オオクワガタ GSP血統 × 二代目旬太郎血統(IST血統)

〜大きさと美形の高次元両立〜
超大型オオクワガタ!83.7mmと82.7mm、これがウワサの2つの「美形」血統!!

オオクワガタ・ブリーダーなら知らない人はいない愛知県の加藤隆行氏、そして加藤氏も達人と称する熊本県のI氏。
2人の名人からそれぞれ超大型血統オオクワガタが誕生しています。加藤氏の
「GSP血統」とI氏の「2代目『旬太郎』血統」です。
実はこの2つの超大型血統オオクワガタは、その血脈や特徴に共通点も多く、興味深いものがあります。

ここでは、この2つの超大型美形血統オオクワガタについて紹介させていただきます。
(私は2人の血統のファンであり、本サイトの運営・製作は直接的にはお2方とは無関係です)


加藤隆行氏GSP血統紹介 GSP血統、旬太郎血統の歴史
 当方のブリード個体(種親紹介)
余品は稀にこちらに出すこともあります。YahooオークションBiddersオークション

当方の主なブリード血統は、以下のような種類です。

2代目旬太郎血統(IST血統)| GSP血統 | GST血統(GSP×IST) | 重戦車血統 | 能勢847血統 |ほか |


GST血統(GSP×IST) ※当方で84ミリクラスも羽化しています。

 加藤隆行氏のGSP血統 と 加藤氏も達人と呼ぶ熊本県I氏の二代目旬太郎(仮称 IST /I氏のShun Tarou)血統の掛け合わせにより、2009年から産まれている個体群です。

 ※両氏の2つの血統は血統背景的に共通点も多いため、当方で掛け合わせを試みております。
 ※GSTというのは当方のブリード環境下での仮称です。GSP+IST



2009年羽化結果

 2009年に羽化した♂個体は10頭ですが、80ミリアップ(最大83.7ミリ)が3頭、
 残りの7頭は、79〜77ミリ台で羽化しました。

 羽化個体10頭の他にも蛹で★になった40g以上の幼虫などもおりましたので、今後さらに期待が持てる血統なのでは
 ないかと思っています。


 <親個体>

  IST 79.3mm♂(※1) × GSP 49mm♀(※2)

     ※1:83.7mm(2代目旬太郎)の同腹兄弟
     ※2:加藤隆行氏の82.7mmと、その同腹兄弟48mm♀からの直仔 【GSP血統(A系統)】


 <結果/2009年羽化>

  ・40gアップの幼虫が出ましたが蛹で★。

  ・羽化個体では83.7mm(頭幅29.0mm) が最大。

  ・同腹の80mmアップは3頭。(78mm台が最頻値)

  ・♀は52mm〜48mmが羽化。

  ・♂親の79.3mmに似たスタイルの個体が多く羽化。
   (太めで小尻、二代目旬太郎本人?にも似た形)

   

2010年羽化結果 (2011年5月更新 ※羽化頭数の最終数字記載、サイズ再測定)

 2010年は、IST♂80.5mmとGSP♀51mmの親から♂が6頭が羽化しています。
 最大個体は84.1ミり。83ミリ台が2頭、80ミリ2頭、79..2ミリ1頭が出ています。


 <親個体>

  IST 80.5mm♂(※1) × GSP 51mm♀(※2)

     ※1:83.7mm(2代目旬太郎)の同腹兄弟
     ※2:GSP血統(B系統)。同腹で38gの幼虫が出現した系統。


 <結果/2010年羽化>
84.1mm 83.4mm

 
  ・あと1頭、83mm台が羽化していますが、尻出個体なので参考です。尻先までなら85UPです(笑)。

  ・産卵数が少なかったので♂は6頭しか羽化していません。

  ・この兄弟たちのスタイルは総じて、あまり太さは出ず、長さが出るタイプでした。♂親に似た感じでしょうか。


   


Copyright "Ginboshi"