六本木デモ/宣伝カーからの呼びかけ文  2002/4/18
ご通行中のみなさん!
 私達は港区内の労働者・住民のデモ隊です。
 私達は、六本木7丁目にあるアメリカ軍の麻布ヘリコプター基地をなくしてほしいと要求し、また不況打開・雇用確保・大幅賃上げを要求して、デモを行っています。

 麻布ヘリ基地には住宅・店舗などが隣接しており、私達は毎日ヘリコプターの爆音や墜落の危険に悩まされてきました。
 東京都議会や港区議会もこれまで何度も「この基地をなくしてほしい」と決議してきました。まさに都民みんなの要求です。

みなさん!
 六本木には危険な米軍基地などいりません。公園を取り戻し、基地をなくさせましょう。

みなさん!
 都心の真ん中のここ六本木でも、アメリカ軍は「不法占拠問題」を起こしています。
19年前、アメリカ軍は「六本木トンネルの工事中だけ」の約束で隣の都立青山公園の3分の1をつぶして「臨時ヘリポート」を東京都に作らせました。ところがアメリカ軍は約束を無視して、六本木トンネルが完成して既に9年になるのに、いまだに青山公園を返さずに不法占拠を続けているのです。

みなさん!
 借りたものを返すのは当たり前のことではないでしょうか。

 私達はアメリカ大統領や防衛施設庁に、約束どおり青山公園を返してほしいと要求しています。また、歴代の都知事に対して、堂々と公園を取り戻すよう要求し続けています。
 みなさんのご理解とご協力を呼びかけます。

みなさん!
 いま国会では小泉内閣が有事法制3法案・いわゆる「有事立法」を来週にも審議入りさせようとしています。

 この法律によれば、アメリカが世界のどこかで戦争を起こすときに、日本の国民を強制的に総動員して戦争に協力させるものであり、協力しない国民は犯罪者にされてしまうという恐ろしい法律です。
 日本を戦争最優先の国家にしてしまうこの有事立法を、私たちは許すことはできません。平和憲法を踏みにじるこの有事立法に反対していきましょう!