魅惑のマジカルセッティング
 どうも、このコーナーが一部で人気のようなので、更新したいのですが、寒くてあんまり作業してません。そこで、セッティングについての座学です。ちょっと荒らしておきましょう。

 人間の感覚はかなりシビアなものでもあり、勘違いもしやすいもの。セッティングを弄繰り回した挙句に勘違いして”調子いい”と感じる事も多々あり。

 ネタですので気楽に読んでください。


【エンジンやキャブをいじらずに中低速のトルクアップを体感する方法】

   リヤショックのプリロードをできるだけ弱く、ダンパーも圧側を最弱に。できればフロントフォークの伸び側ダンパーもを最弱にして乗ってみてください。

 これだけで中低速のトルクが増大した事が確認できると思います!

 もちろん錯覚ですので真剣に喜ばないようにね。

 鋭い人は気がついたと思いますが、中低速のトルク感は停車状態からクラッチを繋ぎ始めるところで一番感じるものなのです、このときにリヤショックが過大に沈み込むセッティングにすれば簡単にフロントが持ち上がるような不安定な車体が出来上がります。この不安定な車体こそ、中低速トルクアップを錯覚させる現象を引き起こします。

 ※フロントアップが苦手な人や、ウイリーの練習をしたい人は、故意にこのセッティングをすれば良いです※

 ダンパーというものは無用な姿勢変動を起こさせないためについているものなので、スロットルを開けていくだけで大きく車体が姿勢変化するようなセッティングは正しい方向ではありません。フロントが設置したまま、少し車体全体が沈み込んだ感じのまま踏ん張るのが正解。


【フロントフォークを触らずに、フォークを硬くする方法】

   フロントブレーキのフルードにエアを混入してください。バッチリです(危ないのでホントにやらないように)

 フロントフォークのストロークを一番感じるのはフロントブレーキをにぎったままギャップに入るとき。フロントブレーキの利きがイマイチだと、ストローク間を感じなくなります。結果、コーナーでフロントフォークが沈み込まず、コーナーを回りにくいバイクに仕上がります。


【エンジンのパワーアップ】

   いま、あなたのバイクのキャブレターが標準セッティングなら、エアスクリューを半回転空けてください。あるいはパイロットスクリューを半回転閉じる。それから、できればニードルのクリップ段数を1段下へ。

 これでバッチリ、パワーアップします。

 これは中低速域に”薄すぎる”状態を作り出す手法です。これにより、ライダーの意思に反して吹けあがっていくエンジンに仕上がりますから、制御が非常に難しくなり、制御の難しいエンジン=パワーアップの錯覚を生み出します。

 実際、私も微妙に陥った経験があります。キャブレターのセッティングを詰めていく段階では濃い目から徐々に絞っていくのですが、ある程度絞ったら、一部を元に戻して様子をみる必要があります。全部を絞ってしまうと”薄すぎ”になり、体感的にはパワーアップなのだが、周囲の車両と比較して異常に遅いマシンが出来上がります。


 いかがでしたか、他にも思いついたら追加しておきますね。

   

▲トップページへ戻る▲