裏技・裏情報ファイル!トップページ
トップページ 裏技・裏情報ファイル お洗濯裏技
裏技・裏情報カテゴリー


http://urabox.blog103.fc2.com/
裏技・裏情報ブログ!
世の中のあらゆる
裏技・裏情報がいっぱい!

http://tvtravel.blog89.fc2.com/
テレビで紹介!
人気の温泉旅館・ホテル
テレビで紹介された
人気の温泉旅館やホテル

http://free112.blog112.fc2.com/
無料でできること!
知って得するオススメの
無料情報



http://benribox.web.fc2.com/
便利サイトなび!
生活や仕事に役立つ
実用リンク集

http://benribox.web.fc2.com/getmoney/index.html
お金儲けできること!
世の中のあらゆる
お金儲け情報サイト集


お洗濯裏技

便利サイトなび! 無料でできること! テレビで紹介!人気の温泉旅館・ホテル!


http://urabox.blog103.fc2.com/
もっと裏技・裏情報お探しの方!
大好評により、ブログでたくさん追加しています。

裏技・裏情報ブログ!




---------------------------------------------------------------


洗濯ジワを作らなくする方法!

お洗濯に付きものの、「洗濯ジワ」。
お気に入りの洋服に洗濯じわがつくと嫌なものすよね。
しかし、ちょっとした工夫をするだけで、この洗濯ジワを少なくしてし
まう方法があるのです。
方法は簡単です。
1.普通に洗濯をする。
2.すすぎの時に、まず柔軟剤を入れる。
3.続けて、「のり剤」を一緒に入れる。
4.これでOKです。
洗濯のすすぎの時に柔軟剤をだけでなく、「のり剤」を一緒に入れると
洗濯じわがつくられにくくなります。
のり剤と柔軟剤がそれでれ繊維の
上に膜を作ってくれますので、しわになりにくくなるんです。


------------------------------------------------------------

洗濯洗剤のカスを残らなくする方法!

粉石鹸を使って洗濯をする時に、冷たい水で洗ったりすると洗剤のカス
が残る場合があります。
そんな時には、洗濯機に付いているゴミ取りネットに洗剤を入れて洗う
とカスが残らず洗うことが出来ます。


------------------------------------------------------------

衣類についたシミを簡単に取る方法!

【醤油・ケチャップ】
醤油やケチャップ等のシミには「歯磨き粉」を使います。
歯磨き粉を、シミがついた部分につけ、軽く揉むと綺麗に落ちます。

【血液】
血液のシミには、「大根」を使います。
裏から布を当て、シミの部分に、大根の切り口を叩くように当てます。
おろした大根をつけて綿棒でたたけばより効果的です。
血液はお湯で固まる性質があるので、必ず水で洗うようにしています。

【墨汁】
墨汁のシミには、「ごはん粒」を使います。
ごはん粒を、シミの付いた部分につけて擦ると、ごはん粒に墨が付いて
汚れが落ちます。


------------------------------------------------------------

襟をヨレヨレにしない方法!

長い間着ているTシャツやYシャツは、襟の部分からヨレヨレになって
きてしまいます。
これは洋服の構造上、脱ぐ時も着る時も、そして洗う
ときも襟に一番負担がかかってしまうからです。
特に洗濯中、他の洗濯
物と絡んだりして襟ぐりが伸びてしまうことは結構あるのです。
どうせ着るならパリっとしたものを着たいものです。
実はそれを防ぐ方法があるのです。
方法は簡単で、襟ぐりを輪ゴムでしばってから、洗濯をするようにして
みましょう。
これだけで洗濯時のヨレヨレを少し防いでくれます。
ぜひお試しください。


------------------------------------------------------------

洗濯時の色落ちを防ぐ方法!

お洗濯を重ねていると、洋服はだんだん色落ちしてきてしまいます。
せっかくのお気に入りの洋服も、購入当時の色合いとはだんだん変わっ
てきてしまいます。
しかし、これをどうしようもないことだと思って、諦めないでください。
実は色落ちを防ぐ方法があるのです。
もちろん完全に色落ちを防ぐことはできませんが、色落ちのスピードは
かなり遅くなります。
方法は次のとおりです。
1.洋服を裏返しにして洗濯機に入れる。
2.水2L、洗剤大さじ2杯に対して大さじ3杯の塩を入れる。
3.裏返しにしたまま外に干す。
(なるべく日光に当たらない場所)
ということをお試し下さい。
※ただし、塩は綿以外の素材には効果がありません。


------------------------------------------------------------

乾燥機で乾かす時間が早くなる方法!

