裏技・裏情報ファイル!トップページ
トップページ 裏技・裏情報ファイル ビジネス裏技
裏技・裏情報カテゴリー


http://urabox.blog103.fc2.com/
裏技・裏情報ブログ!
世の中のあらゆる
裏技・裏情報がいっぱい!

http://tvtravel.blog89.fc2.com/
テレビで紹介!
人気の温泉旅館・ホテル
テレビで紹介された
人気の温泉旅館やホテル

http://free112.blog112.fc2.com/
無料でできること!
知って得するオススメの
無料情報



http://benribox.web.fc2.com/
便利サイトなび!
生活や仕事に役立つ
実用リンク集

http://benribox.web.fc2.com/getmoney/index.html
お金儲けできること!
世の中のあらゆる
お金儲け情報サイト集


ビジネス裏技

便利サイトなび! 無料でできること! テレビで紹介!人気の温泉旅館・ホテル!


http://urabox.blog103.fc2.com/
もっと裏技・裏情報お探しの方!
大好評により、ブログでたくさん追加しています。

裏技・裏情報ブログ!




---------------------------------------------------------------


仕事を紹介するだけで50万貰える方法!

これは簡単に申しますと人材派遣を自分で行ってしまおうというものなのですが、ちょっと特殊な人材派遣ですので報酬は1名あたり平均50万貰えます。
まぁ特殊と申しましても、紹介先は普通の新聞屋なのですが、新聞屋といのは意外に人手が不足しています。
ここに求職中の人物を紹介します。
ターゲットとしては田舎から出てきたばかりの人物などがいいでしょう。
奇麗な寮が付いている仕事を紹介するよとでも言えばいいと思います。
紹介のシステムとしては1人紹介したらその場で報酬が貰える訳では有りません。
最低2週間は働かせないと報酬はもらえません(つまりゼロ)
紹介した人物が2週間逃げずに働いたら報酬は全額貰えます。その辺を注意して下さい。


------------------------------------------------------------

今こそ収益抜群の空部屋ビジネスに挑戦!

建設業、不動産業界の中小クラスの会社を2〜3社ずつピックアップ(大手だとマージンを支払ってくれないケースが多い)し、営業担当者に会いマージン率と支払い時期と受取方法を決定する。
建設業の相場は請負工事金額の10%ぐらい
(工事金額が500万円だと50万円)、
不動産業の相場は仲介手数料の10%ぐらい
(業者に入る仲介手数料が200万円だとすると20万円)を
目安にするとよい。
さて、集客方法なのだが、これが以外と簡単!
空部屋、空駐車場、空家を徹底的に探し、(玄関のノブに水道局からのパックがつり下がっていたりするので何となくわかる)、
その所有者を調べ(法務局で登記簿を閲覧したり、近所の人に聞けば分かる)
アポイントを取る事だ。
不動産をほっておく程もったいないものはない。
オーナーも色々とどうしようかと迷っているものなのだ。
あなたはオーナーにこの空家や空部屋をリフォームして賃貸に出したり売却したりしないかと持ち掛ければいいのだ。
又、空地の場合は税金の知識が少しあれば借金してマンションを建てて人に貸せば、相続税対策にもなり各種の税金が安くなる事を真剣にオーナーに訴えれば落ちる場合が多い。
不動産という商品は、建築・リフォーム・賃貸・売却・購入といった要素が絡んでくるので、一石二鳥どころか三鳥も四鳥も落とす事が出来るので、大変おいしいのだ。
注文が取れそうになったら提供先の業者の担当者と一緒に行きプロの口からもう一度話してもらい「ツメ」をしっかりしたものにしよう。
これは、実証済み!!


------------------------------------------------------------

コ−ヒ−一杯の手数料で取引企業の信用調査をする方法!

法務局に行き商業登記簿というものを閲覧あるいは謄本そのものをもらう方法です。
【方法】
調査したい目的の会社が所属する地域の法務局(支局・出張所)に行き、窓口で閲覧の場合は300円、謄本をもらう場合は600円の発行印紙を買う。
商業登記等の謄本申請書をもらい自分の住所・名前そして調査したい会社の社名と住所を記入し、それに印紙を貼って自分の印鑑を押すだけです。
以上で社長の自宅の住所・氏名・役員の氏名・資本金資産などが簡単に分かり、また、土地台帳・建物台帳というデ−タも保存し、ここでは土地・建物の住所・氏名・担当権(借金の担保)の有無が簡単に分かるのです。


------------------------------------------------------------

資本金がなくても法人を設立する方法!

2003年2月から新事業創出促進法に特例が出来ました。
これは最低資本金規制特例というもので、従来であれば株式会社であれば、資本金1000万円、有限会社で資本金300万円が必要でしたが、どちらも1円から設立できるというもので、学生でもサラリーマンでも主婦でも法人が設立できてしまうのです。
5年後までに増資をしなくてはいけないのですが、事業が軌道に乗れば何ら問題になりませんし、法人設立による信用力は断然上がります。
詳しくは経済産業省ホームページをご参照ください。
http://www.meti.go.jp/

