T&A社のデザインコンサルティング手法

ライン

ツカモト・アンド・アソーシエイツ(T&A)社はキッチンの設計にあたって、以下のようなプロセスを経てデザインをお届します。クライアントが何を求めているのか、そのレストランやホテルやカフェテリアにはどのような計画が適しているのかを検討し、そこに投じられる資金を回収し、利益を取り戻す方法はいかにあるべきかについて確信を得たのちに具体的なプランニングに着手します。

@出店計画の分析・検討

デザインコンサルティングの依頼をいただいた段階で、立地、メニュー、売り上げ高(可能性)などをチェックし投資の無駄や労費が発生しないように諸条件を分析します。このようなワークをフィージビリティ・スタディといいますが、店づくりには最も大切なことです。
何が何でも先に進もうとけしかけるのではなく、条件が合わない場合には、計画の修正や撤退、中止を勧告することもあります。

Aスペース全体の配分検討

フードサービスは多くの条件を整備し、自然に繁盛していくようなスムーズで無理のない店づくりが大切です。キッチンとダイニングの比率や全体の流れ、調理からサービスのプロセスを整理し、バランスをとっていくことをわれわれは重視します。もちろんこの段階では店の雰囲気やサービスをいかに演出してくかも検討に入ってきます。

B基本計画の立案

種々の条件を整理して全体計画をデザインします。キッチンだけでなく、ダイニングのテーブル配置やインテリア、エクステリア、全体のイメージなどすべての要素を入れて基本プランを作成します。この段階で、クライアントや実際に現場で働く人々にデザインのディテールをわかりやすくイメージしていただくために、スケッチやパースを多く作成します。このホームページに掲載しているスケッチはその1例です。

C詳細設計と設計監理・施工検査

計画がまとまった段階で施工用の図面を制作します。平面プランのみでなく、展開図、スミ出し図、冷媒配管計画図、床仕上げ指示図など、より使いやすく汚れにくいキッチンを実現させるために必要な資料を作成します。その設計図書に従って、現場工事の手配や説明、工事会社や厨房メーカーへの指示などの管理業務も行います。そして竣工の際には、コンサルタントとして検査を行い、すべてが整った段階までの店づくりをサポートしていきます。

Dオペレーションサポート(開業後のアドバイス)

レストランビジネスはキッチンやダイニンクルームの工事が完了したことがそのまま店づくりの完成となるわけではありません。意図していたこととゲスト側の反応の違い、開店後のメニュー追加や変更による運営計画の修正、働く人々への教育、トレーニング、衛生管理の意識向上など、オープン日から新たに始まるテーマが山積しています。それらに対しても状況をチェックし、アドバイスを行います。オフィスやキャンパスのカフェテリアなどでは、運営委託会社の折衝や選定などに関しても、クライアントをサポートするための条件整備をお手伝いします。また既存の施設に関しては、効率の診断や問題点の指摘を行い、改修や改善のためのアドバイスをします。改修プランも新設計画と同じく、全プロセスの提案や監理を代行いたします。