信長公記

巻十五

天正十年

1、終正月  御出仕の事

 この年の正月1日、安土には隣国の大名・小名および御連枝衆が滞在して正月の出仕をおこなった。登城した諸侯は百々橋から惣見寺への道を上っていったが、おびただしい人数が殺到したため斜面に積み上げられた築垣が踏みくずされ、石と人とが一度に落下して死人が出る騒ぎとなってしまった。手負いの者も数知れず、刀持ちの若党には刀を失い難儀する者も多かった。

 出仕は一番に御一門衆、二番に他国衆、三番に安土在住衆の順で行われた。なお面々には信長公より堀秀政・長谷川秀一を通じ、「今度の出仕には大名・小名によらず礼銭百文ずつを持参するように」との触れが出されていた。

 諸侯は惣見寺毘沙門堂の舞台を見物したのち、表門より三の門をくぐって天主下の白洲まで伺候し、信長公より年頭の祝詞をたまわった。先に立ったのは前述のごとく中将信忠殿・北畠信雄殿・織田長益・織田信包をはじめとする一門衆の歴々で、それに他国衆が続いた。面々は階段を上って座敷の内へ通され、ここでかたじけなくも御幸の間@を拝見したのだった。

 その間、馬廻や甲賀衆などの面々は白洲へ通され、しばしの間待たされていた。すると信長公より「白洲では冷えるゆえ、南殿へ上って江雲寺殿Aを見物するがよし」との上意があり、江雲寺殿を拝見する機会を得たのだった。

 城の座敷は総金に作られ、狩野永徳の手により多様多種な写し絵が間ごとに筆を尽くして描かれていた。そのうえ四方には山海・田園・郷里の景色も臨むことができ、その見事さはまったくもって言葉も及ばぬほどであった。
 そこから廊下続きに参って御幸の間を拝観せよ、との御諚に従い、一行はかたじけなくもかしこき一天万乗の主の御殿へ通され、これを拝見する機会に恵まれた。まことに有難きことであり、生前の思い出となるものであった。

 廊下から御幸の間までは桧皮葺の屋根で、使われた金具が日に輝いていた。殿中も総金作りとなっており、四方の壁にはすべて張付けBが施され、それらには金地に置き上げCの手法が用いられていた。さらに金具を使う箇所にはことごとく黄金が用いられ、魚子Dや地金に唐草を彫るなどの装飾が施されていた。また天井は組み入れEとなっていた。まことに上も輝き下も輝く有様で、心奪われ言葉もおよばぬ壮麗さであった。畳は表に備後表を用い、織り目は最上の青目で、縁は高麗縁・雲絹縁に仕立てられていた。

 そして御殿正面から二間の奥には、皇居の間とおぼしき一画があった。御簾の内に一段高く作られたその場は金で装飾されて光り輝き、芳香が周囲を払って四方に薫じる至高の空間となっていた。そこから東には座敷が幾間も続き、いずれも総金の上にさまざまな色絵を描いた張付けが施されていた。

 そうして御幸の間を拝観したあと、最初に参じた白洲へ戻ると、信長公から台所口へ参るようにとの上意が伝えられてきた。それに従い伺候すると信長公は厩の口に立って待っており、そこでわれらの出す十疋ずつの礼銭をかたじけなくも手ずから受け取られ、後へと投げて行かれたのだった。
 また他国衆は金銀・唐物ほか珍奇を尽くした品々を献じたが、その数の多さはもはや申すも及ばぬほどであった。

 @天皇の行幸を迎えるための間 A六角定頼(承禎義賢の父)を祀った殿社 B絵を描いた紙を壁に貼り上げる手法 C模様を盛り上げて作る手法 D粟粒状の突起を作る手法 E格天井の間にさらに細かい格子を重ねた天井

 

2、夢雷火  御爆竹の事

 正月15日、信長公は江州衆に左義長@を行わせた。その人数は以下のごとくであった。

北方東一番
平野土佐守・多賀新左衛門・後藤喜三郎・山岡景宗・蒲生氏郷・京極高次・山崎片家・小河孫一郎

南方
山岡景佐・池田孫次郎・久徳左近・永田刑部少輔・青地千代寿・阿閉貞征・進藤山城守

 また同時に馬場入りも行われた。これについては、

一番
菅屋長頼・堀秀政・長谷川秀一・矢部家定と小姓衆・馬廻

二番
五畿内衆・隣国大小名

 以上が先に立ち、これに中将信忠卿・北畠信雄卿・織田長益・織田信包その他の御一門衆が続いた。

 そして四番に信長公の入場となった。軽装にまとめたその装束は京染の小袖に頭巾、その上から少し丈長の四角笠をかぶり、腰蓑は白熊、はきそえ・むかばきは赤地の金襴に紅梅の裏地、沓は猩々皮といったものであった。乗馬は仁田より進上されたやば鹿毛、奥州から来た駮毛、遠江鹿毛の三頭で、いずれも秘蔵の名馬であった。信長公はその三頭をかわるがわる乗り換えつつ進み、また矢代勝介にも騎乗させた。

 この日は雪が降った上に風もあり、ひとかたならぬ寒さであった。しかしその中を信長公は辰刻より未刻まで騎乗を続けた。また見物人も群をなして集まり、盛事に耳目を驚かせたものであった。
 その後、晩に至って馬場入りは終了となった。珍重にしてめでたき一日であった。

 その翌日の正月16日のことであった。先年佐久間信盛父子は信長公の勘気を蒙って追放され、父信盛は諸国を放浪の末に紀伊国熊野の奥地で没していたが、信長公はこれを不憫に感じたのか、子の甚九郎信栄に所領の安堵と赦免を申し渡した。帰参した信栄は濃州岐阜へ赴き、中将信忠卿へ御礼を申し述べたA。

