2013年02月10日 講演会「被災動物とペットの防災を考える」

「被災動物とペットの防災を考える会」主催の講演会に協賛企業として参加しました。 一般参加の方や共催、協賛団体の方など非常に多くの方が来られ、ペット、ひいては動物全体を災害時にどうしたら守れるか、行政やボランティア、飼主さん自身など様々な立場から、過去の災害時の活動内容など交え講演が行われました。

災害が起こってからの事後対応よりも災害が起こる前の予防、減災が重要になる事が強調され、1人1人が自発的に行動する事やしつけ、予防接種やマナーなど飼主さんに求められる基本的な部分が有事の際にはより重要になってくるという事でした。 DOGLYでは避難所でのしつけに関するアドバイスや防災グッズをパンフレットにまとめ、ご紹介させて頂きました。

多くの方が災害に目を向け、意識や情報を共有する事で有事の際の備えができるようになります。万が一の際に被害を最小限に抑える為に、今から備える事が大切です。  文:立澤

犬のしつけ教室ドッグリー東京
犬のしつけ教室DOGLYのホームページはこちら↑