ラフカディオ・ハーンの会 第24回 2002.8・10

 

こんにちは、鉄森です。厳しい残暑が続いていますが、お元気ですか?

ハーンの会第24回例会の報告です。

 

ラフカディオ・ハーンの会では暑さに負けず、第24回例会が8月10日(土)

14時から比治山大学にて行われました。

 

1.ハーンの会 ニュース

1)「ハーンとワイルド」(貝嶋先生ご発表)における「ジャポニズム」とは。

2)銭本健二著『詩集海沿いの国々』に関するコメント。

3)狩野半三郎(ハーンの会会員狩野さんの曽祖父)

道に迷ったハーンを大東町の旅館まで案内し、その時のお礼に提げ籠を

ハーンから贈られ、それを小泉八雲記念館に寄贈された。

4)各地の情報

     比治山大学公開講座:「ラフカディオ・ハーンと日本」 風呂鞏氏

10月12日(土) 県立生涯学習センターにて

    ・日本英文学会中国四国支部大会(島根大学)11月2(土)・3()

5)本の紹介

     風呂本淳子篇著 『アメリカ文学とニューオリンズ』

(鷹書房弓プレス、2001)

6)新刊書などの紹介

     河島弘美著『ラフカディオ・ハーン』(岩波ジュニア新書、2002)

以下の2点は岡田先生からの寄贈

     垣田直巳先生退官記念 『英語教育学の研究』(大修館書店、昭和62年)

     銭本健二「英文学教師としてのラフカディオ・ハーン」を所収

     照沼好文著『栗田寛の研究』 (錦正社、昭和49)

2・ 参会記報告

    6月1日(土)、広島大学にて日本英学史学会広島支部平成14年度第1回例会に

    参加した会員からの参会記報告。

     岡田秀昭先生

「広島大学教育学部東雲分校の英学―小篠敏明先生のご発表からー」

     鉄森令子

「文武両刀使いの国際人―本田増次郎―中村浩路先生のご発表からー」

 ※ご発表原題「忘れられた英語の達人:本田増次郎―美作から世界へ」 

   

    

3・ティータイム

 

4・『神国日本』

     前回のまとめ―「11、大乗仏教」、 「12、社会組織」

     「13、武家の興隆」、「14、忠義の宗教」

     平田俊春“小泉八雲の出雲大社参拝とその著「日本」の成立”

(『出雲学論攷』昭和52)−照沼好文先生からの寄贈

5・次回予告

9月7日 (土) 2時〜4時 比治山大学にて

     『神国日本』―15章「キリシタンの災厄」、 16章「封建制の完成」

 

 

近藤哲先生へ

    ご著書『漱石と会津っぽ』(歴史春秋出版株式会社発行 1995年5月25日)

    送って戴きありがとうございました。

    漱石と八雲―とても関係の深い二人なので先生のご著書に描かれている八雲像を

    とても興味深く拝読させていただきました。(鉄森)