 正月21日、備前の宇喜多直家の病死にともないB、羽柴秀吉が宇喜多家老の者達を連れて安土へ伺候してきた。秀吉と家老らは直家病没の次第を説明した上で御礼として黄金百枚を進上し、これに対し信長公からは直家の跡職を保障する意が伝えられた。家老衆にはそれぞれ馬が下賜され、一行はかたじけなく下国していった。

@正月15日の爆竹行事 A帰参には信忠の口利きがあったとされる B宇喜多直家は前年2月に死亡(この年死亡とも)、その跡職は子の秀家が継ぐこととなった。

 

3、伊勢遷宮  伊勢大神宮上遷宮の事

 正月25日、伊勢の上部大夫より堀秀政を通じ、信長公へ「伊勢大神宮においては正遷宮@が三百年目を最後に途絶え、久しく執行されずにおりますゆえ、何とぞ上意をもって今の世に再興していただきたい」との言上がなされた。

 言上を受けた信長公は、「いかほどの費用にて調おうぞ」と問うた。これに対し上部は「まず千貫ありますれば、残りは勧進Aにて調達できましょう」と返答した。

 しかし信長公の御諚によれば、「一昨年に八幡宮の造営を申し付けた折には、当初は三百貫入用との見立てであったが、結局は千貫に余る出費となった。それゆえ今度も千貫というわけには中々行くまい。それで民百姓らに迷惑をかけることがあってはならぬ」とのことであった。このため信長公はまず三千貫を当面の費用として用意し、その後も必要次第に資金を出すこととし、平井久右衛門を担当奉行に任じて上部に添えたのだった。

 さらに翌日の正月26日、信長公は森乱を使者とし、岐阜の信忠殿へ「岐阜の土蔵には先年より一万六千貫の鳥目銭を入れ置いてあるが、今ではそれを結んだ縄も腐り果てていよう。ならば信忠方より奉行を任命して縄を結び直しておき、正遷宮で入用となり次第渡すがよし」との命も下した。

@伊勢の内宮・外宮を二十年ごとに再造営すること A寄進をつのること

 

4、紀州内乱  紀伊州雑賀御陣の事

 正月27日、紀州雑賀の鈴木孫一が同地の土橋平次を殺害するという事態が起きた。その発端は前年に土橋が孫一の継父を討ち殺したことにあり、孫一はその遺恨によって、信長公の黙認を得て土橋を殺害したのであった。

 孫一はさらに土橋の居館を攻囲したのち、信長公へ事の次第を知らせる報を発した。すると信長公からは孫一の後援として織田左兵衛佐信張を大将とする根来・和泉衆が派遣されてきた。このため土橋平次の子息達は根来寺の千職坊へ駆け入り、ここへ兄弟そろって立て籠ったのだった。

 

5、信州討入  木曽義政忠節の事

 2月1日、中将信忠卿へ苗木久兵衛より調略の使者が遣わされ、「信州の木曽義昌が内通に応じましたゆえ、兵を出されますよう」との内容が伝えられた。

 これを受けた信忠殿は時日を移さず平野勘右衛門を使者に立て、信長公へ調略の成功を言上した。すると信長公は「まず国境の軍勢が動いて人質を取り固めよ。しかるのち信長が出馬する」との指示を下した。この命を受けた苗木久兵衛父子は木曽勢と一手となって働き、木曽方からまず義昌弟の上松蔵人を人質として進上させることに成功したのであった。信長公はこの人質に満足し、その身柄を菅屋長頼に預けた。

 翌2月2日、武田勝頼父子・同典厩信豊は木曽謀叛の報を受けて新府新城@から出馬した。そして一万五千余の兵を率いて諏訪の上原Aに着陣し、ここから諸口の備えを固めていった。

 2月3日になり、「諸口より出撃すべし」との命が信長公より下された。これにより駿河口より徳川家康殿、関東口より北条氏政、飛騨口より金森長近がそれぞれ大将として進軍し、伊那口からは信長公・中将信忠卿が二手に分かれて乱入すべき旨が定められた。
 さらに同日3日、信忠殿は森長可・団平八を先陣とし、尾張・美濃の軍勢を木曽口・岩村口の各方面に出勢させた。

 これらの動きに対し、敵方は伊那口の節所を固めて滝沢Bに要害を構え、下条伊豆守を守将に入れ置いていた。ところが2月6日になり、その家老である下条九兵衛が逆心を企てて伊豆守を放逐し、岩村口より河尻秀隆の軍勢を引き入れて織田勢へ通じてしまった。

 一方、紀州雑賀表では野々村正成が信長公より命を受け、雑賀の土橋平次城館攻撃の検使として派遣された。これにより攻囲は油断なく進められ、支えがたきを察した土橋方の千職坊は三十騎ばかりで脱出を図った。しかし斎藤六大夫がこれを追撃し、千職坊を討ち取ることに成功した。

 その首は2月8日に安土へ持参され、信長公の目に入るところとなった。六大夫には信長公より森乱を通じ、褒美として小袖と馬が与えられた。この戦果は大いに喧伝され、首は安土の百々橋詰に懸け置かれて衆人の見物にさらされた。
 同日8日には残る土橋の城館も攻め干され、残党が討ち果たされた。その跡には普請と清掃がほどこされたのち、織田信張が城代として入れ置かれた。

 2月9日、信長公の信濃国動座にあたり、各所への軍令を記した条々が発布された。それは以下のごとくであった。

条々

一、信長出馬に際しては大和衆を出勢させる。これを筒井順慶が率いるものと定めるゆえ、内々に怠りなく準備を進めるべし。ただし高野方面の者達には、少々が残って吉野口を警固すべき旨を申し付けおくべきこと。

