只野真葛『奥州ばなし』「砂三十郎」より

いさご三十郎

 仙台藩に鉄山公と呼ばれた人が国主の時代、力持ちといわれる人が幾人もあった中でも、砂(いさご)三十郎という侍は、男前と怪力で知られていた。
 けれども彼は、馬鹿で、わが力をほこる大酒飲みでもあった。
 夜分、酒に酔って帰るときに、通りすがりの辻番所をひっくり返すのが好きで、たびたびこれをやった。また寺に行き、鐘をはずして困らせるなど、ろくなことをしない男であった。

 あるとき三十郎は、細横町というところに妖物が出ると聞いて、さっそく出かけていった。
 それっきり、なかなか帰って来ない。みんなが様子を見に行くと、塀の屋根の上にまたがっていた。
「なんでそんなとこに登ったのだ」
と声をかけると、三十郎、
「いやぁ、この馬の強情なこと。まるでいうことを聞かない」
と言っていた。
「手もなく化かされているぞ」
と笑われて、やっと気がついたという。

 同じころ、清水左覚という人がいて、大男で大力だった。
 こちらはおとなしい人で、たちの悪いいたずらなどしなかったが、いつも三十郎と力くらべをして楽しんでいた。
 その左覚が三十郎に、
「そのほう、力自慢をなさるが、尻の力は拙者には及ぶまい。試してみるがよかろう」
と、尻の割れ目に石を挟んで引っぱらせた。どうしても抜けなかったという。
 左覚は、体の特定の場所に力を集中するのが得意だったのである。

 三十郎は、いろいろなゲテモノを食った。また、
「何であれ、食ったものを吐いてみせよう」
と、自由自在に嘔吐したという。
 これはなかなかの芸で、前の日に食ったこんにゃくの刺身を、味噌とこんにゃくと別々に吐いてみせたりした。
 芸といえばほかにも、月代(さかやき)を剃らせるとき、頭の筋肉に力を集めると、剃刀が跳ね上がって剃ることができない、といったことができた。

 あるとき、酒の肴にウナギを生きたまま齧ろうとしたら、ウナギがすばやく手をすり抜けて、するすると腹の中に入ってしまった。
 腹の中でウナギが暴れて、槍で突かれるような苦しさ。さすがの三十郎も難渋して、塩を一升舐め尽くしたがウナギは死なない。濁り酒二升を一気飲みして、やっと静まった。
 この悪食による腹痛で、四五日寝込んだ。
 左覚が様子を見に来て、ちょっとからかってやろうと、
「いやはや、そのほうはいろいろゲテモノを食うが、犬の糞は食わないのか」
と尋ねた。
「いや、それは食うつもりはない」
「そうか。では、拙者が言い出したことだから、食べてみせよう。ついて来られよ」
 かすかに月のさす夜であった。
 左覚は先に、煎り麦の粉をこねたのを石の上に糞のように付けて用意していたので、それをぐっとつかんで食べてみせると、三十郎はすっかり恐れ入った。

 三十郎は何度か江戸詰めもしたが、そんなあるとき、新橋の居酒屋で酒を飲んでいて、履物を盗まれた。
 帰ろうと思って見ると履物がなかったので、亭主を呼んで、
「履物の始末をしていないのはけしからん」
と文句をつけた。
 亭主の返事がそっけなかったので大いに怒り、
「この店の客でいるかぎりは旦那だ。その旦那の履物を知らぬというのなら、それもよかろう。罰として酒代は払わない」
「それは無茶苦茶というもの」
と亭主が言うと、酒に酔っての暴言で、
「そんなら食ったものは吐いて返すぞ」
と、得意の分け吐き。酒は徳利に、肴は鉢に、味噌は猪口にと、もと入っていた器に吐き散らす。

 亭主はとんでもない乱暴者と思い、こんなときのために頼んである用心棒五六人を連れてきた。
 かかってくる用心棒を、三十郎は片手でつかんで、もう片方の拳でぶん殴る。その騒ぎに、何だ何だ! と群がってくる者どもを、投げのけ投げのけ店を出て、藩の屋敷に向かった。
 道筋では、
「暴れ者だ、暴れ者だ」
と人が呼ばわる。
 その声に、事情を知らないまま棒を持って出てくる者がいると、棒を取り上げて殴り倒す。はしごを持ち出して止めようとする者たちを、はしごを奪って左右になぎ倒す。木戸を閉めればぶち破る。
 こうして、群がる人々の中を平地を行くがごとく押し通って、髪は大童(おおわらわ)に乱し、白昼に裸足のまま藩邸に立ち戻った。

 三十郎は、ただちに仙台に追い返された。
 その一方で、なにか小気味のいい暴れっぷりだったと、皆は話したのであった。

 三十郎には娘が二人いて、どちらも美人で怪力であった。
 姉のほうが七つのとき、大根を漬けるのに適当な漬物石がない、と大人たちが話しているのを聞いて、近くの河原に行き、よさそうな石を持ち帰った。
「この石がいいわよ」
と言うので見ると、子供に持てるとは思えない大石だ。大人たちは驚いて、
「そんな大きな石、子供が持つものじゃない」
と叫んだ。
 娘は、褒められるつもりが叱られて、あわてて手を離したので、石が足の上に落ちて、指が二本潰れた。
 その石を片づけるのに、大男が二人でやっと動かしたという。

 成長して嫁に行ってからは、怪力を隠して人に見せないでいたが、ある年の暮れに新年の酒を造っていて、桶の置きどころが悪いという話になった。
「置き直すには、中身を取り分けてからでないと……」
と言っているとき、
「このままで持てるかどうか、やってみましょう」
と、手もまわらぬほどの大桶に酒がなみなみと入っているのを、軽々と持ち上げて運び、据え直した。

 妹娘のほうは、八歳から江戸の御殿に出仕していた。
 だれも力持ちと知らないでいたが、たまたま虫干しの最中、にわかに夕立となったおりに、外に出したあった長持を片手でつかんで屋内に投げ入れたので、その怪力が知られるにいたった。
 その後、葉賀皆人という人の妻となって、生涯を送ったということだ。
あやしい古典文学 No.117