裏技・裏情報ファイル!トップページ
トップページ 裏技・裏情報ファイル 化粧・コスメ・ヘアケア裏技
裏技・裏情報カテゴリー


http://urabox.blog103.fc2.com/
裏技・裏情報ブログ!
世の中のあらゆる
裏技・裏情報がいっぱい!

http://tvtravel.blog89.fc2.com/
テレビで紹介!
人気の温泉旅館・ホテル
テレビで紹介された
人気の温泉旅館やホテル

http://free112.blog112.fc2.com/
無料でできること!
知って得するオススメの
無料情報



http://benribox.web.fc2.com/
便利サイトなび!
生活や仕事に役立つ
実用リンク集

http://benribox.web.fc2.com/getmoney/index.html
お金儲けできること!
世の中のあらゆる
お金儲け情報サイト集


化粧・コスメ・ヘアケア裏技

便利サイトなび! 無料でできること! テレビで紹介!人気の温泉旅館・ホテル!


http://urabox.blog103.fc2.com/
もっと裏技・裏情報お探しの方!
大好評により、ブログでたくさん追加しています。

裏技・裏情報ブログ!




---------------------------------------------------------------


お肌にやさしいメイクの落し方!

W洗顔が大切
メイクを落とす際に気をつけてもらいたいのがクレンジングのあとの洗顔です。クレンジングと洗顔をセットにしてW洗顔といいます。クレンジングだけでは落とせないメイクの残りや、汗、余分な皮脂なども、つづけて洗顔することでより確実に落とせます。汚れが残ってしまうと、それがニキビやしみ、肌荒れの原因になってしまいます。

クレンジング剤はメークの種類に応じて
クレンジング剤にもたくさんの種類がありますが、大きく2つに分けることができます。まずは水性のものです。さっぱりして使い心地がよく刺激も穏やかです。コットンにつけて使うローションタイプやジェル状のものが多いです。もうひとつは油性のものです。洗い上がりがしっとりしてます。洗浄力も水性のものよりも強力なのですが、刺激も強めです。ジェル、オイル、ミルク、クリーム状のものが多いです。

クレンジング剤は化粧の厚さに応じて使い分けます。ファンデーションなどの薄すめの化粧の場合には水性のものを使います。しっかりとしたメイクのときは洗浄力の強い油性のタイプが適しています。

クレンジング剤は手のひらで温めて>
クレンジング剤は肌ざわりはひんやりとしてて冷たいです。冷たいクレンジング剤をいきなり顔につけると毛穴がちじこまって奥の汚れまで浮き出せません。まずは手のひらで混ぜながら、体温を移していき、温かくしてから使いましょう。

クジンジング時にマッサージはダメ?
クレンジングといっしょにマッサージをしてしまうのはよくありません。せっかく浮き出た汚れもマッサージで顔を動かすことで毛穴の奥に押し込めてしまいかねません。クレンジングとマッサージは別々にしましょう。


------------------------------------------------------------

髪の毛のパサツキをケアする方法!

正しい洗髪手順
髪を傷つけないためには毎日の洗髪の仕方も重要です。まずは、シャンプー前に軽くブラッシングをし、シャンプー時にはまずお湯で1分ほどよく皮脂や汚れを洗い流します。こうすることでシャンプーの泡立ちもよくなります。シャンプーはしっかりと洗い流します。

髪はぬれるとコルテックスが水分を拭くんで膨張しますが、外側のキューティクルは十分には膨張できないため、パンパンになり、はがれやすい状態になります。したがってドライヤーで髪を乾かしながらブラッシングするとキューティクルが傷んでしまいます。まずはタオルで髪の毛を挟んで軽くたたいたり抑えたりする感じでふき取ります。タオルで拭くときはごしごし擦ったりするのもよくありません。

ブラッシングは髪の毛が8〜9割方かわいてからします。また髪の毛が湿ったまま寝るのも、布団や枕との摩擦でダメージが心配ですから避けましょう。

ベビーオイルを塗る
洗髪後、髪の毛がまだぬれた状態で、ベビーオイルを一滴とり、髪全体にのばしていきます。
ドライヤーでそのまま乾かします。

ベビーオイルをつけすぎると翌日までベタベタが残ることがあります。髪の毛がぬれているので一滴でも髪全体にのびます。ベビーオイルの他にも椿湯やオリーブ油なども同様の効果が期待出来ます。

1日に何度もシャンプーしない
皮脂は髪の毛を覆うことで、外部のダメージから髪の毛を保護する働きがあります。
したがって日に何度もシャンプーをすると、保護成分である皮脂が全体覆う前に洗い流されてしまいます。

傷んだ髪には
市販のケラチン配合剤などを利用して見るのもいいでしょう。最近では従来の低分子のものより、より効果の高い高分子のケラチン配合剤もあるようです。


------------------------------------------------------------

気になる靴のにおいの対処法と予防法!

