「犬の訓練・しつけ教室DOGLY」は犬のしつけ教室です

当サイトは「犬のしつけ教室DOGLY」の旧・サイトです。
愛犬のしつけ・お預けについてご興味のある方は新サイトの方をご覧下さい。

犬のしつけ教室DOGLY東京

コラム:「訓練」とは?

【犬の訓練・しつけ教室DOGLY:荒井所長のコラム】

「褒める訓練・叱る訓練」
犬の訓練というと警察犬訓練や盲導犬訓練というイメージがすぐに思いつきます。「しつけ」というよりも「訓練」と言ったほうが厳しく統制されるという印象をもちます。事実使役犬の訓練は、とても厳しいものです。家庭犬と比べて役割が違うので当然と言えば当然です。たとえば災害救助犬。瓦礫に埋もれている人が居るなかで「僕は今眠いから行きたくないよ~」とか「お腹いっぱいだからやりたくないなぁ」とか犬が言っていたら人の命を助けられません。

褒めるしつけの良いところは、犬が褒められたいと思っている時に双方で楽しく訓練が出来ることです。その反面、犬が褒められたいと思っていない時ややりたくない時には、訓練士が望む行動はなかなか引き出せません。ところが、厳しいい訓練だと話は変わってきます。チェーンの首輪で叱られたくないのは「眠い」「お腹いっぱい」というときでも同じなのです。叱る訓練は、何かをしなければならない時にはその強制力はとても強いものになります。これを読んだ方の中にはここまで聞くと「叱る訓練」の方が優秀ではないかと思うかもしれません。

ただ一つ、訓練を始める前に考えなければならないことがあります。それは犬を飼い始めた目的です。使役犬のように犯罪を防いだり、人の命を助けるような高度な使命を持って飼わ れたのでしょうか?たぶんですが、一般の飼主に飼われた犬達は、「癒し」だったり「楽しい生活」を求めて犬を飼い始めたのだと思います。そのような犬達の訓練です。楽しくやらなければ当初の目的から外れてしまうと思いませんか?楽しみながら、犬の良い所を伸ばし、悪い所を消していく。楽しみながらその範囲でできることをやっていけばよいと思います。

人に迷惑をかけるような重要な事項はのぞき、大方褒める訓練で犬は成長していけるのです。その為に、少しだけ飼主さんがお勉強をすればいいのです。そうすることで犬、飼主ともに楽しい楽しい訓練ができると私は思っています。

【犬の訓練・しつけ教室DOGLY:山口訓練士のコラム】

「訓練」
訓練と聞くと犬の訓練所や訓練士という言葉が思いつきます。学生の頃は、そういう所に実習に行ったり、見学に行ったりした時もありました。実際訓練しているところを見ると、犬も人もどちらも緊張感があり、訓練の確実性を目の当たりにした時もありました。自分もいつかあんなふうになりたいなぁと思わせるくらいにとてもかっこよく見えました。そうして、最後に実習に行ったのが今働いているしつけ教室DOGLYという場所でした。ここでは、私が今まで見学に行った場所とは180°違いました。

犬と一緒に日常生活を送る上で困っている事。例えば、トイレや吠え、甘噛み、散歩中の引っ張りなど悩みはそれぞれたくさんありますが様々な訓練によって少しずつ効果が表れ、それによって自分も嬉しいし飼い主さんも喜んでくれている姿を見れる事。褒めるしつけを重視しての訓練を飼い主さんと一緒に行う事によって犬も飼い主さんもどちらもとっても楽しそうに訓練している事。違うところはまだまだありますが、それぞれに違いがあっていいところがあってと、ひとくくりに犬の訓練といってもいろんな方法があるんだと実感しました。

これからは犬を飼うお家もどんどん増えて行くと思うので、訓練するという気持ちと、訓練するなら楽しく!という気持ちを持った飼い主さんがどんどん増えてくれたらなと思います。