一、河内の連判衆は烏帽子形・高野山・雑賀表への押さえとする。

一、和泉一国の軍勢は紀州へ備えるべきこと。

一、三好康長は四国へ出陣すべきこと。

一、摂津国は父池田恒興が留守居をつとめ、子の元助・輝政両人の軍勢にて出陣すべきこと。

一、中川清秀は出陣すべきこと。

一、多田家は出陣すべきこと。

一、上山城衆は出陣の用意を油断なく行うべきこと。

一、藤吉郎秀吉は中国一円に備えるべきこと。

一、細川家は忠興と一色五郎が出陣し、父藤孝は国元を警固すべきこと。

一、明智光秀は出陣の用意をすべきこと。

以上に出陣を命じた者は遠陣になるゆえ、率いる人数を抑え、在陣中も兵粮が続くよう補給することが肝要である。ただし大軍並みの戦力となるよう、剛力・粉骨の士を選んで引き連れるべきこと。

  二月九日          朱印

 その後2月12日になって中将信忠卿が出馬し、その日は土田Cに陣を取った。そして翌13日に高野へ陣を移したのち、14日に岩村へ着陣した。その指揮下には滝川一益・河尻秀隆・毛利秀頼・水野監物・水野惣兵衛が属していた。

 2月14日、信州松尾Dの城主小笠原掃部大輔信嶺が内通を申し出てきたため、妻籠口から団平八・森長可が先陣に立って出撃し、清内路口Eより侵入して木曽峠を越え、なしの峠へ軍勢を登らせた。すると小笠原信嶺もこれに呼応して諸所に火煙を上げたため、飯田城に籠っていた坂西織部・保科正直は抗戦を不可能と見、14日夜に入って潰走した。
 その翌日の15日、森長可は三里ほどの距離を進軍し、市田Fという地で撤退に遅れた敵兵十騎余を討ち取った。

 2月16日、敵勢の今福筑前守が武者大将となり、藪原Gから鳥居峠へ足軽を出してきた。これに対し織田方からは木曽勢に苗木久兵衛父子が加わり、奈良井坂より駈け上がって鳥居峠で敵勢に向かい、見事一戦を遂げた。この戦で織田勢が討ち取った首は跡部治部丞・有賀備後守・笠井某・笠原某ほか首数四十余にのぼり、敵勢は主立った侍を多く失った。

 その後、この木曽口には織田勢から、

織田長益・織田某・織田孫十郎・稲葉貞通・梶原平次郎・塚本小大膳・水野藤次郎・簗田彦四郎・丹羽勘介

 以上の人数が加勢に加わり、木曽勢と一手となって鳥居峠を固めることとなった。これに対し敵勢からは馬場信春の子が深志城Hに籠り、鳥居峠と対陣した。

 また同日、中将信忠卿は岩村から険難節所を越えて平谷Iに入り、翌日には飯田に陣を移した。
 その先の大島Jには日向玄徳斎が籠って武田方の守将となり、小原丹後守・武田逍遥軒および関東の安中氏らを番手に加えて守りを固めていた。しかし信忠殿が馬を進めたところ、これらの敵勢は望みを失って夜のうちに敗走してしまった。このため信忠殿は難なく大島に入城し、ここに河尻秀隆・毛利秀頼を入れ置き、先手を飯島Kに移したのであった。

 森長可・団平八と松尾城主の小笠原信嶺らは先陣を仰せつかって軍を進めていたが、その先々では百姓たちが自分の家に火をかけて随身を願い出てくる姿が見られた。
 武田勝頼は近年になって次々と新しい課役を設け、新規に関所を作るなどしたため民百姓の苦悩は尽きなかった。また重罪は賄賂と引きかえに容赦し、逆に軽罪に対しては懲らしめと称して磔や斬刑に処すなどといったこともあり、その施政はすでに貴賎から疎まれ、嘆き悲しまれていた。このため諸人は内心で織田氏の分国に入ることを望んでおり、この機を幸いと上下とも手を合わせて織田勢へ通じてきたものであった。

 このような中、木曽口・伊那口の状勢をつぶさに見極めるべく、信長公から聟・犬の両人が使者として信州の陣へ派遣されてきた。両人は検分ののち、信忠殿が大島まで進軍して万事滞りなく進んでいることを信長公へ復命した。

 このころ、武田方の穴山玄蕃信君は遠江口の押さえの将として駿河国江尻Lに築かれた要害に入れ置かれていたが、これに対し信長公が内通の誘いをかけたところ、信君はすぐに応じた。そして2月25日になって甲斐国府中に置かれていた妻子を雨夜にまぎれて脱出させたのだった。

 信州で穴山逆心の報を聞いた勝頼は、転進して館を固める決意を下した。

 @現山梨県韮崎市内 A現長野県諏訪市内 B現長野県平谷村 C現岐阜県可児市内 D現長野県飯田市内 E現清内路町 F現高森町 G現木祖村 H現松本市 I現平谷村 J現松川町内 K現飯島町 L現静岡県静岡市内(旧清水市内)

 

6、高遠  信州高遠の城、中将信忠卿攻められ候事

 2月28日、武田勝頼父子と同信豊は諏訪の上原の陣を引き払い、新府の館へ軍勢を納めた。

 一方信忠殿は3月1日になって飯島から軍勢を動かし、天竜川を越えて貝沼原@に展開させ、ここから松尾城主の小笠原信嶺を案内に立てて河尻秀隆・毛利秀頼・団平八・森長可の軍勢をさらに先へ進ませた。そしてみずからは母衣衆十人ほどを伴い、仁科五郎盛信が立てこもる高遠城Aから川を隔てた高山に登って敵城の様子を検分したのち、その日は貝沼原に宿陣したのであった。

