Senior&Littleロゴ.jpg       

リーグ組織


大田リーグの組織は、大きくわけてリーグ側の組織と、父母側の組織があります。
リーグ総会は原則として年1回開催され、役員の改選と決算の承認等を行います。
リーグ側の組織は、総監督・監督・チーフコーチ・コーチという指導系統の指導者のほかに、審判部・競技部で構成されています。
・  総監督は指導面の統括にあたり、シニアの監督及びリトルの監督はそれぞれ各リーグの最上級生のチームを直接指導し、各リーグ内の指導を統括します。
チーフコーチは各チームの指導の中心となり、コーチと共に直接チームの指導にあたります。
・  副会長、総監督、シニア・リトル両監督の4名で監督会を構成し、月1回開催して指導面の調整や基本的事項の検討をしています。
・  審判部は、大会や試合の審判に当たり、リーグ内にルールの啓蒙を行います。
競技部は大会や試合のグランド設営や準備、諸行事の会場設営等にあたります。
 運営面を中心とした組織として事務局があります。
  メンバーはリーグ内の各組織の代表者等で構成され、必要に応じて事務局会議を開催しリーグの運営の中心となっています。
・  指導面及び運営面の調整や各種行事の実施等のため、スタッフ会議が設けられています。

 


大田リーグ組織図.jpg