スコット・ジョプリン Scott Joplin 
〜 伝記風の手短なスケッチ

エドワード・A・バーリン


 陽気ではちきれそうな活気に満ちた音楽、心を揺さぶると同時に両足が反応せずにはいられない音楽、聞く者全てに微笑みがこぼれる音楽−かくも魅力的な音楽が引っ込み思案で悲しげ、また恐らくは<引きこもりがち>とも例えられた男によって作曲されていたとは、普通では考えにくい。だが多くの人が口数の少ない人物だったと記している。たしかに彼はかくも物静かであったろうが、それゆえ彼の音楽が、最も雄弁に思うところを語っていたのだ。

 ジョプリンが出版した数々の曲−50を越えるピアノ曲(大半はラグだがワルツやマーチも含む)、歌曲がいくらか、そして1曲のオペラ−には、確かに彼のエッセンスがある。知るべきことはそれで全てだと言っても良いのかもしれない。しかし数々の逸話や個々の作品に見られる自伝的な示唆には、抗しがたい魅力がある。とは言っても、それらを詳細に探るのは「くたびれ儲け」と言っていいほどやっかいな仕事であり、それほどに彼の生涯を語る文献は乏しいのが現状だ。自身の考えや活動を記す日記の類は何も残しておらず、個人的な手紙すら存在が知られていない。おまけに知人の回想はまるで当てにならないことが、今日では明らかになっている。そこで注目すべきは、彼の成した業績と不完全にも遂げられた希望が−ハイライトを見せつつ−、時に詳細を語っている点である。しかしそれ以外の生涯となると、苛立つほどに捕らえどころが無い。誤った情報の増加によって積み重ねられた年月が、事実に基づくデータの欠如という苦境を交ぜあわせているからである。例えば未だに抜け切れない寓話の一つに、ジョプリンが1868年11月24日にテキサス州テキサカーナ Texarkana で生まれた、という話がある。まずこのロケーションは外しておきたい−テキサカーナは1873年に設立されるまで存在しないからだ。家族を知る人の証言によれば、スコットが生まれたのはテキサス州のマーシャル Marshall で、後にテキサカーナとなる場所から70マイル程南に下った辺りだという。合衆国の国勢調査を調べると、1870年当時、彼の家族はさらに40マイル程離れたテキサス州リンデン Linden の農家で暮らしていたことが分かる。その同じ調査−1870年の6月1日付−が示すのは幼いスコットが既に2歳だった事実であり、それゆえ1868年11月24日が誕生日という説も除外されて良い。1880年の国勢調査、及び彼の死亡診断書[証明書]によっても、この点は確かである。彼が生まれたのはいつか、その正確な日付は決められないにしろ、これらの資料からわかるのは、1867年6月1日から1868年の1月中旬までの間、ということである。

 この一件は、ジョプリンの生涯において真実を突き止める際の問題点を如実に示している。それは、知人によって語られた逸話を選り分けて、他の証言や新聞・雑誌の記事、公的記録、そして常識に照らし合わせてみる必要があるということだ。その結果、多くの不確かな話が捨て札となる一方、他の話と符号させるなどして予期せぬ新しい発見がもたらされることもある。そのうえでこの<証拠>に対し、確かな記録[書類]に欠けてはいるものの幾つかの要因からそれらしく思われるような<熟慮に富む考察>を、付け加えることにしたい。

 スコット・ジョプリンの出生を必要以上に不幸な境遇として考える必要はない。6人兄弟の次男として生まれ、アフリカ系アメリカ人の両親は南北戦争後の時代[性]にあって、テキサス州北東部で何とか暮らしを立てていた。そのジョプリンが少年期のほとんどを過ごしていたのが新しく生まれた都市テキサカーナで、位置的にはテキサス州とアーカンソー州にまたがった所である。幼い頃より音楽の才能を見いだされていたらしく、地元で音楽教師をしていたドイツ移民のジュリアス・ワイス Julius Weiss から無料でレッスンを受けていたが、当時の生徒によれば、ワイスはヨーロッパの伝統的な音楽に造詣が深く、特にオペラを大変に好んでいたという。後にジョプリンのやもめ[最後の妻]となったロッティ Lottie によれば、彼はワイスと終生に渡って手紙をやりとりしていたそうだが、この事実はジョプリンの音楽性と美学の形成にワイスが与えた影響の大きさを物語っているともいえる。