 高遠城は三方に険を抱えた山城で、残る背面は尾根続きとなっていた。また城の麓には西から北へ富士川Bが濤々と流れ、城構えもまことに堅固なものであった。さらに城下へと続く三町ほどの間は下を大河、上を大山に挟まれた険路で、敵味方一騎打ちで相対するほかはない節所となっていた。しかしその川下には浅瀬があり、森長可・団平八・河尻秀隆・毛利秀頼らの織田勢は松尾城主小笠原信嶺の案内で夜間にそこを渡り、対岸の大手口へと攻めかかっていった。

 ところで飯田城主であった保科正直は飯田を脱出後、高遠に入って籠城軍に加わっていたが、この日の夜間に城中へ火をかけて内応する旨を小笠原信嶺へ申し出てきていた。しかし実行に移す隙を見つけられずにいるうちに翌日を迎えることとなってしまった。

 翌3月2日の払暁には中将信忠殿の軍勢が到着し、尾根伝いに搦手口へと攻めかかった。一方大手口は森長可・団平八・毛利秀頼・河尻秀隆・小笠原信嶺が攻撃を担当していたが、敵勢はこの大手から討って出、織田勢と数刻にわたり戦闘を繰り広げた。この戦闘で敵勢は数多を討ち取られ、残兵は城中へと逃げ入っていった。

 大手でそうした戦が行われる中、信忠殿もみずから武具を取り、味方と先を争って塀際へ寄せかけた。そして柵を引き破って塀の上へ登り、そこから「一気に乗り入れよ」と下知した。すると信忠殿に続く小姓衆・馬廻は奮起し、我劣らじと城内へ突入していったのだった。

 かくして城は大手・搦手双方から侵入を受けて攻め立てられていった。敵味方とも火花を散らして戦い、おのおの負傷し、討死も算を乱すがごとくに累々として後を絶たなかった。

 敵衆は歴々の上臈・子供を一人一人引き寄せて刺し殺したのち、織田勢へ切って出て最期を飾っていった。その中で諏訪勝右衛門の女房は刀を抜いて織田勢の中を斬って回り、比類なき働きをした。また年の頃十五、六の美しき若衆一人が弓を持ち、台所の奥詰まりから次々に矢を放って数多を射倒し、矢数が尽きた後には刀を抜いて駆け回ったのち、ついに討死する姿も見られた。このほかにも手負・討死する者は上下とも数を知れなかった。この戦で討ち取られた首数は、

仁科盛信・原隼人・春日河内守・渡辺金大夫・畑野源左衛門・飛志越後守・神林十兵衛・今福又左衛門・仁科盛信の副将であった小山田備中守・小山田大学・小幡因幡守・小幡五郎兵衛・小幡清左衛門・諏訪勝右衛門・飯島民部丞・飯島小太郎・今福筑前守

 以上四百余にのぼった。

 仁科盛信の首は信長公のもとへ送られていった。この戦で中将信忠殿は険難節所を越え、東国において強者の名も隠れなき武田勝頼に立ち向かった。そしてその勝頼が要地と考え、屈強の兵を入れ置いて守らせていた名城の高遠城へ一気に乗り入り、これを攻め破ったことにより、信忠殿は東国・西国に聞こえる栄誉に包まれながら信長公の御代を継ぐことが約束されたのだった。代々に伝えられるべき功績であり、後代の鑑ともなるべきものであった。

 翌3月3日、信忠殿は上諏訪表へ出馬し、諸所へ放火を行った。この地に祀られる諏訪大明神は日本無双、霊験殊勝にして七不思議の力をもつ神秘の明神であったが、この焼き討ちにより神殿をはじめ諸伽藍ことごとく煙となって消え、御威光も空しきものとなってしまった。また関東の安中氏は大島を脱出後、諏訪湖の外れにある高島Cという小城に籠っていたが、信忠殿の軍勢を前に抱えがたきを悟り、城を津田源三郎勝長に明け渡して退いた。

 一方、木曽口の鳥居峠にいた軍勢も深志表へ討って出て働いた。敵城の深志城は馬場信春の子が守っていたが、もはや居続けることは困難と察して降伏し、城を織田長益へ渡して退散していったのだった。

 @現長野県伊那市内 A現高遠町 B藤沢川 C現諏訪市内

 

7、駿河口  家康公駿河口より御乱入の事

 徳川家康は穴山信君を案内者として伴い、駿河の河内口から甲斐国文殊堂@の麓市川口へ乱入した。

 @現山梨県市川大門町内

 

8、四郎勝頼  武田四郎甲州新府退散の事

 武田四郎勝頼は、ひとまずは高遠城で織田勢を防ごうと考えていた。ところがその高遠が思いのほかに早く陥落し、中将信忠殿がすでに新府へ向けて進撃中であるとの報が様々に伝えられると、新府在住の武田一門・家老衆は戦の支度などは一切行わず、子女たちが避難していく中にまぎれて取るものも取りあえず逃亡してしまったのだった。このため勝頼の旗本にはただ一手の人数さえもなくなってしまった。

 さらに武田信豊も勝頼と別れ、信州佐久郡の小諸@に籠って織田勢へ対抗する考えを固め、下曽根氏を頼って小諸へ逃れていった。勝頼は、ここに孤立した。

 3月3日卯刻、勝頼は新府の館に火をかけ、各所から集めた人質数多を火殺しにしながら退去していった。人質たちの泣き悲しむ声は天にも響くばかりで、その哀れさは言葉にも尽くせぬほどであった。
 思えば前年の12月24日、勝頼・簾中・一門衆が古府中より現在の新府城へ移った際には、装いに金銀をちりばめて輿車・馬・鞍を美々しく飾り、隣国の諸侍を騎馬で随行させていた。人々の崇敬は並々ならぬもので、見物人も群れをなして集まったものであった。ところが今、かつて栄華を誇り、常は簾中深くにあってかりそめにも人前に姿を現すことなどなく、慈しまれかしづかれながら寵愛を受けていた上臈たちは、それから幾程も立たぬうちに運命を変転させることとなってしまった。

