■訓練1■

(1) 両方の手のひらをよくこすり合わせてから合掌する。

感覚化1


(2) ゆっくりと2〜3センチの距離 まで離していく。

感覚化2


▼さて、この段階であなたはどんな感じを持っただろう。一番ありふれた感覚が熱感で、手のひらに暖かさ、熱さを感じる。これは自分の体温を感じている状態だ。
次に風がスースー吹きぬけている感じとか、手のひらに圧力がかかっている感じだ。これはあなたの生体エネルギーがかなり強烈か、感覚神経が普通の人よりすぐれていることを意味する。
その上が、電気のようなビリビリした感覚とか、強力な磁界からパーッと磁気が発生しているような感覚を得る人で、こうした人はちょっと訓練するとESP能力やPK能力が目ざめやすい。
これ以外にもさまざまな感覚があるが、いずれにせよこの3つのうちどれかの感覚がまざり合ったものか変形したものだ。訓練1をやってすぐ、あとの2つのような感覚を得られる人がいたら、その人は仙道の素質がかなりある。

▼一番初めの感覚しか得られなかった人、あるいはまったく何も感じなかった人は、次の訓練2をやってみよう。もちろん、それ以外の人がやってもいい。より強力な感覚が得られるようになる。

◎次のページヘ