方法は、乾燥機に乾いたバスタオルを一緒に入れるだけ!
この方法で乾燥の時間を10分は短縮できます。


------------------------------------------------------------

物干し竿からハンガーが落ちにくくなる方法!

洗濯物を干す物干し竿。
風の強い日は洗濯物を干していると、飛ばされてしまいます。
実は一工夫すれば、ハンガーが落ちない物干し竿を作る事ができます。
方法はかんたんで、物干し竿にひもやロープを巻きつけるだけです!
しかし、ただ巻きつけただけでは意味がないので、らせん状に巻きつけてください。
これでOK!風が強くてもハンガーが落ちる心配がありません。
ハンガーをかけるときは、ひもやロープの間に挟むようにかけてみてください。


------------------------------------------------------------

洗濯のときにストッキングの伝線を防ぐ方法!2件

【洗う】
伝線を防ぐには、洗濯ネットに入れればいいのですが、もっと楽な方法があります。
その方法は、一緒に洗う靴下の中に入れてしまうのです。
こうすれば伝線しない上、ネットを干す手間も省けます。
【干す】
ストッキングが伝線してしまうのは、洗うときだけではありません。
干すときにも洗濯バサミに引っ掛けて伝線してしまうことがありますよね?
そんなときは、身近にある“あるもの”が役に立ちます。
そのあるものとは、絆創膏です。
絆創膏を洗濯バサミに貼ります。
貼るときには、絆創膏のガーゼになっている部分を、洗濯バサミのはさむ部分に当てるようにします。
これで、洗濯バサミに引っ掛かって伝線するのを防げます。
また、絆創膏のガーゼがクッションの役目をするので、他の衣類を干す場合も洗濯バサミのあとが残らなくなります。


------------------------------------------------------------

部屋干しの臭いを防ぐ方法!

この時期、雨で洗濯物が外に干せない日が多く、部屋干し特有の臭いが気になります。
そんな時に使える裏技をご紹介します。
まず、方法は、洗濯物を洗う時に水ではなく、ぬるま湯を使います。
さらにここからが裏技。
すすぎの際に、大さじ2杯程度のお酢を入れます。
するとお酢が臭いの元となる雑菌を取り除き、あの部屋干し特有の臭いが防ぐことができます。


------------------------------------------------------------

Yシャツ・ブラウスの襟汚れや汗ジミを防ぐ方法!

毎日着るYシャツやブラウス。
いつもキレイにしたいですよね?
なかなか落ちない襟汚れや汗ジミを防ぎ、また汚れも簡単に落とせる方法をご紹介します。
まずは、市販のスプレー式洗濯のりを用意します。
Yシャツやブラウスを着る前に、襟や袖、わきの下などの汚れがつきやすい部分に吹き付けます。
すると、洗濯したときに、汗や汚れがのりと一緒に洗い流され、汗ジミや襟汚れが落ちやすくなります。


------------------------------------------------------------

襟汚れを簡単に落とす方法!

襟汚れは、ヒゲを剃るときに使うシェービングクリーム塗り、数分置きます。その後、普段通り洗濯すると、汚れが落ちやすくなります。


------------------------------------------------------------

汗ジミを簡単に落とす方法!

汗ジミには、レモン汁が役に立ちます。
1.まず、洗面器に熱湯を入れ、レモンを半分絞ります。
2.汗ジミのついた衣類を入れ、一晩つけておきます。
3.その後、普段通り洗濯をします。


------------------------------------------------------------

色あせた黒い服の復活方法!

黒い衣類は、何回も洗っているとだんだん色が褪せてきてしまいます。
そんな色褪せた衣類を復活させてしまう裏技があります。
方法は簡単です。
まずは、普段通り洗濯をします。
次にすすぎですが、水を溜めてやってください。
その溜めた水の中に、飲み残したビールを少量加えます。
これで多少の色褪せた衣類なら復活します。


------------------------------------------------------------

プリント柄のプリント部分をハゲないように洗う方法!

