鈴木桃野『反古のうらがき』巻之四「狂人の勇」より

竹内狂人

 竹内富蔵という狂人がいた。人の害にならないので幽閉されることもなく、家督は息子に譲り、剃髪して、友人・知人を訪ね歩く気ままな日々を送った。
 この人は山本庄右衛門の弟で、竹内家を継いだが、そのころから狂気を発して遂に癒えなかった。「小野沢勘介の弟子で柔術の免許を取った」というのが自慢で、それ以外はまったく無能の人だった。

 竹内狂人の家の近くに御箪笥町というところがあって、福田某という従兄弟が地主として住んでいた。福田の家は町家の裏で、入口までは十間ばかりの小路だった。
 ある日一人の酒狂人が、まとわりつく犬を追い払おうと抜刀して、そのまま小路に入り込んだ。周辺の町人は、
「暴れ者だ、暴れ者だ……」
と騒いだが、刃物を恐れて近寄れず、
「通りに出てきたら打ち倒そう」
「地主の門に入ったら搦めとろう」
などと言うばかりで、手出しできなかった。

 酒狂人は、人々が騒ぐからいちだんと猛り狂い、小路をあちこちやみくもに駆け回った。
 ちょうどそのとき、竹内狂人がやって来た。従兄弟の家へ行こうと人群れを押し分けて小路に入り、人々が、あれあれ! という間に中ほどまで来た。
 そこで酒狂人と行き違いざまに、白刃を振るう手を捉えて、刀を奪い取った。それを見て、通りに群れていた町人たちが手にした鳶口や棒を打ち振り、口々に、
「あの人に怪我させるな。暴れ者をぶちのめせ」
と叫んで押し寄せた。
 酒狂人は目鼻の分かちもなく打ち叩かれて、小路の真ん中に倒れ伏した。竹内狂人はからからと笑って振り返りもせず、従兄弟の家へ入っていった。

 町人たちは、まのあたりに見た勇気に畏れ、感心した。
「今地主宅に入られた御仁は、武家の隠居のようだが、白刃を振るう相手を素手で取り押さえ、顔色も変えずに悠々と立ち去ってゆかれた。いったいいかなる武勇の人だろうか」
「あの人は、地主の旦那の御従兄弟とか聞くぞ。おりおりここへ来られる。隠居してさえあれだけの腕だから、壮んなときにはどれほど強く勇ましかったことか」
 そんなことを言い合いながら、酒狂人を縄で引き括った。番屋へ連行して問いただすと、尾州侯の御家人某の家来と分かったので、引き渡して落着した。
 後に、捕らえた人も狂人だったと知って、
「さては、狂人が狂人を捕らえたのか。それで分かった。あまりに恐れを知らぬふるまいだと思ったよ」
と笑ったという話だ。
あやしい古典文学 No.1668