 いくつかの逸話は、1880年代のジョプリンを<中西部を巡る旅楽師>に仕立てているが、この主張を補う確かな証拠は見あたらない。新聞に掲載された最も初期の記事−1891年のもの−によれば、テキサカーナの地元ミンストレル楽団に在籍していたことになっている。1893年には、万博 the World's Columbian Exposition が開かれていたシカゴ Chicago へバンドを率いて赴いたと伝えられているが(自身はコルネットを演奏)、恐らく会場内で演奏することは無かっただろう。会期終了後はセントルイス St. Louis に短期間滞在、更にミズーリ州セダリア Sedalia へと移るが、その1894年から数年間をこの地で過ごすこととなった。

 セダリアでは、クイーン・シティ・コルネット・バンド Queen City Cornet Band という13人程の黒人音楽家によるアンサンブルでコルネットを吹いていたほか、自身でも6人編成のダンスバンドを結成、また町の様々な界隈でピアノを演奏したり、歌手8人によるグループ、テキサス・メドレー・カルテット the Texas Medley Quartette −兄弟のウィル Will とロバート Robert もメンバーだった−を組んだりしていた。このボーカルグループは遠路東のニューヨーク州・シラキュース Syracuse までツアーに出かけているが、その地で彼は初めて自作の曲を出版することになった−1895年、2曲のセンチメンタルな歌曲である。この実績は、翌1896年、テキサス州での3曲のピアノ曲出版−マーチが2曲、ワルツが1曲−へと続いた。

 かくして稼ぎのある音楽家になったジョプリンだが、一方で音楽への理解を深めるべく、若きアフリカ系アメリカ人向けに創設されたセダリアのジョージ・R・スミス大学 George R. Smith College で、音楽のコースを受講している。1898年頃には、ブラック400 the Black 400 やメープル・リーフ・クラブ the Maple Leaf Club といった黒人社交クラブ開催のダンスでの演奏が、地元新聞で採り上げられるようになり、セダリア・キャピタル紙 the Sedalia Capital に至っては「当地きっての最高のピアニスト」とまで書いている−当時の中西部におけるアフリカ系アメリカ人への処遇を考えると、これは異例とも言うべき賞賛ぶりである。

 ジョプリンの初めてのラグタイム『オリジナル・ラグズ Original Rags 』は、1899年3月に出版され、同年9月には『メープル・リーフ・ラグ the Maple Leaf Rag 』が続いた。証言に従えば、『メープル・リーフ・ラグ』が実際に作曲されたのは1898年、あるいは更に前の1897年との事だが、これは先の「メープル・リーフ・クラブ」の営業開始に先んじている−おそらくは店の名前が曲にちなんで付けられたのだろう。この劇的なラグは、ジョプリンの人生にたいへん大きな影響を及ぼしただけでなく、ラグタイムの歴史を塗り替え、その後の方向性を決定づけた。ラグタイムに洗練された新しい世界を提示した『メープル・リーフ・ラグ』は、当時最も広範囲に賞賛されると同時に、最もよく真似されたピアノラグとなった。

 しかしそれがどんなに傑出した作品であったにせよ、ジョプリン自身はラグタイムの曲に勝るものを生み出したいという大望を抱いていた−『メープル・リーフ』の出版後わずか数週間で、自身の出版元であるジョン・スターク John Stark へ、アフリカ系アメリカ人のダンスで構成されたバレー作品を送り届けているのである。このバレー作品は、1899年11月24日にセダリアのウッズ・オペラ・ハウス Wood's Opera House (本物のオペラが上演されることは極めて稀な劇場だった)で、彼の友達や知人達によって上演された。出版は1902年まで待つこととなるが−長すぎることが原因−、これが『ラグタイム・ダンス The Ragtime Dance 』と名付けられた作品となった。当時、芸術的な価値の低い音楽としてしか一般には見られていなかったラグタイムを、クラシックと同じレベルまで高めようと努力したジョプリンの意図が、まさに初めて記された作品である。出版元のジョン・スタークもこの志しに応え、優れた作品のみを選ぶように努めており、自らの会社を「クラシック・ラグの殿堂 The House of Classic Rags 」と称していた。

 ジョプリンはセダリアで賞賛の的となり、加えて何人かの弟子も持つに至ったが−後にラグタイム作曲家となるアーサー・マーシャル Arthur Marshall やスコット・ヘイデン Scott Hayden がいた−、彼はより大きな都市、セントルイスへと旅立つことを決意。1901年の初頭、当時婚姻関係を結んでいたベル・ジョーンズ Bell Jones と共に町を離れた。