プリントしてあるトレーナーやTシャツは、何回か洗っているうちに、どうしても、プリントの部分がハゲてきます。
実は、いつもの洗濯に一工夫するだけで、防ぐことができるのです。
方法はまず、衣類を裏返し、それをネットに入るだけです。
これで、プリント部分の摩擦が防げるので、普通に洗うより衣類が長持ちします。


------------------------------------------------------------

洗濯機を使ってかさばる衣類を洗う方法!

実は、洗濯機に洗濯物を入れる順番があるのです。
この入れる順番を守れば、かさばる衣類も洗濯機の回転が良くなり、無造作に入れてしまうよりも、効率よくキレイに仕上げることができます。
洗濯物を入れる順番は、まず大きくてかさばる洗濯物を最初に入れ、一番下にします。
そして次に他の洗濯物、そして最後にネットに入れる洗濯物を入れます。
あまり差がないようで意外と差がありますので、ぜひ試してみてください。


------------------------------------------------------------

洗濯機でもっとキレイに洗う方法!

普段使っている洗濯機も、一工夫すればもっとキレイに衣類を洗うことができます。
方法は簡単です。
洗顔やシャンプーも石鹸を泡立ててから洗いますが、この方法を洗濯に応用します。
1.まずは。
低水位まで水を張り、粉の洗濯洗剤を入れる。
2.洗濯機を3分間まわして洗剤を溶かす。
3.洗濯物を入れ、洗濯物の量に合わせて水をたす。
あとは普段通り『洗い・すすぎ・脱水』をすればOKです。
注意点としては、手順3の時に泡が無くなってしまう場合や洗濯機をまわしてからすぐに泡が消えてしまう場合は、石剤を足して泡立てて洗ってください。
また『洗い』の時に、最後まで泡がたっぷり残っている場合は洗剤の入れ過ぎです。


------------------------------------------------------------

洗濯槽の汚れを簡単に取る方法!

洗濯機の洗濯槽は手が届かないこともあり、なかなか掃除をすることができません。
しかしお風呂の残り湯を洗濯機に入れ、お酢を少々入れると、普段掃除のしづらい洗濯槽のお掃除ができます。


------------------------------------------------------------

洗濯機に入れると便利なモノ!

普通、洗濯機には洗う洋服と洗剤を入れますが、最後にそれらと一緒に上からスポンジ1個とネットに入れたペットボトルを1本入れます。
スポンジは糸くずを取り除き、ペットボトルは水の流れを複雑にさせて
より水の力が強くなります。


------------------------------------------------------------

洗濯機の洗濯槽の裏の汚れを取る方法!

大なかなか掃除することのできない洗濯槽の裏側。
洗濯槽の裏側は意外と汚く水垢などの汚れが貯まったりします。
しかし簡単にきれいに掃除してしまう方法があるのです。

1.お風呂の残り湯などのぬるま湯をいっぱいに入れます。
2.お酢を200cc〜250ccを入れます。
3.洗濯機を20分程度まわします。
4.これだけでOKです。


------------------------------------------------------------

洗濯の時に、柔軟剤が切れてしまったら!

洗濯の時に万が一、柔軟剤が切れていたら。
実は身の回りには柔軟剤の代用品がたくさんあります。
特に優秀なのはリンス。通常は髪の毛につけるものですが、これを洗濯機に入れれば十分に柔軟剤の効果があります。
またリンスの他にも、お酢でも代用できます。
いざという時にはぜひ使ってみてください。


------------------------------------------------------------

洗濯物を干すときのしわや型崩れを簡単に防ぐ方法!