 勝頼の御前・同側室の高畠のおあい・勝頼の伯母大方・信玄末子の娘・信虎の京上臈、その他一門・親類の上臈や付き付きの者たち二百余人の逃避行の中で、騎乗の者は二十騎にも満たなかった。歴々の上臈・子供たちは踏みなれぬ山道を徒歩はだしで歩き、足を紅に染めていた。まさに落人の哀れさ、目も当てられぬほどであった。

 勝頼一行は名残を惜しみながら住み慣れた古府中を脇に見、そこから小山田信茂を頼って勝沼Aという山中から駒飼Bという山里へ逃れた。ところが、ようやく小山田の館が近付いてきたというところで変事が起きた。自身が内々に承諾して呼び寄せておきながら、当の小山田信茂がここに至って無下にも勝頼を突き放し、一行の受け入れを拒否してきたのである。
 一行は前途を失い、途方に暮れた。新府を出る時には五、六百もいた侍分の者は逃避行の中で離散し、残ったのは遁れられぬ運命の近臣わずか四十一人になってしまっていた。

 その後一行はやむなく田野Cという地の平屋敷ににわか作りの柵を設けて滞陣し、しばし足を休めた。屋内に入って左右を見れば、そこには数多の上臈たちが勝頼ただ一人を頼りとして居並んでいた。しかし当の勝頼も、わが身のことながらもはや思慮もまとまらなかった。

 当時、人を誅伐するということは、思うことがあっても小身の者には中々できることではなかった。しかし国主に生まれた人とは、他国を奪い取ろうとする欲によって多くの人を殺すことが日常という者たちである。武田は信虎より信玄、信玄より勝頼と代を重ねること三代、その間に人を殺めること幾千と数を知れなかった。しかし世の盛衰、時勢の変転とは防ぎ得ぬもので、三代の因果は間髪を入れず、今この時になって歴然と現れたのであった。

 天ヲモ恨ミズ人ヲモ咎メズ、闇ヨリ闇道ニ迷ヒ、苦ヨリ苦ニ沈ムD。

 嗚呼、哀れなるは四郎勝頼。

 @現長野県小諸市 A現山梨県勝沼町 BC現山梨県大和村 Dなんらかの字句からの引用と思われるので、ほぼ原文に従った。

 

9、亡虎狩  信長公御乱入の事

 3月5日、信長公は隣国の軍勢を率いて動座し、当日は江州柏原の上菩提院に宿泊した。
 その翌日、信長公のもとへは仁科盛信の首がもたらされ、呂久の渡し@において実検を受けた。首はさらに岐阜まで運ばれ、長良川の河原に梟首されて上下諸人の見物するところとなった。翌7日は雨となり、信長公は岐阜へ逗留した。

 同7日、中将信忠殿は上諏訪から甲府に入り、甲斐入国を果たした。そして一条蔵人の私邸に陣を据え、武田勝頼の一門・親類・家老衆を尋ね出し、ことごとく成敗していったのだった。

 このとき殺害された者は、

一条右衛門太輔信竜・清野美作守・朝比奈摂津守・諏訪越中守・武田上総介・今福越前守・小山田出羽守・武田信廉・山県昌景の子・隆宝 なお隆宝は入道

 以上が残さず成敗された。信忠殿はさらに織田長益・団平八・森長可に足軽衆を付けて上野国表まで出兵させたが、小幡氏が人質を差し出してきたため別条なく平定された。この他にも織田方には駿・甲・信・上野四ヶ国の諸侍が縁を伝って次々と帰順の礼に訪れ、門前市をなすがごとき状況となっていた。

 3月8日、信長公は岐阜を出て犬山まで進み、翌9日は金山Aへ宿泊した。その後10日には高野へ陣を取り、11日になって岩村へ着陣した。

 @現岐阜県穂積町内 A現岐阜県兼山町

 

10、武田氏滅亡  武田四郎父子生害の事

 3月11日、武田勝頼父子とその簾中・一門が駒飼@の山中に引きこもっているとの報が滝川一益のもとへ届いた。この報を受けた一益が険難節所を越えて山中へ分け入り、勝頼一行を尋ね出していったところ、果たして田野という地の平屋敷に急拵えの柵を設けて居陣していることがわかった。

 一益はすぐさま滝川儀大夫・篠原平右衛門を先陣に命じ、かれらの下知のもと田野を包囲した。すると逃れがたきを悟ったか、勝頼らはさも美しき歴々の上臈衆・子供たち四十余人を一人一人引き寄せ、花を折るがごとくに刺し殺していったのだった。

 その後残った者たちは散り散りになって織田勢へ切って出、おのおの討死を遂げていった。中でも勝頼の若衆であった土屋右衛門尉昌恒は弓を取り、寄せては引きつつ散々に矢数を尽くし、よき武者数多を射倒したのちに追腹を切って果て、比類なき働きを残したA。

 勝頼の子武田太郎信勝はこのとき齢十六、さすが名門の子とあって容貌美麗、肌は白雪のごとくで、美しきこと余人に優れ、見る者であっと感じ入りつつ心を奪われぬ者はなかったほどであった。しかし会者定離の悲しみB、老いたるを残して若きが先立つ世の習いからは、この者とて無縁ではいられなかった。まことに朝顔の夕べを待たぬがごとき、蜻蛉にも比する短き命であった。信勝は家の名を惜しみ、けなげにも敵勢の中を切ってまわり、ひとかどの功名を残して果てていったのだった。