さてさて、これは一般的な表ワザです。
実はここにも裏ワザがあります。
この特例を利用できるのは、新規の「創業者」でなければなりません。
つまり今までサラリーマンなどをやっていた純粋な創業者である必要があるのです。
そのような中で、個人事業主はこの特例の対象外となっています。
ただし個人事業主の中にもこの特例を利用して、法人設立を希望するという方はたくさんいると思います。
というより、こういう方の方がもしかしらた多いのかもしれません。
実際、このような個人事業者、つまり法人設立する資金はないが、すでに事業を始めている方が、この特例の対象外になってしまうこと自体、この制度の不備ではあるのですが。
ではなぜ、特例の対象外になってしまったのか?
それは、開業率と廃業率の数値的な問題にあります。
昨今の日本では開業率が低下し、廃業率が増加しています。
この特例は開業率を上げるのが目的です。
政府も表面上の開業率しか目に入っていないとこが相変わらずですが。
つまり、すでに開業してしまった個人事業者を支援しても、表面上の開業率の増加にはつながらないため、特別後押しをするというようなことがないのです。
でもこのような個人事業者でもこの特例を受けられる方法があります。
方法は2つあります。
一つは、廃業する方法です。
故意的に廃業し、廃業届を出します。
その廃業届を持って、特例の申請をすることができます。
ただ経済産業省としても、この方法を多用されると、廃業率増加の原因になりかねないため、この方法は薦めませんが、実際はできます。
そしてもう一つの方法は、別の人を創業者として申請してもらい、あなたが代表取締役として登記する方法です。
別の人というのは、全くの他人ではなく、できれば一緒に創業する人などの方がいいです。
この特例の条件の中には、創業の申請をした人が必ず代表取締役にならなくてはいけないという条文がありますが、実はこれは表向きのものです。
申請者と代表取締役が相違していても登記には問題なのです。
ぜひ皆様もどんどん起業して、日本を活性化してください。
「やる」が成功、「やらない」が失敗。


------------------------------------------------------------

格安で法人を設立する方法!
:
法人を設立する際、もっと格安で設立してしまう方法があります。
一つは、海外で設立する。
有名なのは、アメリカのデラウエア州で設立する方法です。
これらの設立登記を代行してくれる業者も多数あります。
しかし、アメリカの連邦税と州税が必要で、売上0円でも申告が必要となり、これをまた業者に頼んだら、費用が発生してしまいます。
その他の方法としては、休眠会社を買い取るという方法もあります。
これは使われていない法人を買い取る、つまり社名変更して利用するという方法ですが、これはかなり知識がないと難しい方法です。
債務なども引き継いでしまうので、事前に調べる必要があるからです。
このような方法はあくまで知識だけにしておいた方がいいかもしれません。
やはり資本金を確実に集め、正々堂々と事業を進めていくのが一番だと思います。


------------------------------------------------------------

信用調査会社を格安で利用する方法!

企業の信用情報を調べることは、取引をする上で一番最初に行わなければいけない仕事でもありますし、また一番重要な仕事でもあります。
新規の取引先を調べる場合、自分の目で確かめることはもちろんですが、信用調査会社のデータを利用することも多いと思います。
しかし、ネックは値段。
一見調べるごとに何万円かかかりますよね。
しかし、実は簡単に、それも格安の1件1200円で調べてしまう方法があります。
これは、信用調査会社の最大手『帝国データバンク』の他、『東京商工リサーチ』でも可能です。
手順は次のとおりです。
1.@niftyに加入する。
一番、基本料金の安いプランでも構わない。
とにかく@niftyのIDを取得する。
2.下記URLから、帝国か商工リサーチかを選び、アクセスしIDを打ち込む。
http://www.nifty.com/category/business/company.htm
3.これでオンラインで見ることができます。
もし定期的に信用調査を利用することがあれば、@niftyに継続して加入していることをオススメしますが、単発の場合は、すぐに解約してしまいましょう。


------------------------------------------------------------

費用をかけず手軽に裁判をする方法!

ビジネスをしていれば売掛金の未回収などで悩むことがあるかと思いますが、なかなか裁判まではと思いがちです。
しかし簡単に裁判をすることができる方法があります。
費用は全額で約1万円程度、弁護士も不要、判決も1日で出す方法です。
それは少額訴訟制度を利用する方法です。
ただし金額は30万円までの債権になります。
方法は次の手順になります。
1.管轄の簡易裁判所に行く。
2.少額訴訟の申請書をもらう。
3.申請書(訴状)を書き、証拠と一緒に簡易裁判所に提出する。
4.裁判所から裁判日の案内が郵送で届く。
5.裁判をする。
6.判決がでる。
これだけです。
裁判を起こすことで相手にはプレッシャーを与える効果も期待できます。
また原告側の勝訴する確率は8割以上と言われています。
むやみな裁判でなければ勝てる要素はたくさんあります。
もしあなたが勝訴すれば、口座の差し押さえ等の対策をすることも可能です。
30万円以上の債権がある場合はこの少額訴訟では対応できないのが実情ですが、何回に分けて行うこともできますし、準少額訴訟という制度もあります。
また裏技という訳ではありませんが、実際に裁判を行う所在地は相手方の最寄りの簡易裁判所が通例ですが、裁判を行う場所の規定に「代金の支払場所」という但し書きがあります。
よって申請するときに支払場所はこちらだから、こっちで裁判をしたいと主張すればあなたの最寄りの簡易裁判所で裁判を行うことができます。
もし相手方が遠方であれば、こちらまで来るのにも相当の費用と時間がかかってしまうと思います。
それで相手方が裁判にこなければあなたが勝訴になります。
詳しくは最寄りの簡易裁判所にお問い合せください。
とても使える制度です。
知っていて損はしませんよ。


便利サイトなび!カテゴリー




ブログパーツ 免責: このサイトの利用にあたっての不利益・損害や実績が得られなかったとしても
一切責任を負いません
。ご利用する場合には全て自己責任でお願いいたします。
Copyright(c)2003 裏技・裏情報ファイル! All rights reserved.
since 2003.7