有事法制に反対する
 港区連絡会ニュース
No .1
2002-5-14

有事法制に反対する
港区連絡会
(東京合同法律事務所気付)
お知らせ 有事法制問題の地域連絡会を結成! 当面の運動について 次回幹事会は5/17
報告記事 港区長への要請行動の報告(4/26)

有事法制問題の地域連絡会が結成されました!(4/25)
 
 4月25日夜、「新ガイドライン関連法案に反対する港区連絡会」の総会が金杉橋の平和会館で開催され、「有事法制に反対する港区連絡会」(略称:「有事法制反対港区連絡会」)として会を改組し、再出発することが決まりました。
 当日は、情勢学習として東京合同法律事務所の泉澤章弁護士から「有事法制3法案」の問題点を指摘、特に「この法案がいまなぜ、何のために必要な法律なのか、本気で問い直す必要がある」ことが強調されました。
 また、各団体や個人で、この問題について、この間取り組んできたことなどがそれぞれ紹介されました。
▼「宣伝や署名をやっているが、法案の危険性についてほとんど知られていない。宣伝が非常に大事だ」
▼「『有事法制』のネーミングがわかりにくい。ほかに呼び方はないの?」
▼「会社と労働組合が共同で神谷町で宣伝を行った」
▼「法案が上程されるよりもだいぶ早くから組合のニュースで特集した」など。

リレー・トーク&宣伝など、当面の運動を確認(4/25)
 
 上記の会議では、当面の運動を次のとおり確認しました。
(1)毎月駅頭リレー・トーク&宣伝をしよう
 とりあえず毎月1回は全体でとりくむ事を決めました。
5月17日(金):新橋駅SL前
6月12日(水):田町駅西口2階広場
7月 5日(金):新橋駅SL前
 いずれも午後6時〜7時までの1時間です。各団体でリレートークの弁士、チラシをまく方のご協力をお願いいたします。
(2)学習会を100回とりくもう
 5月24日(金)に陸海空20労組などの呼びかけで大集会が開かれますが、連絡会に参加する団体などで、当面その日までに100回の学習会を開くことを呼びかけました。学習会の大小は問いません。すでに取り組まれたところは事務局にご連絡ください。
 なお、講師の派遣も東京合同法律事務所の弁護士さんの協力を取り付けておりますので、お気軽にご相談ください。

(3)パレードか集会を開催しよう
 6月中旬ぐらいに区内で、この問題ですこし大きな取り組みをしようということになりました。具体的なことは次回以降の会議で話し合うことになりますが、すこしインパクトのあるものにしようと考えています。是非ご意見をお聞かせください。

港区長への要請行動の報告(4/26)  
 4月26日、日本共産党港区議員団ほかで、原田敬美港区長に対し、有事法制の危険な内容を示し、法案に反対するよう申し入れを行いました。風見利男区議団長は、首相に強大な権限が与えられ、地方自治体にも協力義務が課せられること、区民の生命と財産を守る立場からも、平和都市宣言をしている港区として、法案に反対するよう提起。特別区区長会へもその立場で働きかけてもらいたいと申し入れました。
 原田区長は、「申し入れについては、参考にし勉強もしたい。区民の生命と財産を守る立場は自治体としては当然だ。こうした申し入れがあったことを、区長会へ伝えたい」と応えました。
 (港区議・猪熊さんからの報告) 

次回連絡会幹事会は、5月17日(金)午後6:30〜機関紙労組にて
 
次回連絡会は、
5月17日(金)のリレートーク&宣伝後(7時15分位から)、機関紙印刷労組会議室(電話3431−7012)です