 この地で討死に名を連ねた者は、

武田勝頼・武田信勝・長坂釣閑斎・秋山紀伊守・小原下総守・小原丹後守・跡部尾張守とその息・安部加賀守・土屋昌恒、麟岳  麟岳は高僧ながら比類なき働きをした。

 以上侍分四十一人、上臈ほか女分五十人にのぼった。

 かくして11日巳刻にはすべての者が相重なって討死を遂げた。勝頼父子の首は滝川一益より中将信忠殿の目にかけられたのち、関可平次・桑原助六の両人に運ばれ信長公へ進上された。


@現山梨県大和村内 A俗に「土屋惣蔵片手千人切」と称される。 B世の無常をあらわす言葉

 

11、飛火始末  越中富山の城、神保越中居城謀叛の事

 この頃、越中国富山城は神保長住が居城としていた。

 今回信長公父子が信州表へ動座した際、武田勝頼は越中へ向け「われらは節所を抱えて一戦を遂げ、敵勢ことごとく討ち果たしたゆえ、越中においてもわれらに呼応して一揆を蜂起させ、国内を支配されよ」と偽りの情報を伝えていた。するとこれを真に受けた越中では小島六郎左衛門・加老戸式部の両人を大将とする一揆が蜂起して神保長住を城内へ追い詰め、3月11日になって富山城を占拠し、近在へ火をかけたのだった。

 しかしそれから時日を移さず、信長公のもとへは「柴田勝家・佐々成政・前田利家・佐久間盛政らの軍勢が一揆方の富山城を包囲し、落去もほどなし」との注進が伝えられてきた。これに対し、信長公は以下のように返書を送った。

 武田四郎勝頼・武田太郎信勝・武田典厩・小山田・長坂釣閑をはじめ武田の家老衆をことごとく討ち果たし、駿・甲・信州は滞りなく平定されたゆえ、気遣いは無用である。
以上飛脚があったので申し伝えたが、そちらからも十分に情勢を申し越すべきことは勿論である。

  三月十三日
      柴田修理亮殿
      佐々内蔵介殿
      前田又左衛門殿
      不破彦三殿

 3月13日、信長公は岩村から根羽へ陣を移し、14日になって平谷を越え浪合@に陣を取った。ここで関与兵衛と桑原助六が武田勝頼父子の首を持ち来たり、信長公の目にかけた。信長公は矢部家定に命じ、首を飯田まで運ばせた。
 翌15日は午刻より強い雨となったが、信長公は飯田に陣を移した。勝頼父子の首はこの地に懸け置かれ、上下諸人の見物するところとなった。

 @現長野県浪合村

 

12、雲散  武田典厩生害、下曾禰忠節の事

 16日、信長公は飯田へ逗留した。

 ところで信州佐久郡の小諸には下曽根覚雲軒が籠っており、武田信豊はこの下曽根を頼ってわずか二十騎ほどで小諸へやって来た。下曽根はこれを受け入れて二の丸へ呼び入れたが、途中非道にも心変わりし、建物を取り囲んで火をかけた。

 この信豊の若衆に朝比奈弥四郎という者がいた。弥四郎は今度の戦で討死を覚悟し、上原在陣時に諏訪の要明寺の長老を導師として引導を受け、道号を付けて首に下げており、ここを最期と心得て斬って回ったのちに信豊を介錯し、みずからも追腹を切って果てた。比類なき名誉であった。

 同時に信豊の姪婿の百井という人も一緒に腹を切り、合わせて侍分十一人が殺害された。信豊の首は下曽根が忠節の証に持参して織田方へ引き渡され、長谷川秀一によって信長公のもとへ運ばれた。

 その首は3月16日の飯田滞在時に信長公の目にかけられた。同時に仁科盛信が乗っていた秘蔵の芦毛馬と武田勝頼の大鹿毛の乗馬も進上され、大鹿毛は中将信忠殿へ下賜された。また勝頼が最後に差していた刀も滝川一益方より届けられて信長公へ進上された。信長公はその使者として伺候してきた稲田九蔵に小袖を与えて返した。かたじけなき次第であった。

 信長公は長谷川宗仁に命じ、武田勝頼・武田信勝・武田信豊・仁科盛信の四人の首を京へ運んで獄門にかけるよう申し付けた。これにより首は京へと上っていった。

 翌3月17日、信長公は飯田から大島を通り、飯島に至って陣を取った。

 

13、御次公  中国表羽柴筑前守働きの事

 3月17日、御次公こと羽柴秀勝殿が具足初めを行い、羽柴秀吉の相伴のもと備前国児島@に一ヶ所残っていた敵城へ攻めかけたとの報がもたらされた。

 信長公は3月18日に高遠城へ陣を張ったのち、翌19日になって上諏訪の法花寺に陣を移し、ここで諸勢を段々に連ねて陣張りさせていった。

 @現岡山県倉敷市内

 

14、覇陣  人数備への事

 上諏訪に在陣した諸勢のうち、人数持ちの将は、

織田信澄・菅屋長頼・矢部家定・堀秀政・長谷川秀一・福富秀勝・氏家源六・竹中久作・原長頼・武藤助・蒲生氏郷・細川忠興・池田元助・蜂屋頼隆・阿閉貞征・不破直光・高山右近・中川清秀・明智光秀・丹羽長秀・筒井順慶

 以上であった。周囲にはこの他にも馬廻衆の陣が幾重にも連なっていた。

 その後の3月20日、信長公のもとへ木曽義昌が出仕し、馬二頭を進上した。木曽の申次@は菅屋長頼であったが、その場の奏者役は滝川一益が務めた。
 木曽には信長公から腰の物が下された。梨地の蒔絵に鍍金A・地彫りの金具、目貫・笄Bは後藤源四郎作の十二神将像というもので、黄金百枚とともに与えられたのだった。信長公はこの場において木曽へ新知分として信州の内に二郡を与え、帰りは屋形の縁まで見送った。木曽にとっては冥加の至りであった。