くつの臭いのもとの足のうらは汗腺が多く汗をかきやすい場所です。くつを履いていることで汗がうまく発散されずにたまってしまい、中がむれてきます。汗自体はその大部分が水分ですのでにおいはありません。しかしながらバクテリアはこのような環境を好みますので、足についた汚れや垢を栄養にしてどんどん増えていきにおいの成分を発散するようになります。これがくつや靴下がにおう原因です。

予防法
1 足を清潔に保つ
汚れや垢はバクテリアの栄養源になるので普段から清潔を心がけると良い。

2 くつ選び
防水性の高い靴よりも革靴などの方が通気性は良い。靴が大きすぎたり窮屈だったりすると足のストレスとなり発汗しやすくなるため、ぴったりとフィットするものが一番適している。

3 靴下選び
化学繊維のものはむれやすい。布繊維は吸水性はいいが発散性が悪い。シルクやウールなどの天然繊維、混紡繊維がもっとも良い。

4 1日中靴を履き続けない
一日にずっと靴を履き続けるような場合、2、3回靴を脱ぐようにするとそれだけでも靴の中のむれはずいぶんと解消される。

5 連続して同じ靴をはかない
毎日同じ靴を履くのではなく2日おきに一度など間隔をあけるとよい。毎日同じ靴を履き続けると靴の中の湿気が解消されない。はかない間は風通しのいい場所で陰干ししておくとよい。

6 中じきを利用する
最近では抗菌性や吸水性に優れた物も市販されているので利用してみてもいい。

におった靴対策
1 洗う
におい始めた靴は汚れやバクテリアなどの細菌、匂い成分などがしみ込んでいます。程度が軽ければ以下の方法を試してみてもいいですが、そうでない場合は洗って、よく乾かしたほうがいいでしょう。

2 10円玉を使う
そんなに見た感じ汚れてないけどにおいは気になる。そんなときは靴の中に10円玉を4,5枚入れておくといいでしょう。10円玉に含まれる銅にはにおいの原因であるバクテリアを分解する働きがあります。なおいくら効果があるからといって10円玉を入れたまま靴を履くのはやめましょう。10円玉は錆びたり、カビが生えやすかったりするので、直接肌に触れされつづけるのは、衛生面でもよくはありません。

3 コーヒーのだしがら、緑茶
よく乾燥させたコーヒーのだしがらや緑茶をガーゼなどに包んで靴の中に入れておいてもいいです。難しい話になりますがこれらにはにおいを吸収する物理的消去法と臭いを覆い隠すマスキング消去法という二つの働きがありにおいを退治してくれます。


------------------------------------------------------------

香水を上手につけるテクニック!

香水には、下から上へと香りが立ち昇る、温められるといっそう香り立ちが良くなるという特徴があります。
香水を上手につけるには、この特徴を生かすこと。
体温の高い場所を選んで、上半身から下半身まで数カ所につけるのがポイント。
つけかたは、香りの濃度によって変えます。香水なら指で1、2適程度を目安に点の感覚でつけ、トワレは少し多めの量をアトマイザーで線上にスプレー、コロンは手のひらにとり、面の感覚でパシャ、パシャつけてもいいでしょう。
ただし、つけすぎないように気をつけてくださいね。


------------------------------------------------------------

香水をできるだけ長持ちさせる方法!

香水は、封を切った瞬間から、香りが変化し始めます。
本来の香りのままで保存できるのは、半年ぐらいです。
2〜3年もすると変質するおそれがあります。濃度が、濃くなったり香りが不安定になり寿命となります。香水を使わずにしまい込んでおくのは、変質を待つようなもの。
入手したらさっさと開封し、出来るだけ早く使い切るのがベストです。
使用中は、日の当たらない所で保管するのがいいでしょう。
アトマイザーに入れ替えて使うのも上手な香水の使い方ですね。
香りが、消えかかったときに、手軽なアトマイザーでひと吹き。保管する時は、ボトルの口をしっかり閉め、外箱に入れてしまうのが、理想です。


------------------------------------------------------------

香水をボディーにつけてはいけない場所とつけるポイント!

先ず香水を肌でつけてはいけない場所は、汗をかくところです。
香水によっては、紫外線でシミになることもあるので、日にあたる部分にもつけないように注意しましょう。

次に、ボディーにつけるポイントは、耳のうしろ、うなじ、腕、手首、ウエスト、太股、ひざ、足首などがいいでしょう。
また、ランジェリー、ハンカチなどにつけるのも、香りを楽しむ、おしゃれな方法です。


------------------------------------------------------------

汚れたパフの簡単なお手入れ方法!

汗や皮脂で汚れたパフは雑菌が繁殖しやすく、そのまま使っているとファンデーションも変質してしまいます。
この汚れ、食器用洗剤でもお手入れができるんです。
まずはぬるま湯を含ませ、洗剤でやさしくもみ洗いします。その後よくすすいでタオルにはさみ水分を取ってから乾かせばお手入れ終了です。


便利サイトなび!カテゴリー




ブログパーツ 免責: このサイトの利用にあたっての不利益・損害や実績が得られなかったとしても
一切責任を負いません
。ご利用する場合には全て自己責任でお願いいたします。
Copyright(c)2003 裏技・裏情報ファイル! All rights reserved.
since 2003.7