浅井了意『狗張子』巻之三「深川左近が亡霊、来世物語のこと」より

深川左近の亡霊

 左京大夫大内義隆の家臣、黒川市左衛門尉俊昌は、大力にして武勇の名高い侍で、山口の城外に住んでいた。

 黒川は、『人が死ぬと、その人と再び意思を通じる手段がない。先に死んだ者がいったん戻ってきて、生まれ変わった場所を語り、その吉凶をも知らせてくれれば、いくらかは心残りもなくなるだろうに』などと、つらつら思うことがあった。
 傍輩の深川左近にそのことを語ると、深川はこう言った。
「拙者も内心、そこに疑いがあるのです。来世はあるのかないのか。先立ったほうがきっと戻ってきて、ほんとのところを告げ知らせることにしましょう」
 こんな約束をして年月がたち、深川が病気になって先に死んだ。

 その数日後のことだ。
 黒川はただ一人書院に座していた。日はすでに暮れて月も暗いころなので、燈火をともして詩を吟詠していると、庭にやって来た者がいる。
「黒川どのはいらっしゃるか」
と言うのを聞けば、まさしく深川の声だ。
「おお、深川どの、これは珍しい。さあ、こちらへ」
 すると深川は、
「燈火を消してください。近くに行ってお話ししましょう」
と言う。

 黒川が燈火を吹き消すと、深川は入ってきて、過ぎにし昔のことなど語った。その物腰も言葉つきも、深川の在世中と少しも変わらない。
 来世のことを問うと、
「本当に後世はあるのです。罪が大いに深ければ地獄に落とされ、その次に深ければ餓鬼道にいたる。罪の深い浅いの違いで、畜生に生まれ変わる者もいるのです。どんな小さいことでも、罪科の報いがないなどとは思いなさるな。拙者より先に死んだ者も、あるいは修羅の巷にただよい、あるいは再び人間に生まれています。善悪の報いは露ほどの間違いもありません」
などと話したが、そのときにわかに、悪臭が部屋の中に満ちてきた。

 黒川はあやしく思って、暗闇の中で臭いを手で払うようにしたところ、ふと深川の体に触れた。ひどく冷たい。
 『亡霊なら手に触れるような形があるはずはない。さては妖怪だな』と、心を落ち着けて相手に近寄り、手で押してみたら、ずいぶん重い。
 やがて深川は、
「もう、おいとまして帰りましょう」
と言う。
「まあ、もうちょっと居りたまえ」
「いや、帰る」
と押し問答するうちに、夜が白々と明けかけた。

 火をともしてよく見ると、そこにいるのは深川ではなく、身の丈二メートルを超す大男の屍であった。
 死んでからかなり日を経ている。そのうえ炎天にさらされていたと見えて、股のあたりは腐乱して、臭いことこのうえない。

 しかたがないから、屍を遠い野原に運んで捨てることにした。
 辺りの村の人が大勢出てきて、その屍を見物した。
 そのうちの一人が、
「ああ、なんてことだ。おれの兄貴ではないか。兄貴はこのあいだの夕方に家で死んで、そのあと、失せてしまったのだ」
と言って、屍を持ち帰り、葬礼を営んだのであった。
あやしい古典文学 No.89