 @外様・他家との担当取次役 Aメッキ B目貫は刀の柄部分に入れる金具、笄は鞘に別付けする金属製の道具

 

15、帰服参礼  木曽義昌出仕の事

 木曽と同じ3月20日晩、今度は穴山梅雪が御礼に参じ、馬を進上してきた。これに対し信長公は梨地蒔に鍍金・地彫り金具の脇差と、柄まで梨地蒔が施された小刀を下された。そして「似合いである」といって下げ鞘@・火打ち袋も付けて与えた上、さらに所領を宛行ったのだった。

 また松尾の小笠原信嶺も御礼して駮の馬を進上したが、この馬は信長公の目にかなって秘蔵されるところとなった。信長公は小笠原を「こたびの忠節、比類なし」と評価し、矢部家定・森乱を使者として本領安堵の朱印状を下した。かたじけなき次第であった。

 翌3月21日には北条氏政の元より端山という者が遣わされ、信長公へ馬及び江川の銘酒・白鳥その他の品々を進上してきた。取次は滝川一益が務めた。

 @鞘を覆う袋

 

16、関八州警固  滝川左近、上野国拝領の事

 3月23日、信長公は滝川一益を召し寄せ、かれに上野国と信州の内二郡を与えた。

 信長公は老境の身で遠国へ遣わされる身を思いやりながらも一益へ関東八州の警固を命じ、「老後の覚えに上野へ在国せよ。東国の儀の取次として、さまざまに仕置を行うべし」との上意を下した。そしてかたじけなくも秘蔵の葡萄鹿毛の馬を与え、「この馬に乗って入国するがよい」との言葉を伝えたのだった。都鄙の面目これに過ぎたるものはなかった。

 

17、三位中将  信忠諸卒に御扶持米下さるゝの事

 3月24日、信長公は「諸勢とも在陣が続き、兵粮等に困じていよう」との言葉を発し、菅屋長頼を奉行として物資の運送を行わせ、信州深志において諸勢の人数に従い扶持米を下げ渡した。かたじけなき次第であった。

 翌25日には上野国の小幡信貞が甲府へ参り、中将信忠殿へ帰服の礼を申し述べた。小幡は信忠殿の許しを受け、滝川一益の同道のもと帰国していった。また26日には北条氏政より馬の飼料として米千俵が諏訪へ届けられ、信長公へ進上された。

 信長公は今度の戦において高遠の名城を陥落せしめた手柄への褒賞として、三位中将信忠卿へ梨地蒔の腰物を与えた。そして「天下の儀もそのほうへ譲ろう」と申し添えたのだった。これを受けた信忠殿は、東国で手間取る事案もなくなったため信長公のもとへ御礼に赴くことを決めた。

 

18、諸勢散会  諸勢帰陣の事

 かくして3月28日、中将信忠殿は甲府を発して諏訪へ馬を納めた。しかしこの日は猛雨となって風も吹きすさび、一方ならぬ寒さとなったため、多くの凍死者を出す事態となってしまった。

 ここにおいて信長公は、「諏訪を出て富士の山裾を見物し、駿河・遠江をめぐって帰洛するゆえ、諸兵はこれにて帰陣させ、将のみ供をつかまつれ」との上意を発し、諏訪で軍勢を解散した。これにより諸勢は3月29日より木曾口・伊那口から思い思いに帰陣していったのだった。

 

19、甲信平定  御国わりの事

 3月29日、新領の知行割が以下のごとく発せられた。

甲斐国は河尻秀隆へ付与。但し穴山氏本知分は除く。

駿河国は徳川家康殿へ付与。

上野国は一益へ付与。

信濃国のうち、高井・水内・更科・埴科の四郡は森長可へ付与。
  長可は以後川中島へ在城。今度の戦で先陣として粉骨したことに対する褒賞であり、面目の至りであった。

同木曾谷二郡は木曾本知として、また安曇・筑摩の二郡は新知として木曾義昌へ付与。

同伊那郡は毛利秀頼へ付与。

同諏訪郡は河尻秀隆・穴山梅雪の替地として付与。

同小県・佐久の二郡は滝川一益へ付与。

  以上をもって信濃十二郡が知行割りされた。

美濃国岩村は今回の功績により団平八へ付与。

同金山・米田島は森蘭丸へ付与。これは森長可にとってもかたじけなき次第であった。

 また同時に国掟も発布された。

国掟 甲・信州

一、関銭、駒口@を取るべからざること。

一、百姓前Aには本年貢の外に不当な課役をすべからざること。

一、忠節人を立て置くほか、理屈を並べて懈怠する侍は殺害もしくは追放すべきこと。

一、公事はよくよく念を入れて詮議し、落着させるべきこと。

一、国侍は丁重に扱いつつ、さりとて油断なきよう気遣いすべきこと。

一、元来、欲のままに治めれば諸人は不満を覚えるものである。所領の引き継ぎに当たっては多くの者に知行を与えて支配せしめ、広く人数を抱えさせるべきこと。

一、本国より奉公を望む者があった場合は、よく履歴を改め、前の主人へ届けた上で扶持すべきこと。

一、諸城は堅固に普請すべきこと。

一、鉄砲・玉薬・兵粮を蓄積すべきこと。

一、各々支配する郡内ごとに分担して道を作るべきこと。

一、境界が入り組むゆえ、多少の所領争いが起きようとも私怨を持つべからざること。

以上の他、悪しき事態が出来した折には、罷り上って直に訴訟すべきことである。

天正十年三月 日

 信長公は帰陣に際し、中将信忠殿を信州諏訪に残し、みずからは甲州より富士の裾野を見つつ駿河・遠江を巡って帰洛する旨の上意を伝えていた。そして4月2日、強い雨が降りつつも、かねて予告していた通りに諏訪を出発して台ヶ原Bへ陣を移したのだった。御座所の普請や賄いその他は滝川一益が担当し、上下数百人分の小屋を立て置き、出された馳走も並々ならぬものであった。

