神戸の工具屋KTC 楽天市場店

日常整備の話A


 ”車載工具”のところを読んだ人は薄々気づいたかと思いますが、”車載工具”をそろえると、一通りの身の回りの整備をこなすだけの設備が整ったことになります。実際にはじっくり整備する場合、もっと効率よく、快適に整備するために、さらに”物欲”のおかげで、いろんな工具が増えていくわけですが、その辺の話は先に送ります。

 今回は、”日常整備の話@"で触れた、ネジの話をもう少し続けます。

 バイクはほとんどの部分がボルトやナットで組み立てられているので、これを正しく外し、正しく取り付けられるようになったら、何でもできるといっても過言ではありません。

 で、ボルト、ナットの取り扱いにはいくつかの原則があります。”日常整備の話@”で触れた”潤滑”のほかに・・・・・

  1. 特殊なもの(ヤマハ車の右ミラーとか、一部エンジン内のナット類)を除いて、時計回りで締まり、反時計回りで緩む
  2. ボルトとナットで止まっているものはナット側をまわす。
  3. 外したとき、分類しておかないと、組み立てるときワケが判らなくなる。
 ボルトとか、ナットとかの意味がわからない人は少ないと思いますが、一応画像。

 身近なところでは、クラッチレバーなんかが、こんなボルト&ナットで止まってますね。サイドカバーとか、シートとかはたいていの場合、フレームに直接ねじ山が切ってあって、そこにボルトがねじ込まれていて、ナットはありません。

 ナットがない場合は、レンチをかけられる場所はボルトの頭だけなので問題ありませんが、ボルト&ナットで止まっている場合、ボルトとナット両方にレンチをかけてまわさないとクルクル回っていつまでも部品は外れてくれません。そんな時、両方にレンチをかけて、ナットにかけた側のレンチに力を加えるのが”原則”。

 そして、力を加える方向ですが、弛めるときは”反時計回り”。締めるときは”時計回り”が原則。但し、特にボルトのみで直接車体に止まっているものを弛める場合ワケが判らなくなる場合があるので冷静に。特にエンジンオイルを抜くときのドレンボルトはバイクの腹についているのでボルトを見下ろして反時計回りに”弛める”イメージを持ちましょう。バイクを上から見て反時計回りに回すと”締める”事になるので、そのままがんばって回し続けるとねじ山がつぶれてクランクケースがパーになります。

 だいたいにおいて、一番の恐怖なのは”元通り組み立てられなくなる”事ですが、ボルトやナットについては、外した時点で”分類して置く”事でかなり組み立て時にわかりやすくなります。バイク屋メカニックをやってたときは、いろんな車種を扱うので、ワケが判らなくなりやすく、マグネット付のパーツ皿(ホームセンターや工具屋さんで売ってます。)に、分類して並べてました。ちょっとお奨め。

 たとえば、四角形のパーツ皿なら、左上の角はサイドカバー関係、右上の角はシートとタンク関係、左下はシリンダーヘッドカバーのボルト、右下の角はシリンダーヘッド。などと大まかな分類で置いていくわけです。マグネット付の皿を使えば、皿を動かしてもボルトの位置が変ることはあんまりないので便利。(今は100円ショップで買った”犬のエサ皿”を愛用していますが、自分の所有しているバイクしか触らないのでほとんど暗記済み。)

 昔、HRCの名物メカニックだった(今はもしかするとチェスタフィールド・ヤマハのメカニックかな?テレビで目撃した気がする。)”ギー・クローン”という人物は外したボルトを全て仮組みする習性を有していたそうです。これも一つの方法。たとえば、サイドカバーのボルトを外して、サイドカバーを外したら、ボルトだけフレームの所定の位置に手で軽く組んでおくわけです。私のいたバイク屋では奨励していませんでした。組み立てるときにまたボルトを抜く手間がかかるからです。

 そんな風に対策していても、時々ワッシャーとボルトの組み合わせ順序がわからなくなったりします。そんなときは”推理”してみます。推理の法則は・・・。

  • クロームメッキされているボルトは外から見えるところ。
  • フランジボルト(ツバ付ボルト)は、プラスチック等、弱いものをとめているところか、または手が入らないような深いところに使われている。

 こんな感じかな。これでも判らなかったらパーツリストとかサービスマニュアルを見ることになるので、自分のバイクのマニュアルとかパーツリストは持っていると役に立ちます。

 あんまり外したりしないボルトやナットは錆びたりして、取れなくなってしまうことがあります。こんなときは一度、CRC556などの浸透潤滑剤をボルトのねじ山、またはボルトとナットの間なんかに吹き付けてしばらく置いて再トライしてみてください。結構救出可能な場合があります。それでも、ダメそうだったらバーナーで炙ったりすることもありますが、できるところとできないところがあるので、ボルトやネジの頭をなめる前にバイク屋さんに持っていきましょう。こういうことが起こらないように、”日常整備の話@”のボルトの潤滑が重要なわけです。洗車した後、ボルトの座面に潤滑剤をサッと吹いておくのも有効な方法かも。

 私の場合、純正部品にこだわらず、しょっちゅう外すプラスネジ(フィリップス・スクリュー)は、頭をつぶすのが怖いのでステンレスのヘックスに交換したり、いつも錆びてるボルトはステンレスボルトに入れ替えたりしています。

 だいたいこんな感じで、”ネジがあまった”とか、”ネジが足りない”とか、”外れない”とかはだいぶ防げるのではないでしょうか。


▲トップページへ戻る▲