源氏物語と女性(十三) 自己決定ができない浮舟
文芸評論家   秋野茜子(あきの・あかね)

源氏物語絵巻  浮舟という女性は、八の宮の娘で、中の君の異母妹にあたる。薫の大将が中の君をしつこく追い回すので、彼女はそれを避けるため、姉大君に似た妹がいると語り、薫の注意をそらすために物語に突然登場する女性である。
 源氏物語の最後の部分に語られるのは、ライヴァル同士であった光源氏と頭中将の孫たちの、一人の女性をめぐる恋い争いである。光源氏の孫は明石の中宮の生んだ皇子、匂宮(におうみや)、頭中将の孫は柏木と源氏の正室女三の宮の間の不倫の子、薫(かおる)である。しかし、光源氏たちが若い頃、恋いの鞘当てをしたようなエネルギッシュな恋愛はもう見られない。
 匂宮は好色な青年だが、母親の監視が厳しい。薫は自分の出生を知ってしまったせいもあるが、女性に対して自信がない。だから、宇治に浮舟を住まわせて通うのも、匂宮にほのめかしてしまう。人物は立派で誠実であるが、皇女を妻にしているので、浮舟との関係は軽く考えている。時々のなぐさみものである。薫自身は家を見つけたりして、徐々に京へ連れてくるつもりであったが、彼の行動は自分のやり方でゆっくりしている。浮舟は以前好きだった大君の形代なので、躊躇がある、というより、愛しているわけではないのだ。
 薫が通っている浮舟のところへ、匂宮が薫を装って入室し契りを交わす。匂宮は夢中になって、彼女を連れ出し、宇治の対岸で共に一夜を過ごした。それは彼女の今生の思い出となるが、一方、匂宮は「姉上にこの女を差し上げたら大事にするだろう。ちょっと居ないほどの美人だから。」などと、後で姉の皇女に仕えさせることを考えている。彼は飽きた女性はそのように処理していたらしい。
 なぜ浮舟はこのように軽く扱われるのか。父八の宮は北の方との間に、大君と中の君の姉妹をもうけたが、浮舟の母は父の使用人の中将の君で、彼女が誕生した時から父に嫌われ、母と共に屋敷を追われた。母が常陸介の後妻になったので、母について東国で成長し、彼女は都の文化を知らないで育った。教養がないということは一緒にいても退屈だと思われ兼ねない。
 母は浮舟を連れ子にして常陸介と再婚し、その間に子どもが出来たが、結婚後できた実子よりも浮舟を大切に育てた。義理の父はそれを決してよく思わなかった。母は浮舟のために立派な婿を探そうとし、良さそうな男と結婚話を進めていたが、それが突然破談になった。その男は常陸介の財力が目当てなので、連れ子であると知ったとき、断ってきたのである。その男は、自分の妻になる女は美人である必要はない、財力があればいい、美人はどこかに囲えばいい、と明言するのだった。
 母親は浮舟を異母姉の中の君のところへ預ける。そこで薫の大将や匂宮を瞥見して、このように美しく身分の高い男なら、正室でなくて年一度の逢瀬でもよいと考えるようになる。それまで母はどんな男でも自分一人を守ってくれるのが最高だ、と常陸介を誉めていたのであったが。浮舟は母の思惑で動かされ、薫の世話になりながら匂宮との関係を続け、しかも徐々に匂宮に恋慕するようになり、それは薫に申し訳ないと反省し、どうしてよいか分からなくなってしまう。
 浮舟はまず母のいうことに従っていた。好き者の匂宮が忍んで来でも拒むことができないで、状況に流されてしまう。いつも母親の方針に従っていたのに、匂宮とのことで母に秘密を作ってしまった。
 彼女は薫一人を守っていなかったから自分は追いつめられたのだ、と反省するが、しかし自分に夢中になって親に嘘をつきながら宇治に通ってくる匂宮の情熱にほだされて彼が好きになる。自分の進退を自分で決めることができない女性である。彼女は源氏を拒んだ女性、空蝉、朝顔の宮、秋好中宮、玉鬘などと比べると、たいへん弱い性格である。
 源氏物語には意に反した男性と関係を持った女性は複数登場する。その結果それぞれが、男から逃れるために出家を余儀なくされている。浮舟も投身自殺が未遂に終わって横川の僧都に助けられ、山里で静かに暮らしていたが、また言い寄る男が出てきてついに出家する。薫が彼女の弟に文を持たせてくるが、手紙を受け取らず、使いの弟にも会わない。やっと浮舟は自分で自分の態度を決めることができた。
 源氏物語は女性たちのさまざまな哀しみを語っている。
物語の美しさはその「あわれ」から生まれている。


Copyright (c) Akane Akino 2000 All Rights Reserved.