Maxtor(マックストア)HD/ハードディスク情報
-幕-
HDD情報集-ハードディスクの買い方・選び方


Maxtor製ハードディスク情報

■メーカーサイト
Maxtor本社
http://www.maxtor.com/
日本マックストア
http://www.maxtor.co.jp/

■幕の型番

7  L  3 0 0 S  0
 ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄   ̄
↑ ↑   ↑  ↑  ↑
1  2    3   4   5

1:タイプ
 2:ATA5krpm薄型、4:ATA5krpm、5:ATA5krpm高信頼型、6:ATA7krpm、7:ATA7krpm高信頼型、8:SCSI
2:モデルナンバー
 L:RoHS対応現行モデル、B:RoHS未対応現行モデル、Y:旧モデル
3:容量
 単位:GB
4:インターフェイス・キャッシュ容量
 S:S-ATA・16M、M:S-ATA・8M、R:P-ATA・16M、P:P-ATA・8M、L:P-ATA・2M、J:ボールベアリング・P-ATA・2M
5:予備
 通常0


■モデル一覧
デスクトップ向け:
DiamondMax 10 7200rpm・複数ヘッド
 6[B/L]xxxR0 (P-ATA 200GB以上 16Mキャッシュ)
 6[B/L]xxxP0 (P-ATA 200GB以下 8Mキャッシュ)
 6[B/L]xxxS0 (S-ATA 200GB以上 16Mキャッシュ)
 6[B/L]xxxM0 (S-ATA 200GB以下 8Mキャッシュ)
DiamondMax Plus 9 7200rpm・複数ヘッド
 6YxxxL0
DiamondMax Plus 8 7200rpm・単一ヘッド
 6ExxxL0
DiamondMax 16 5400rpm・複数ヘッド
 4RxxxL0
Fireball 3 5400rpm・単一ヘッド
 2FxxxL0

ニアラインストレージ向け
MaXLine III 7200rpm
 7[B/L]***R0 (P-ATA 16MBキャッシュ)
 7[B/L]***S0 (S-ATA 16MBキャッシュ)
MaXLine Plus II 7200rpm
 7Y***M0 (8Mキャッシュ)
MaXLine II 5400rpm
 5A***J0 (ボールベアリング・2MBキャッシュ)

■FAQ

Q:MaXLineとDiamondMaxって何が違うの?
A:連続稼働対応とDutyCycle、MTTF、メーカー保証年数が違います。
ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1220/maxtor02.jpg

Q:ゴリゴリうるせ〜
A:amset.exeでAcoustic Managementを確認。
 Quietになっていなければ、変更してみれ。
http://service.maxtor.com/rightnow/downloads/setacm.exe
 amsetが使えないときはHGSTのFeatureToolで代用可能。
http://www.hgst.com/hdd/support/download.htm#FeatureTool

■その他(1/2)
RMAについて

保証期間を調べて期限内なら Maxtor_Japan@maxtor.com にメールすると、
RMA番号は発行されず、正規一次代理店ってとこから返事が来る。

> 基本的に商品のサポートは販売店様経由にて行っております。
> ただし、販売店の倒産、その他さまざまなことがございますゆえ、
> 直接お問い合わせをいただきましたユーザー様へは、
> 私ども代理店がサポートさせていただいております。

とのことで、近頃は東京か大阪への返送になってるようだ。

■その他(2/2)

546氏によるMaxtorHDDの使用プラッター数の見解

某ショップで聞いた情報そのままで 個人的に検証してはいないのだが,
MaxtorHDDの使用プラッター数について。
ショップで購入するHDDは基本的に静電気防止用のビニール袋に入っていると思うが,
そこに型番とシリアルナンバーらしき文字列とバーコードが印刷されたシールが貼ってある。
で 4R080L0なら その文字列の最初の方は
4R080L0 62 04 ・・・
のようになっているが この2つ目の62の所から使用プラッター数を読み取れるらしい。

62の6の部分は不明だが末尾の一桁がプラッターの使用面数を示していて,
80Gで2の場合は80Gプラッターの両面を使っているから2となり プラッター1枚,
3の場合は60Gプラッター1枚両面と1枚片面を使っている為 プラッター2枚。
120GBの場合は60Gプラッターなら4 80Gプラッターなら3となるそうだ。