 かつて短期間ながらセントルイスに住んでいたジョプリンは、多くの友人に迎え入れられたが、特にトム・ターピン Tom Turpin とは親交を深めた−彼は黒人作曲家として初めてラグを出版した人物(『ハーレム・ラグ Harlem Rag 』1897年出版)で、セントルイスのラグタイム中心地、ローズバッド・バー the Rosebud Bar のオーナーでもあった。レベルの高いセントルイスでもずば抜けてうまいピアニスト、という訳でもなかったジョプリンは、この地で主に後進の指導と作曲に専念する。それらの作品、『イージー・ウィナーズ The Easy Winners 』や『ストレニアス・ライフ The Strenuous Life 』(セオドア・ルーズベルト大統領 President Theodore Roosevelt へのトリビュートである)、『エリート・シンコペーションズ Elite Syncopations 』、そして『エンターテイナー The Entertainer 』といったクラシック・ラグは注目を集め、主要なプレスから絶えず賞賛されていたが、それに加えてセントルイス合唱・交響楽団[協会] the St. Louis Choral Symphony Societry の音楽監督・指揮者、アルフレッド・エルンスト Alfred Ernst といった著名な文化人からも賛辞を得るようになった。

 一方、私生活はうまくいっていなかった。ベルとの間に生まれた子供が幼くして亡くなり、1903年には二人に破局が訪れている。それでもなお、彼は働き続け、ラグタイムのオペラを作曲することでラグタイムの音楽的な限界を押し広げようとしていた。その証拠となる大胆な作品−『ゲスト・オブ・オナー A Guest of Honor 』[名誉ある客]−は、国を二分した1901年のある出来事を詳述したもので、当時の大統領セオドア・ルーズベルトが黒人指導者のブッカー・T・ワシントン Booker T. Washington をホワイトハウスの晩餐会に招待した一件を題材にしていた(過激な批評家は、白人と黒人の人種間における社会的平等という<受け入れがたい象徴>である、と不満を示した)。ジョプリンは30人規模のオペラ団を結成し、8月から11月(1903年)にかけて中西部の市や町を巡るツアーを計画した。しかしそのツアー開始後まもなく、仲間の一人によって切符売場から売上が盗み去られ、ジョプリンには支払が不可能な経費だけが残された。自身の所持品と一緒にまとめられていたオペラのスコアは、カンザス州ピッツバーグ Pittsburg の黒人劇場の下宿で没収され、今に至るまで発見されていない。

 1903年の年末に、ジョプリンはアーカンソーの親戚を訪ねる旅に出た。リトル・ロック Little Rock で彼はフレディ・アレキサンダー Freddie Alexander という19歳の女性に出会い、彼の作品『クリサンセマム Chrysanthemum 』[菊の花]−アフロ・アメリカの間奏曲 An Afro-American Intermezzo −を捧げた。ラグタイム作品であるにもかかわらず『間奏曲 Intermezzo 』という叙述的な副題をあえてつけたのは、より洗練された作品であることを示したかったのだろう。ジョプリンとフレディは1904年の6月に結婚し、セダリアへ移り住んだ。その夏、彼はコンサートのスケジュールで多忙だったが、若い妻がその演奏に付き添うことは無かった−セダリアに着いて間もなく病気になったのである。病状は肺炎へと悪化し、1904年9月に息を引き取った−結婚後わずか10週目のことだった。

 ジョプリンはセントルイスへと戻った−そこで会期中の万博では『カスケーズ The Cascades 』がヒットしており、フルート演奏家のサミュエル・ジョセフ・リード Samuel Joseph Reed がリーダーを勤めるバンドでもピアノを演奏した。後世、リードは自分の息子達にジョプリンの事を語っているが−「スコッティ Scottie 」と呼んでいたらしい−、彼はジョプリンについて「大変に知的で教養があり素晴らしいピアニストだった」と評していた。

 セントルイス滞在中に、ジョン・スタークに替わる出版社を色々と探していたジョプリンだが、かくして出版した作品に、シンコペーティド・ワルツともいうべき『ベシーナ Bethena 』と『ビンクス・ワルツ Bink's Waltz 』がある(この表題にはちょっとした誤りがある−ビーング Bing と呼ばれる子供の誕生日を記念した作品だから)。1905年にジョプリンはシカゴに短期間滞在したが−まさにその時に誕生した曲が『ヘリオトロープ・ブーケ Heliotrope Bouquet 』である。若き(そして短命だった)友人、ルイス・ショーヴィン Louis Chauvin との共作で、彼の才能が巧みに反映された一聴して忘れることのない美しいラグタイムだ。

