広瀬旭荘『九桂草堂随筆』巻八より

うるう月の彫刻家

 豊後日田の月出山の西南に、藪村というところがある。
 そこの洞穴の中に、大きな仏像が彫られているが、いまだ完成していない。

 言い伝えによれば、閏月(うるうづき)の毎日、朝ごとに人が来て、彫っているのだという。しかし、それを見た者はいない。
 彫りはじめは元禄ごろらしい。筆者が三十年前に見たときには、頭から腰まで出来上がっていた。今年、たまたま藪村の人に会ったので尋ねたら、腰の下もだいぶ形を成してきたそうだ。去年の閏七月に新たに彫った箇所が、見ると分かるという。
 これは何者が彫るのか。村人は、天狗だろうかと言っているが…。
あやしい古典文学 No.1395