとめにくいものです。どれくらいのスペースが必要なのか。どのような器具をいかに配置していくかも難しい問題ですが、もっと大きなテーマはどのような店づくりを行えば、そのレストランやホテルの飲食施設やカフェテリアなどが投資に見合った売り上げを上げ、利益をもたらしてくれるのかということです。社員食堂や学生食堂、病院や学校給食においても採算性は大変重要な問題です。それは何も安い粗末な設備を作ればよいということではなく、十分な利益を還元するだけのパワーを持ちながら、衛生的であって環境的にも快適であるということも求められます。ビジネスとして十分に成立する条件をオーナーやユーザーの皆さんと意見を交換して整備し、そののちに自分の専門であるキッチンデザインに全力を投入する−これがわれわれのフードサービス・ビジネス・コンサルタントとしての姿勢です。





塚本 貞省
Sadami Tsukamoto
1942年山口県下関市出身。76年から78年にかけてアメリカ留学、コンサルタント会社Abrams & Tanaka Associatesに所属。帰国後、契約によりロイヤル株式会社に入社し、フードサービス関連の設計業務を担当。発展期のレストランシステムづくりに参画。85年10月ツカモト・アンド・アソーシエイツ株式会社設立。週刊ホテルレストラン誌に「キッチンを科学する」「キッチン機器の機能を知ろう」その他多くのシリーズ連載。厨房工業会主催設計コンクール審査委員。63年3月法政大学法学部卒業。
                         

                         このような仕事をしています
                 ホテル・レストランの飲食施設総合計画およびキッチンプラン
                 カフェテリア、フードコートのビジネスコンサルティング
                 病院や公共施設のフードサービスプラン
                 店舗や諸施設の新設・改修計画
                 営業方式やメニュー企画・店舗診断・運営状況のチェック
                 専任顧問契約による総合コンサルティング
                 社員教育・各種セミナーの講師