 1907年、ジョプリンは定住を考えニューヨーク New York へと移った。彼はいくつかの出版社と新しくビジネス関係を結ぶ一方で−セミナリー・ミュージック Seminary Music が著名だが−、1905年にすでにこちらへ移っていたスタークとの仕事も続けていた。ある日、スタークのオフィスにいる時のこと、彼はジョセフ・F・ラム Joseph F. Lamb という若き白人のアマチュア音楽家に出会った。二人は友人となり、そのジョプリンの勧めでスタークはラムの『センセーション Sansation 』を出版した(1908年−セールス強化のためジョプリンの名前が「編曲者」として付け加えられた)。高いクオリティをもつ『センセーション』のヒットにより、スタークはラムの他のラグを出版することにしたが、翌10年に渡って出版されたこれらの作品によって、ラムは今日「ラグタイム界の偉人の一人」と見なされている。

 ニューヨークで多数の知友と賛辞を得る中、ジョプリンは「カラードボードビリアンの慈善協会 Colored Vaudeville Benevolent Association 」でも活動をしており、『パラゴン・ラグ Paragon Rag 』を献辞している。彼の際立ったラグ作品にはこの時期のものも多く、『ローズ・リーフ・ラグ Rose Leaf Rag 』『フィッグ・リーフ・ラグ Fig Leaf Rag 』『シュガー・ケーン Sugar Cane 』『パイナップル・ラグ Pine Apple Rag 』『グラヂオラス・ラグ Gradiolus Rag 』があげられる。にもかかわらず、彼はインタビューで、「ニューヨークに出てきたのは、現在作成中の大作オペラ『ツリーモニシャ Treemonisha 』の後援者を探すためだ」と語っている。このオペラがラグタイムであると認められる箇所はほとんど無いにもかかわらず、最も印象に残るのはラグタイム的な部分、すなわち『アウント・ダイナー・ハズ・ブローゥド・デ・ホーン Aunt Dinah Has Blowed de Horn 』、そして『ア・リアル・スロー・ドラッグ A Real Slow Drag 』である。ジョプリンが書いた筋によれば、ツリーモニシャは、ある独立した黒人社会の若き女性の物語である。彼女は自らが受けた教育によって、隣人達を導いていく−(無学を象徴するような)迷信と悪習を捨てることが、輝かしい未来への扉となるだろう、と。このオペラにはいくぶん自伝的な匂いが感じられ、ジョプリンの少年時代の音楽体験、母親、そして亡くなった妻フレディのことを思い起こさせる。そのフレディについては分からないことがほとんどなので、ツリーモニシャのキャラクターとどの程度まで一致するか見極めるのは難しいのだが、1884年9月というオペラの背景は、フレディの誕生日を引き合いに出しているように思われる。彼女は1884年の6月中旬から9月上旬までの間に生まれているからだ。オペラの筋自体には特定の年月が関係してこないことを考慮すると、ジョプリンは彼の妻の記念碑とすべく、この設定を選んだのではないだろうか。

 1910年になっても、オペラへの関心を出版社に見いだせなかったジョプリンは、1911年の5月、やむなく自費出版をした。この件に関して彼の友人達は、出版への考慮を求めたジョプリンが、テッド・スナイダー・ミュージック Ted Snyder Music に勤める新進気鋭の作曲家、アーヴィング・バーリン Irving Berlin にスコア渡していた、という話を語っている。これはありそうな話で、というのもテッド・スナイダー・ミュージックとセミナリー・ミュージックはオーナー同士が親戚関係にあって、事務所を共有していたからである。噂によると、バーリンはジョプリンの手稿を、使えないからと言って返した。その後1911年の3月に、バーリンは有名な大ヒットソング『アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド Alexander's Ragtime Band 』を出版したのだが、この曲を聴くなりジョプリンは「まだ未発表[出版前]のオペラから曲が盗まれた」と叫び、結果的にはバーリンの曲と似通ったセクションを書き換えたという。そのセクションこそが、オペラの最後を飾る曲における『マーチング・オンワード Marching Onward 』という部分なのだが、ジョプリン自身が修正したとはいえ、『アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド』のフレーズと似通った部分が今も残っている。あるいはこの類似点の重要性に異議を唱える方もいるだろう−バーリンの曲がヒットしたのは彼の詩の良さにあるのだし、意図的にジョプリンのテーマを盗用したかどうかもはっきりしないのだ、と。しかし、ジョプリン自身が不当な扱いを受けたと信じていた点には、疑いがないように思われる。