きれいに洗濯しても、干し方が悪くてしわになってしまったり、型崩れしてしまっては台無し。しわや型崩れを防ぐ「干し方のポイント」を知っておきましょう。
大きなシーツはそのまま洗濯機に放り込んで洗ってしまうとしわになったり、他の洗濯物を巻き込んでしまったりするので、たたんだ状態で洗濯ネットに入れて洗います。ハンカチのような小さなものは洗濯後に小さくたたんで手の平ではさみ、何度か叩いてから干し、アイロンがけの手間を省略。
ワイシャツは、ボタンを全部留めて洗えば他の洗濯物とからみにくく、型崩れもしにくくなります。また脱水をし過ぎず水分を残しておいた方が、しわを防ぐことができます。干す時はハンガーにかけず、裾のほうを洗濯ばさみでとめて逆さにつるして襟を立てておく。これで型崩れを防げます。
ジーンズなどのズボンも、裏返しにして逆さ干しすると乾きが早く、しわも伸びます。タオルや下着などは、すすぎの時にお酢を少々洗濯槽に入れるとふっくら仕上がりますよ。


------------------------------------------------------------

梅雨時期の洗濯のコツ!

今回は梅雨時期の洗濯のコツをご紹介。干し方の基本は風の通り道をつくること。大きなシーツなどを干すときは竿にふとんばさみなどを取り付けた上から干せば、隙間ができて乾きやすくなります。梅雨の晴れ間で効率よく洗濯物を乾かすには、レンジガードやアルミのレジャーシートを下に敷いて日光を反射させ、上からも下からも日を当てましょう。
部屋干しで乾き切らない洗濯物にはアイロンを利用。高温でアイロンをかける事で殺菌効果も得られるため、下着やTシャツなど直接肌に触れるものにもおすすめ。部屋干し続きの室内の除湿には、新聞紙を丸めて置いて湿気を吸収させます。この方法ならエアコンや除湿機よりもずっと省エネ!
気になる洗濯物の臭いには、除菌作用のあるエッセンシャルオイル「ティートゥリー」が効果的。すすぎのときに1,2滴たらせば、さわやかな香りが漂います。
また雨の道での泥ハネには、よく乾かした後に丸めた食パンをこすりつけて落とすという裏ワザを試してみて。


------------------------------------------------------------

部屋干しの嫌な臭いを防ぐためのひと工夫!

洗濯物の部屋干し特有の臭いって嫌なものですよね。この臭いの原因は細菌の繁殖。
汚れた衣類を長い時間放置しているだけでも臭いは発生します。まずはなるべく早く洗うことを心がけましょう。洗濯するとき、酢を大さじ2杯くらい入れることで細菌の繁殖をある程度抑えることもできます。そして洗い終えた洗濯物は洗濯機からすばやく取り出すこと。
干すときは角型ハンガーなどでも詰めて干さず、、間隔を空けて風通し良く。バスタオルなどの大きなものは、折って干すと乾き難いため、できる限り広げて干しましょう。ジーンズなどの厚手のものは裏返してポケット部分を外に出しておくと早く乾きます。風通しの悪い室内では扇風機を使って風を当てれば効果的。
市販の洗濯洗剤にも、細菌の繁殖を防いで臭いの発生を抑える部屋干し用のものがあります。こういった商品も上手に活用しましょう。


------------------------------------------------------------

冬物衣料でも安心のお洗濯方法!

『ドライマーク』がついていても、洗濯ネット+ドライマーク専用洗剤+全自動洗濯機のドライコースで、たいていのものは洗うことができます(専用洗剤が使えないものもあるので、目立たない部分でテストしてみると安心です)。
ぜひホームクリーニングに挑戦してみましょう。
お洗濯のポイントは、1枚の洗濯ネットには1枚の衣料だけを入れるようにすること。
何枚も同じネットに入れると、洗剤が全体に行きわたらず、汚れ落ちにムラができてしまいます。
脱水後、セーターは型崩れしないように、平らな場所に形を整えて陰干しします。
物干し竿にかける時は直射日光が当たらないように、上からバスタオルなどをかけて下側を洗濯バサミで止めると良いですよ。最後はシッカリ乾燥させること。
収納時の防虫剤は、必ず衣類の上の方に置きます。
防虫剤が気化したガスは空気よりも重いので、下の方にたまるからです。


------------------------------------------------------------

大切な衣類はできるだけ洗い方を工夫しましょう!

