クチコミ ホテル情報!〜タヒチその他の島〜





タヒチ情報ごくらくボラボラに戻る クチコミ情報へ戻る 情報はお気軽に教えてくださいな



・各島ウェディング情報はこちら
・タヒチ島のホテルはこちら
・モーレア島のホテルはこちら
・ボラボラ島のホテルはこちら
・ランギロア島のホテルはこちら
・民宿/ペンション等の情報はこちら
・複数ホテル宿泊情報はこちら




ヴァヒネ・アイランドリゾート

【02年2/4】本当に静かな隠れ家的ホテル「ヴァヒネ・アイランドリゾート」(タハア島)

タハア・パールビーチリゾート&スパ

【03年5/20】ちょっと足をのばして行く価値あり!タハア・パールビーチリゾート&スパ
【01年7/29】続報!タハア・パールビーチリゾート&スパ(2002年7月オープン予定)
【01年4/11】 2002年オープン予定!タハア島の新ホテル!



マニヒ・
パールビーチ・リゾート

【06年11/21】
本人が少ないのに日本人スタッフがいる穴場リゾート・・・マニヒ・パールビーチ・リゾート!
【06年3/18】マニヒパールビーチリゾートのレポート!ゲストの数が少ないと、こんなデメリットも・・・
【02年1/6】マニヒ・パールビーチリゾートのレポートです!
【01年3/18】「マニヒパールビーチリゾート」レポート!〜自分で釣った魚をランチで〜
【00年12/31】マニヒ・パールビーチリゾート レポート!
【99年10/24】マニヒパールビーチリゾート情報




Te Tiare

【2004年10/24】静かでした テ・ティアレビーチリゾート
【2002年11/12】フアヒネ島の「Te Tiare」にして大正解!!
【99年3/25】 フアヒネ島の新ホテル「Te Tiare」レポート!(その2)
【99年2/2】
ファヒネ島の新ホテル「ティアレ・ビーチリゾート」のオープンが遅れてます!(その1)

ソフィテル・ヘイバ・ファヒネ

【00年12/25】ファヒネ島旅行記!〜ソフィテル・ヘイバ・ファヒネほか〜





ティケハウ・
パールビーチリゾート

【01年12/10】新しくオープンした「ティケハウ・パールビーチリゾート」の詳細レポート!
【01年10/8】ティケハウ・パールビーチリゾート(プレミアム水上コテージ)に行ってきました!
【01年5/22】早速行ってきました!ティケハウ・パールビーチリゾート!
【01年5/8】ついにオープンしました!ティケハウ島の新ホテル!





マイタイ・ドリーム・ファカラバ

【01年4/11】 2001年7月オープン予定!ファカラバ島の新ホテル!

シェラトン系のホテルについて

シェラトン系のホテルをまとめてこちらへ(他ページへリンク)

クルーズ船、
チャーターヨット宿泊

【05年10/2】浮かぶホテル!?ボラボラクルーズ(船旅)、一時運行停止
【99年7/22】ライアテア島からボラボラ島までのヨットチャーター(3泊4日)レポート!
(※クチコミ・その他情報に掲載されているレポートへのリンクです)




【2006年11/21】 日本人が少ないのに日本人スタッフがいる穴場リゾート・・・マニヒ・パールビーチ・リゾート!


マニヒ・パールビーチ・リゾートに滞在してきました。
こちらで情報収集させて頂いたので、少しでもお役に立てればと2006年10月現在の情報をレポさせていただきます。

プレミアム水上バンガロー32に滞在しました。
普通の水上との違いですが、プレミアム水上にだけエアコンが付いています
これが一番の違いで、最近付いたようです。エアコンがないのがネックだと思っていた人には朗報です。
エアコンがなくてもマニヒは割と快適らしいですが、私の滞在時にはあまり風がなく少し蒸し暑かったので活躍しました。