 話を戻すと、ジョプリンはツリーモニシャを上演しようと全エネルギーを注いだのだが、結局のところ非公式なパフォーマンスを一回やっただけに終わった−オーケストラも衣装も無しで。おまけに一般公開では、いくつかのセクションが個別に上演されただけだった。ロッティ・ストークス Lottie Storks −1911年頃に新しく婚姻関係を結んだ女性−が、彼の財政的な支援を引き受けると、二人は出版社を設立、最後のラグとなった『マグネティク・ラグ Magnetic Rag 』と、かのオペラから二つの短いセクションを焼きなおした作品を出版した。彼女の援助にもかかわらず、残りの人生でジョプリンが成し遂げたことはほとんど無い。梅毒の第三期症状に苦しみ、肉体的にも精神的にも衰弱していったジョプリンは、1917年の1月には入院を余儀なくされ、同年4月1日に病死した。

 ジョプリンのストーリーは、死をもってしても終わりはしない。かつて彼は、死んでから25年経たないと本当の評価はされないだろう、と語っていたのだが、その預言は正確だった。彼のラグタイム作品のほとんどが死後何年も忘れられていた中、『メープル・リーフ・ラグ』は1920年代や1930年代においても演奏され続けた。1940年代になると−死後、四半世紀だが−彼の音楽と生涯へ新たな興味が湧き上がり、以後の四半世紀を通じてパフォーマンスやリサーチが加速度的に増えていった。そのピークとなったのが、1970年代初頭のイベント−すなわち、ニューヨーク・パブリック・ライブラリー New York Public Library による2冊の楽集の出版とクラシックのレーベルからのレコーディングリリース(ジョプリンなら歓迎したであろう展開だ)、そして『ツリーモニシャ』の完全上演で、これは最終的にブロードウェイにまで及ぶものとなった。1974年には更に幅広い世界へ彼の音楽が広まった−アカデミー賞を受賞した映画『スティング Sting 』のサントラとして彼の曲が全面的に使用されたのである。突如として、あらゆる人がジョプリンを演奏し始めた−かつてこのように広範囲に及んで、彼の音楽が正当な評価と理解を得たことはなかった。また、クラシックとポップスという双方のジャンルで膨大な数の演奏がなされることで、ジョプリンのラグはその垣根を超越してしまい、数々のレコーディングが両分野のヒットチャートで上位にランクされるに至った。1976年には−彼の業績に対しては遅すぎる認識ではあったが−、ピューリッツアーよりジョプリンに特別賞が贈られた。

 ラグタイム/ジョプリンに対する1970年代の熱狂的なリバイバルは終わりを告げたが、ジョプリンは今も私たちと共にある。テレビやラジオのCMでも彼の曲を耳にするし、アイスクリーム売りも調子のよい演奏を聞かせてくれる。さらに重要な点は、生演奏か録音かを問わず、様々な演奏スタイルと多様なメディアを通じてジョプリンの音楽が聴けることだ−ピアノ、弦楽四重奏、オーケストラ、それら全てがこの活気に溢れた魅力的なサウンドの潜在能力を探求している。スコット・ジョプリンの音楽は今やスタンダードともいえるレパートリーであり、現代の生活にとけ込んだ音楽なのである。

〔訳者から〕

 この文章は、アメリカの著名なラグタイム研究家であるエドワード・A・バーリン氏 Edward A. Berlin のインターネットサイト「Edward A. Berlin's Website of Ragtime and Scholarship」における記事『Scott Joplin: Brief Biographical Sketch』を日本語に訳出したもので、翻訳及び当サイトへの掲載に当たっては、原著作権者のバーリン氏より許可を頂いております。尚、英語の原文をお読みになりたい方は、バーリン氏の公式サイト(下記URL)を直接ご訪問下さい。
http://www.edwardaberlin.com/index.htm

 ジョプリンの生涯に関する情報の普及のため、当文章を「引用」されることは歓迎いたしますが、許可無く転出・転用されることはご遠慮下さい。

 訳出の記載に関して、以下の点をご了承ください。
・ 飛躍した訳出表現については<>で囲んでいます
・ 訳注、代行、補足となる表現は[]で囲んでいます
・ ()表記は原文における使用を尊重しています
・ 曲名には『』を使用しています
・ 固有名詞(地名、氏名、団体名、等)は、アルファベット表記を併用しています。訳者によるカナ表記は参考程度としてください
・ 原文の持つシンプルな力強さを尊重すべく<表現に色を付ける>のは押さえたつもりですが、訳出の正確さにはあまり自信がありません

 この訳出をお読み頂いたことを機会として、是非、原文をお読みのうえ、それぞれの理解からバーリン氏の文章を味わって頂くと同時に、ジョプリン及びラグタイムに関し一層の興味を持って頂ければと希望しています。

平成16年6月
日本ラグタイムクラブ 事務局・会員
青木 日高

文:青木 日高さん(JRC会員)

戻る