 なお同日、北条氏政が武蔵野で追鳥狩を行い、信長公へ雉五百余匹を進上してきた。これを受けた信長公は菅屋長頼・矢部家定・福富長勝・長谷川秀一・堀秀政の五人を奉行とし、馬廻衆を集めたところへ雉を運び込ませ、その遠国の珍物を皆へ分配したのだった。ありがたきことであった。

 信長公は翌4月3日になって台ヶ原を出立したが、そこから五町ほど行ったところで山あいより名山が姿を現した。一目でそれと知れる富士の山であった。煌々と雪が積もるその姿はまことに壮麗で、どの者も見上げては耳目を驚かせていた。

 そののち信長公は武田勝頼の居城であった甲州新府の焼け跡を見つつ、古府中へ陣を移した。古府中では信忠殿が武田信玄の館跡に入念な普請を施して美々しい仮御殿をしつらえており、信長公はそこへ居陣したのだった。

 ここにおいて信長公は丹羽長秀・堀秀政・多賀新左衛門に休暇を与えた。三人は草津へ湯治に向かった。

 @馬や貨物に関する関所。この場合はそこで徴収される税 A租税を負担する自作農・豪農 B現山梨県白洲町内

 

20、恵林寺  恵林寺御成敗の事

 このような中、中将信忠殿は六角次郎義治をかくまった咎により恵林寺@僧衆の成敗を命じ、奉行人として織田九郎次郎・長谷川与次・関十郎右衛門・赤座七郎右衛門尉を任じた。

 奉行衆は恵林寺に乗り込むと、寺中の人間を老若問わず山門へ上らせた。そして回廊より山門へ干し草を積み上げ、火を放ったのであった。

 はじめ室内は黒煙が立ち、周囲の見分けもつかぬほどとなった。しかし次第に煙は治まり、やがて紅蓮の炎へと姿を変えていった。

 その炎が人々を照らし出す中にあって、快川紹喜長老は少しも騒がず、端座したまま微動だにしなかった。しかし他の老若・稚児・若衆たちは踊り上がり飛び上がり、互いに掻き抱きながら焼かれていったのであった。焦熱・大焦熱の地獄もかくやの炎にむせび、三途の苦を悲しむ様は到底目が当てられるものではなかった。

 この炎により長老十一人が果てるところとなった。そこには宝泉寺の雪岑長老・東光寺の藍田長老・高山長善寺の長老・大覚和尚長老・長円寺長老・快川長老など高名な僧も含まれていた。中でも快川長老は名声隠れなき高僧であり、その声望によって内裏より円常国師補任の綸旨を頂戴し、国師号を賜る名誉を得ていた人物であった。

 かくして4月3日、恵林寺は破滅した。老若上下百五十余人が焼き殺されるところとなった。

 武田方の処断は恵林寺にとどまらず各所で行われ、諏訪刑部・諏訪采女・段嶺某・長篠某らは百姓たちによって殺害され、その首が織田方へ進上されてきた。百姓たちには褒美として黄金が与えられたため、そのことを耳にした者たちは名のある侍を先々まで尋ね出しては殺害し、次々と首を持参してきたのであった。

 @現山梨県塩山市内。乾徳山

 

21、因果  いゝばさま右衛門尉御成敗の事

 こうした残党狩によって飯羽間右衛門尉が生け捕られ、織田方へ身柄を引き渡されてきた。飯羽間は先年明智城にて謀叛を起こした際、坂井越中守の親類衆を数多討ち果たした者であったため、信長公はその処刑を坂井越中に任せた。

 この他にも秋山万可・秋山摂津守が捕らえられた。かれらの処断は長谷川秀一に命ぜられた。

 そのような中、北条氏政から馬十三匹、鷹三足が進上されてきた。その中には鶴取りの鷹もいるとのことであった。ところが使者の玉林斎が伺候したところ、信長公はいずれの品にも取り合うことなく、そのまま持ち帰らせてしまったのだった。

 

22、荒薙  信州川中島表、森勝蔵働きの事

 4月5日、森長可が川中島の海津城@へ入城し、稲葉貞通が飯山に在陣していたところへ、にわかに一揆が蜂起して飯山を囲んだとの報がもたらされた。これに対し、信長公はすぐさま稲葉勘右衛門・稲葉刑部・稲葉彦一・国枝氏らを援軍として飯山へ遣わした。また中将信忠殿の手からも団平八が派遣された。一方織田方の来援を知った敵方は山中へ引き、大倉Aにあった古城を修復し、芋川という者を一揆の大将として立てこもったのだった。

 4月7日、一揆勢のうち八千ほどが長沼口Bまで進出してきた。その報に接した森長可はすかさず出撃し、敵勢に合間見えると一気に攻撃を仕掛けた。そして七、八里にわたって追撃を行い、敵勢千二百余を討ち取った上、大倉の古城になだれ込んで女子供千余を斬り捨てたのであった。この一戦により森勢の挙げた首は二千四百五十余にものぼった。

 こうした惨状となったため、飯山を囲んでいた一揆勢も当然ながら引き上げていった。解放された飯山の地は森長可が引き受けて人数を入れ置き、稲葉貞通は本陣のある諏訪へと帰陣していった。また稲葉勘右衛門・稲葉刑部・稲葉彦一・国枝氏は江州安土へ帰陣し、留守居の衆へ現地の様子を報告した。

 森長可はその後も日々山中へ分け入っては諸所より人質を取りかため、百姓たちに帰村を命じてまわる粉骨ぶりを示した。

 @B現長野市内 A現長野県豊野町内

 

戻る