あとは、バスローブとCDプレーヤーがあります。
また、バンガローの向いている方向が少し違うのでプレミアムの方が正面の景色がちょっといいようです
あまり違いませんが普通のバンガローは遠くに島が見え、プレミアムの方は大海原です。

前のクチコミにあったように、35横の桟橋は人気で私が滞在中もイタリア人がにぎやかにしていました。
この桟橋にはビーチチェア4つとシャワー、海に降りる階段があります。
35だとやはり気になるかもしれません。32ではまったく気になりませんでした。


レセプションには日本人スタッフのさつきさんがおられます。
さつきさんはリゾートのスタッフと結婚されてリゾート内に住んでおられます。
「何かあれば電話してください」と言って下さり心強かったです。
出発時もお休みだったのですが、2人のお子さんとお見送りに来てくれました。

マニヒの海は透明度がすごく良くて魚も多いです。水上バンガローの周りでのシュノーケルが楽しかったです。
部屋のガラステーブルも楽しく、夜にはサメがやってきます。
モツピクニックでも、ダイビングでもサメ、サメ、サメでした。

エクスカーションは、モツピクニック、シュノーケルツアー、真珠養殖場ツアーぐらいしかなかったです。
ドリフトシュノーケルは、残念ながら現在行っていないそうです

マニヒはとにかく静かでなんにもないところでした。
日本人も少ないようで滞在中は私たちだけでした。
日本人が少ないのに日本人スタッフのいる穴場リゾート、のんびりするには最適でした。


【管理人】
日本人が少ないのに日本人スタッフがいる穴場リゾート・・・うまいっ!
アットホームな雰囲気が伝わってきますね!
タヒチに2回行かれているSAKIさんのHPはこちらです!(タヒチサーチの紹介ページへのリンク)

【インデックスに戻る】


SAKI さんからの情報でした!(2006年10月ご旅行)




【2006年3/18】 マニヒパールビーチリゾートのレポート!ゲストの数が少ないと、こんなデメリットも・・・


マニヒパールビーチに滞在しました。部屋はプレミアム水上バンガローの35番
泊まったのですが、正直「プレミアム」の意味がさっぱりわかりませんでした。

水上コテージは全て同じ方向に建てられていて室内も同じそうなので、わざわざ
「プレミアム」にする必要はないと思います。この35番の部屋の真横には桟橋があり
ビーチチェアーが置いてあるので、他のゲストから丸見え状態でした。
フレンドリーな人には色々な人と仲良くなれるのでいいかもしれません。

35番の水上コテージの目の前は珊瑚が張り巡らされているので、シュノーケリングをする人は
皆、水コテ前を行ったり来たりしています。カヌーもよく通るので室内でも人の目が多少
気になりました。

レストランには「ナポリタン」があったので頼んでみたところ、いわゆる日本のナポリタンでは
ありませんでした。缶詰のミートソースをパスタにふりかけた感じでした。
ランギロア・マニヒ・タヒチで実験的にナポリタンを頼んでみたところ、全てこのスタイルでした。
どこの島でも麺はかなり茹ですぎた感があります。

ツアーは申し込んでも催行人数が揃わないと連れて行ってもらえず、何も出来なかっ
た事が心残りです。小さな島だしゲストの人数も限られてるので、その辺をもう少し融通
利かせて欲しかった
です。

体験ダイビングをされた日本人の方によると、凄く透明度がいいようで
水深が浅くてもかなり楽しめたそうです。

ダイビングをした人はビデオで撮影されていて夕方6時半からBARで上映会をやっていました。
自分が潜っている様子を見れるので皆さん楽しそうでした。

【インデックスに戻る】


神奈川県在住 レイ さんからの情報でした!(2004年7月ご旅行)

【2002年1/6】 マニヒ・パールビーチリゾートのレポートです!


