Senior&Littleロゴ.jpg       

大田リーグQ&A

Q 01    大田リーグ入団に試験はありますか? 
   
A.   当リーグでは希望者全員を受け入れております。 
     
Q 02    女の子ですが入団できますか? 
     
A.   当リーグは少年少女のための野球リーグなので入団可能です。
     
Q 03    野球を初めてやるのですが大丈夫でしょうか? 
   
A.
  大丈夫です、リトルリーグ・シニアリーグには経験豊富な監督・コーチが大勢おり、
    野球の初歩から教えてくれます。 


中でも小学生時代にソフトボールの選手だった子が中学から、
    硬式野球に転向されるケースも多く見受けられます。 
    硬球の弾み方などは、むしろ軟球よりもソフトボールに近いので違和感なく移行できます。 
     
Q 04    現在小学校1年生です、6年生と一緒の練習だと無理だと思うのですが? 
   
A.    当リーグでは2学年単位の練習や試合を行っております。 
     
    リトルジュニア・・・小学校1年~小学校2年(幼稚園年長から可 - 御相談ください- ) 
    リトルマイナー・・・小学校3年~4年 

  リトルメジャー・・・小学校5年~6年 
    リトルシニア・・・・中学校1年~3年(小学生6年生から可) 
     
    また、中学1年生だけを対象とした大会もあります。
    (実力のある子は中学1年生でも2~3年生といっしょに背番号を付け、試合に出ることも可能です。
    その他、リトルシニアでは選手人数に合わせたチーム編成を行い活動をしています。)
     
Q 05   硬球(革製のボール)を使った野球は安全でしょうか? 
   
A.    軟球(ゴム製のボール)を使って野球を行う国は日本を含め数ヶ国しかありません。 
    世界122の国や地域では幼少の頃から当たり前のように硬球を使って野球を楽しんでいます。

  さらに、リトルリーグではユニフォームの下に保護パットを着用しており、
    胸にボールが当ってもまったく心配は要りません。
    またヘルメットも軟式用とは異なり強度の高いものを使用しています。
     
Q 06   硬球を使うとひじや肩に負担はありませんか? 
     
A.    監督・コーチの正しい指導の下、練習を行えば不安はありません。
    小中学生でひじや肩を痛める原因の多くは「成長痛」と呼ばれるもので、

  これは軟式も硬式も差はありません。
    また人一倍子供たちの成長や健康を願うアメリカに本部がある組織ですので、
    球数制限など、独自のローカルルールも数多くあります。
     
Q 07   学校や塾との両立はできますか?
     
A.    週末は徹底的に野球を楽しみましょう。
    そして平日は勉強に打ち込みましょう。
    大田リーグの選手の中には進学塾に通っている子が多いのも特徴です。
    中学生では学校の部活動にも参加されている子が大勢おります。
    また、難関校と呼ばれる高校では、野球の試験に合格した上で内申点30~38を要求されますので、
    いづれにせよ両立は必須要件です。
    その他、当リーグでは学校行事を優先しておりますのでご安心ください。
     
Q 08    大田リーグに指定の学習塾はありますか? 
   
A.    当リーグに指定の学習塾はありません。 
     
Q 09   専用グランドはありますか? 
     
A.    当リーグには専用グランドが2面あります。
    六郷にリトルリーグ専用グランドが、ガス橋にシニアリーグ専用グランドがあります。
     
Q 10   川崎市在住ですが入団できますか? 
     
A.    入団可能です。
    リトルリーグにはバンダリー制度(エリア境界線)がありますので、
    世田谷区及び目黒区在住の方のみ一度ご相談下さい。
    シニアリーグにはバンダリー制度がありませんのでどちらの地域にお住まいでも大丈夫です。
     
Q 11    お母さん当番はありますか? 
     
A.    あります。
    内容は一般の軟式少年野球チームとほぼ同じです。
    選手が病気や怪我をした際の救護や、監督・コーチのお弁当の手配、試合では審判さんへのお茶出しなど...