スプロケットとチェーンの交換


 なぜだかクラブのメンバー以外の人たちに人気のこのコーナー。寒いとなかなか作業ができないのですが、お待たせしました!久しぶりの更新。


のっけからヤバイ写真です。資源を無駄にしない私のスプロケット。(よい子はまねをしないように)

昨年10月頃に限界を感じて部品は入手済みだったのですが、部品が手元にあると、またなんだか心に余裕ができて(何でだ!)交換を先延ばしにしてしまうのです。もう交換は待ったなし。


オーッと、さらに、リヤタイヤもすごい事になっています。スプロケット交換の際はホイールを外すので、ついでにこれも交換します。

 さらに今日は天気もよいのでスイングアーム周りのグリスアップもするのです。ついでにキャブのオーバーホールも。これで1日仕事です。やれやれ。

 こういう、同じ部位の整備はまとめてやると効率的。ただし、まとめてできる自信があっての話。

 実は私が勤務していたショップではチェーン交換の際にはスイングアーム周りのグリスアップを行っていました。なぜなら、純正のエンドレスチェーンを組むからです。だから、チェーンカッターはショップになかったのです。立派なショップでしょ?


こういう、頻繁に分解しない部位、且つ、外部に露出しているボルト、ナットは緩めるのが大変。ナメる危険が高いので最初から浸透潤滑剤をかけておきます。浸透するまでの間にキャブの分解を進めます。キャブを分解し、キャブクリーナーを吹き込んでスプロケに戻ります。どうです。効率的でしょう?

 とはいえ、今回はキャブのオーバーホールには触れません。


キャブの分解が一段落したところでドライブスプロケットカバーを外します。この後、ドライブスプロケットを外します。

 そうこうするうちにドリブンスプロケットのナットに浸透潤滑剤が浸透するという作戦。


取り外した部品は洗浄してチェック。ドライブスプロケットを押さえているワッシャーですが、ドライブシャフトのスプラインに噛み合う部分の変形、磨耗は要チェック。この部分の変形が進んだ結果、ドライブスプロケットが外に押し出されて最終的にドライブシャフトのスプラインを破損した事があります。(昨年9月)

 それ以降、このワッシャーは予備を常備しています。

 今回はそれなりに変形しているもののこのまま再使用します。


 

▲トップページへ戻る▲

次ページへ進む