この情報が正確かどうかの確証は無いので自己責任でどうぞ・・・

最近のモデル(6L,7L.6B,7B)は、熱さは普通なんよ。
Hitachiと違って、amsetやFutureToolで本当の静音HDDになれるし。

■幕の型番

2…ATA薄型、4…ATA5400rpm、5…ATA5400rpm高信頼型、6…ATA7200rpm、7…ATA7200rpm高信頼型、8…SCSI
D…モデルナンバー
080…容量
K…軸受けタイプが分かるときがある
4…ヘッド数(最近は0ってなってるけど)

4G120J6  5400・M・BB
4D080K4  5400・M・流体
4D080H4  5400・M・BB
4K040K2  5400・Q・流体
4K040H2  5400・Q・BB
6L080L4  7200・Q・流体
6L080J4  7200・M・BB

D=マクスタ工場製 K=カンタム工場製 L=マクスタ工場製(7200rpm)
真ん中の数字は容量

 K=流体
 H=BB
 L=流体
 J=BB
 最後の数字は使ってるプラッタ面数 (ヘッド数)

■幕の型番
デスクトップ向け
DiamondMax 10 7200rpm・複数ヘッド
6BxxxR0 (P-ATA 250GB以上 16Mキャッシュ)
6BxxxP0 (P-ATA 200GB以下 8Mキャッシュ)
6BxxxS0 (S-ATA 250GB以上 16Mキャッシュ)
6BxxxM0 (S-ATA 200GB以下 8Mキャッシュ)
DiamondMax Plus 9 7200rpm・複数ヘッド
 6YxxxL0
DiamondMax Plus 8 7200rpm・単一ヘッド
 6ExxxL0
DiamondMax 16 5400rpm・複数ヘッド
 4RxxxL0
Fireball 3 5400rpm・単一ヘッド
 2FxxxL0

ニアラインストレージ向け
MaXLine III 7200rpm
 7B***R0 (P-ATA 16MBキャッシュ)
 7B***S0 (S-ATA 16MBキャッシュ)
MaXLine Plus II 7200rpm
 7Y***M0 (8Mキャッシュ)
MaXLine II 5400rpm
 5A***J0 (2MBキャッシュ)

・2文字目のアルファベットでシリーズ判別
・後ろから二文字目でボールベアリング/流体 判別
 J = ボールベアリングモデル
 L,P,R,M,S = 流体モデル
L:流体キャッシュ 2MB P-ATA
P:流体キャッシュ 8MB P-ATA
M:流体キャッシュ 8MB S-ATA

最後の数字は0とかで、プラッタ容量や面数がはっきりしない

新製品

●Maxtor 6L160P0
(IDE-HDD,160GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

●Maxtor 6L200P0
(IDE-HDD,200GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

●Maxtor 6L250R0
(IDE-HDD,250GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

●Maxtor 6L300R0
(IDE-HDD,300GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050416/ni_i_hd.html
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050423/ni_i_hd.html

新製品

●Maxtor 6L160P0
(IDE-HDD,160GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

●Maxtor 6L200P0
(IDE-HDD,200GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

●Maxtor 6L250R0
(IDE-HDD,250GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

●Maxtor 6L300R0
(IDE-HDD,300GB,7200rpm,Ultra ATA/133)

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050416/ni_i_hd.html
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050423/ni_i_hd.html

質問
あきほ 「ねぇ,6Yシリーズと6Bシリーズはどっちがいいの?」
ぱぱタン 「6Bは最新型モデルなので速度重視ならこっちがいいよ。」
あきほ 「じゃ6Yはだめ?」
ぱぱタン 「6Yは型落ちなので少し値段が安いよ。」
あきほ 「発熱はどっちが少ないの?」
ぱぱタン 「6Bの方が少ないみたい。でもcHDDの方が低発熱だよ」

あきほ 「ねぇ,6Bシリーズと6Lシリーズはどっちがいいの?」
ぱぱタン 「6Lは6BをRoHS指令という欧州の環境基準に準拠させたマイナーチェンジ版だよ」
あきほ 「じゃ性能は変わらないの?」
ぱぱタン 「そうだよ」
といったところでしょうか?

6Bと6Lは性能全くいっしょ。
部品に使われている材料が6Lは環境にやさしくなっている。
今後は6Bがなくなって6Lに切り替わっていくそうだ。


PC/パソコン情報リンク大全集