野田成方『裏見寒話』巻之三「水中の蜘蛛」より

水中の蜘蛛

 甲斐中郡あたりの淵で、ある男が釣り糸を垂れていた。
 大きな蜘蛛が水中から上がってきて、男の足元に寄ったかと思うと、また水に入った。
 男はそれに気が付かず、たまたま煙管を取ろうとして足のあたりをさぐったときに、左足の親指に、蜘蛛の糸が七重八重に巻かれているのを見て驚いた。
 そっと糸を外して、傍らの古い柳の切株に巻きつけておいたところ、突然、水面が噴き上がるように波立ち、淵の底から蜘蛛の糸が引かれて、切株を水底へ引き落とした。
 男は仰天して、一目散に逃げ去った。

 古老は言う。「水中の蜘蛛は人を喰う」と。
 心得ておくべきことだ。
あやしい古典文学 No.1307