表面が汚れている場合は別として、汗を落とす程度なら裏返しにしてお洗濯しましょう。
シャツ類など、よく考えると表より裏のほうが汚れているようだし、特に黒っぽい服は、表の色はできるだけすれた感じにはしたくないもの。
それに、タオルものといっしょに洗って、綿クズが他の服全面に付着したこと、ありません?
これをきれいにとるの、すっごく大変!
ついたとしても裏ならまだマシ。セーター類もおなじこと。
いくらおしゃれ着洗いでも、どうしても毛玉ができやすいもの。裏返せば、かなりの毛玉が防げます。
ついでに、干すときも裏返しのままで。色あせ防止になりますよ。


------------------------------------------------------------

ファスナーつきの衣服の上手な洗い方!

ファスナーつきの衣服、けっこう多いですね。
ワンピース、スカート、Gパン・・でもひとたびファスナーが壊れてしまうとたとえ新しくても着れなくなってしまう。
これを予防しない手はない!ってことで、洗い方。
かならずファスナーを閉めて洗濯しましょう。
なぜかと言うと、開いたままにすると、ファスナーについている「滑り」成分がはげてしまい、開閉がかたくなってしまうのです。
結果、無理をしてこわすはめに。
万一かたくなってしまったら、捨てる前にギザギザのところに鉛筆の芯をがりがりあてるか、ロウを塗ってみて下さい。
楽に動かせるようになります。


------------------------------------------------------------

衣類に付いたシミは素早い対処が大事!

衣類についた汚れは、時間の経過とともに取れにくくなります。汚れは時間の経過とともに、「付着段階→吸着段階→粘着段階→染着段階」といった具合で素材との結びつきを強めていきます。それで時間が立てばたつほど落ちにくくなるというわけです。また時間の経過がしみの酸化を招き変色の原因にもなります。しみはその日のうちに対処するようにしましょう。

コーヒーやジュースなどのしみはタオルに移し取る
コーヒーやジュースなどの油分を含まない水性のしみがついたときには、まずしみのついた部分の下にタオルか布をひきます。次にブラシを水でぬらしてしみの上からトントンとたたいて、汚れを下の布に移し取っていきます。汚れがうつったら布をきれいな部分へとずらして、また移し取りを繰り返します。きれいに移し取ったらおしまいです。

水ではきれいに写し取れないという場合には、中性洗剤を溶かした水でやってみてください。ただし移し終わったあとは、そのまま乾燥させると中性洗剤の液がついたところの周囲の部分が、輪じみとして残ってしまいます。そこで液がついた周辺部を霧吹きなどでぼかし、両側を布ではさんで、水分をよくとってから乾燥させてください。

しみには水性のものと油性のものがある
しみは大きく水性のものと、油性のものとに分けることができます。一度に両方のしみをつけた場合には、まずは油性のしみ取り対策から始めましょう。油性のしみ取り対策で水をつけてしまうと、油性の汚れと水が合わさって固まってしまうので、余計に取りにくくなってしまいます。

出先でしみがついたときには
出先でしみがついたときには、応急処置としてしみがついた部分の下にティッシュをひきます。そしてハンカチをぬらしてしみのうえからトントンとたたき、ティッシュに移し取っていきます。そうしておけばかえってからの染み抜きがうんと楽になります。間違ってもしみがついた部分をこすったりしないようにしてください。汚れが周囲に広がりますし、繊維の奥の方にまで入り込んでしまい余計に取れにくくなってしまいます。


------------------------------------------------------------

汗ジミのついた衣類をキレイにする方法!

洗面器一杯の熱湯に対してレモン半分の絞り汁を入れ、汗ジミのついた衣類を一晩つけておきます。
その後よく水洗いをします。
ただし長い間放っておいたシミなどには効果がありません。


------------------------------------------------------------

ワイシャツやブラウスの汗じみを取る方法!


ワイシャツや、ブラウスを着る前に市販のスプレー式洗濯のりを腋の下や襟、袖口などに吹きつけておきましょう。
洗濯すると、汗や汚れがのりと一緒に洗い流されて、汗じみや黒ずみが残りにくくなります。


------------------------------------------------------------

コーヒーのしみを取る方法!

コーヒーのしみが衣服についた時はなかなか取れにくいものです。
こんな時には、炭酸(ソーダ)でふいてみて下さい。
しみがきれいにとれます。ただし、甘味料の入った炭酸飲料はダメですから注意して下さい。


------------------------------------------------------------

黒地の服が色あせてきたときの対処法!


