フロントタイヤの交換@


(出演:もとき)

 さて、リヤタイヤで奉行が見本を見せたところで、より難易度の低いフロントタイヤに”もとき”さんの挑戦が始まります。なるほど、これは参考になります。奉行が普段なんとなくやっていることで、それをやらないと大変なことになる点がいくつかわかりました。
 ハイ、フロントホイールのシャフトを外す時はまず、シャフトの回り止めを緩めて下さい。車輛によって形は違いますが、基本的にオフロードバイクの場合フロントフォークの前面にあります。 ftyre1.jpg (4424 バイト)
 回り止めを緩めたら、アクスルシャフトを外します。最近のオフロードバイクの場合、ナット止めではなく、アクスルシャフト自体が巨大なボルトになっているものがほとんどです。 ftyre2.jpg (4831 バイト)
 リヤタイヤの場合と同じく、バルブを外して、ビードストッパーを緩めます。 ftyre3.jpg (4886 バイト)
 リムとタイヤの境目を狙って体重をかけ、ビードをリムから外します。 ftyre4.jpg (4924 バイト)
 タイヤレバーのスタートは常にバルブ部分からが鉄則。バルブを押し込んで、チューブをタイヤの中に押しやりながらチューブに触れないように慎重にタイヤレバーを差しこんでビードをリムの外に引き出します。 ftyre5.jpg (4536 バイト)
 1本目のレバーは始点として残します。写真のように足で踏んでおくとよいですね。2本目のみを少しずつ移動させてビードをリムの外に引き出していきます。・・・・・・・が・・・・・。 ftyre6.jpg (4661 バイト)
 せっかくここまで来たのに、油断して起点のレバーを外してしまったためこの通り、再びビードはリムの中に帰っていきました。さようなら。ビード君。

 というわけで、もう一度やり直し。

ftyre7.jpg (5047 バイト)

 

▲トップページへ戻る▲

進むwb01570_.gif (977 バイト)