港区議会議事録抜粋(区長に再度関係機関への働きかけを求める質疑応答。  1999.12.06 : 平成10年度決算特別委員会(第8日目)より)
(前略)
◯委員(沖島えみ子君)  1998年度決算審議にあたり、日本共産党港区議員団を代表いたしまして、総括質問を行います。
 最初の質問は……(略)
 次の質問は、米軍に不法占拠されている青山公園の即時返還についてです。
 在日米軍司令部・東京防衛施設局・東京都で結ばれた三者協定を麻布ヘリ基地撤去実行委員会が全文入手しました。英文を翻訳してみると、「臨時ヘリポートの追加部分は、青山公園の4,302.27平方メートルの土地からなり、ヘリポートの修復工事が完了するまで一時的に米軍貸しをする」とはっきり書かれています。今まで黒塗りの文書公開しかせず、その上、「ヘリポートの修復工事が完了するまで」という協定の確信部分を訳文から削除していたのです。東京都の責任は重大です。黒塗りの協定書でも道路が完成した後、原状に回復すると約束がされていたわけですが、今回、協定全文から「道路が完成し、もとのヘリポートの修復工事が完了するまで」との事実が明確になったわけです。東京都に対し、一日も早く青山公園を区民に開放するよう本気で取り組ませることが必要です。区長自ら都知事と会い、青山公園の一日も早い復旧、開放を強く要請すべきです。あわせてクリントンアメリカ大統領に文書で要請すべきです。不法占拠を一日も早くやめさせ、青山公園を取り戻しましょう。答弁を求めます。(以下略)


◯区長(菅谷眞一君)  ただいまの共産党議員団を代表しての沖島えみ子委員の総括質問に順次お答えいたします。……
 次に、青山公園の即時返還の要請についてのお尋ねであります。
 工事終了後の青山公園の返還につきましては、これまでも折を見て、再三早期返還を関係機関へ訴えてまいりました。今後、改めて東京都を通じて強く要望するとともに、米国大使館を通じてクリントン大統領へも訴えてまいります。
(以下略)