黒地の服は何度も洗濯するうちに色あせてきます。
そんな時の対処法です。
その服がもし木綿なら、すすぎの水にビールを少し加え、ウール地ならほうれん草のゆで汁で洗うと色がさえてきます。


------------------------------------------------------------

洗濯機の洗濯槽の裏の汚れ取り!

なかなか掃除することのできない洗濯槽の裏側は意外と汚く水垢などの汚れが貯まったりします。
しかし簡単にきれいに掃除してしまう方法があります。
1.お風呂の残り湯などのぬるま湯をいっぱいに入れます。
2.お酢を200cc〜250ccを入れます。
3.洗濯機を20分程度まわします。
4.これだけでOKです。


------------------------------------------------------------

フリース素材の正しい洗い方!

軽くてあったかい、人気のフリース。
普通に洗うとポリエステルが静電気を起こしやすく、汚れを吸い付けてしまったり、摩擦で毛玉ができてしまいますね。
そこで、裏返しにしてネットに入れて単独で洗濯機へ。柔軟剤を使えばふんわり仕上がります。乾かす時に表に返し叩いて干せば毛並みが整いますよ。


------------------------------------------------------------

洗濯ネットが足りなくなった場合の裏技!


洗濯ネットが足りない時などに便利な裏技は、ストッキングを使います。

1. 洗濯物をストッキングに入れます。
2. ストッキングの口を縛ります。
3. そのまま洗濯機に入れて、丸洗いしましょう。

太いデンセンが入っていなければ、古いストッキングでも大丈夫です。
裏技って言うよりもアイデアですが、洗濯ネットが足りない時にこの方法で、洗濯暮らしに役立てて下さい。


------------------------------------------------------------

白い靴下の汚れを取る裏技!

白い靴下の汚れって、洗濯機で回したぐらいじゃ汚れがスッキリきれいに落ちないと思います。そのため汚れをきれいに落とすには洗濯の前につまみ洗いが必要になるのですが、けっこうめんどくさいんですよね!

そこで裏技ですが、白い靴下洗濯の時、ビー玉使って洗濯すると、汚れがきれいに落ちるんです!
裏技方法は、洗濯ネットに靴下とビー玉を入れて、洗濯します。

1. 靴下の中に1足5個ずつのビー玉を入れます。
2. 洗濯ネットにビー玉の入った靴下を入れ、洗濯洗剤で洗います。
3. 洗い終わったら、ビー玉を抜き、脱水→すすぎ洗い(2回)→脱水の順序で洗います。

ビー玉の回転で、汚れをきれいに擦り洗いしてくれるんです。ビー玉を使うと、浸け置きや摘まみ洗いの手間がはぶけて、簡単洗濯できちゃうので、試して下さいね。


------------------------------------------------------------

洗濯柔軟剤がきらして困った時の裏技!

柔軟材をきらしちゃう事って、たまにあるんですよね!
そんな時は、洗濯柔軟剤代用品になるものが、「ヘアー用リンス」と「焼ミョウバン」です。

焼ミョウバンとリンスを使った、柔軟剤作り方は、
1. 水2ℓに焼ミョウバン40gを溶かします。
2. ミョウバン水50mℓに対し、リンスポンプ1回分ほどでOK!

すすぎ洗いの時、作った柔軟材を入れて下さいね。
洗濯量によって、リンスの量を増やしても大丈夫ですが、入れすぎには注意して下さいね!
リンスは、好きな匂いの物を使えるところが、ちょっと嬉しかったりします(^^)
それにリンスには、絡みつき防止効果もあるので、一石二鳥!
焼ミョウバンには、殺菌作用や防臭効果があるので、柔軟材よりも良いかもしれません!
リンスと焼ミョウバンを使って柔軟剤で代用して見て下さいんね!


便利サイトなび!カテゴリー




ブログパーツ 免責: このサイトの利用にあたっての不利益・損害や実績が得られなかったとしても
一切責任を負いません
。ご利用する場合には全て自己責任でお願いいたします。
Copyright(c)2003 裏技・裏情報ファイル! All rights reserved.
since 2003.7