2014年1月25日~26日 138回JAHA国際セミナー「人と動物の絆を結ぶ獣医行動学」

JAHAの第138回国際セミナーに参加しました。今回は、「犬や猫の問題行動に関する獣医行動学」がテーマで、講師は米国獣医行動専門医の入交眞巳先生。犬の問題行動に対して、まずは病気などの医学的な問題ではないか獣医師が鑑別診断をし、医学的な問題がなさそうであれば、薬物的治療と行動修正法の両方のアプローチで問題行動の改善に取り組まれており、実際の症例をたくさんあげて分かりやすくご説明してくださいました。

入交先生は、1日6時間の講義で2日間にわたりお話ししていただきましたが、休憩時間も惜しんで受講者の質問にできるだけ答えてくださり、また、その質問を参加者全員で共有しようと、すべてマイクを通して質疑応答されていました。 参加者すべての人が、できるだけたくさんの知識と情報を持ち帰れるように、そして、その後それぞれの現場に生かしてもらえるようにという思いを強く感じ、私も犬のトレーニングに精進したいという気持ちを一層強めました。  文章:新保

犬のしつけ教室ドッグリー東京
犬のしつけ教室DOGLYのホームページはこちら↑