2001年10月にマニヒ・パールビーチリゾートに行って来ました〜
パールビーチは、とってもこじんまりとしたリゾートで、の〜んびりと気持ちのいい滞在ができました。
水コテは評判どうりすばらしかったです。
お天気にも恵まれ、水コテ前の景色、色はパンフや雑誌のそれそのままでした。
毎日気持ちのいいテラスで、魚にパンをあげながらボーっとしてました。

部屋の内部は、前面全部が大きなガラス。側面も三分の一くらいが木製のブラインド(?)。
窓もたくさんあって、風通しが良く明るくて。。。。
上部が開くガラスのテーブルはお決まりだけど、ベッドサイドのテーブルもガラス、洗面所の台の上も
奥行きの三分の一くらいガラス(どのように説明したらいいんだろう?)で、本当に何処にいても
海に居ることを実感できました。
あぁ。。考えてるだけで気持ちいい。。。

お魚は水コテ前にたくさんいるにはいるのですが、ここのところ、モルディブ行きが続いていて、
たくさんのカラフルなお魚を見ている私としては、はっきり言って、ちょっと物足りなかったです。
色のあるお魚は、チョウチョウ魚、とツノダシくらいで・・・
シュノーケルで見れるお魚は、やっぱりモルディブの方がたくさんだし、種類も色も豊富なような気がしました。
でも、コバンザメを初めて見ました。コテージ周りずーっと何匹もうろついてました。
ちよっと恐ろしい顔してますね。
お腹にくっつかれはしないかと、怖かったです(笑)

◎リゾート情報を少し。。。
シュノーケルセット、カヌー、自転車、ゴルフのパター(パターゴルフがあるんです)等、無料で借りられます。

・日本人スタッフ
 10/12現在いません。産休だそうです。
 いつ頃から出ていらっしゃるのかわかりません。 

・レストラン
 日本語メニューありません
 朝 7:00〜9:30ビュッフェ(2,140CFP)
 昼 12:00〜14:30
 夜 19:00〜21:00アラカルト
              前菜(1,700CFP)
              メイン(2,500CFP)
              デザート(1,100CFP)
              各3種類の中から選びます
   火曜、金曜はビュッフェ(4,900CFPくらい)
   火曜 19:30〜タヒチアンライブミュージックショー
   水曜 20:00〜タヒチアンダンスショー

・ミキミキバー
 サンドイッチが食べられる時間は、14:30〜2時間くらいだけです。

・エクスカーション
 プライベートモツピクニック 9:30〜15:30(7,350CFP)
               バーベキューランチ付き
 グラスボトムボート 10:30〜12:30(2,200CFP)
           14:30〜もありました 
           途中シャークフィーディング(迫力あります)、
           シューノーケルします
 この二つしか参加してません

・私の考えるお勧めルーム
 ビーチコテージならbT〜15(絶対!)
 水コテならbR6〜38,40(基本的にはどこでも満足できると思いますが、
 レストランにも近いし、見晴しも・・これがベストかな)

出発前こちらでお世話になりましたので、少しでも皆さんのお役に立てればと思います。 



【クチコミ・ホテル情報インデックスに戻る】


ほっぺたちゃん さん情報でした。(2001年10月ご旅行)


【2001年3/18】 「マニヒパールビーチリゾート」レポート!〜自分で釣った魚をランチで〜


00年12月26日より30日まで滞在したマニヒパールビーチについてです。

私の見たガイドブックには空港からボートとなっていましたが、夏に部品が壊れてしまったとかで
現在は(というより、カートみたいな感じ。最後尾に乗るとちょっと遊園地気分で楽しい)で送迎してくれます。 

チェックインは12時からとなっていますが、すぐ室内に通してもらえました
マニヒ行きの飛行機に搭乗するまで、パペーテで4時間もぼーっとしていたので、
すぐに入れてもらえたのは助かりました。

水上コテージの真下から生きた珊瑚が沢山。
その為、コテージから海に入るのに注意した方が。でも、魚も沢山居て感動です。
珊瑚をかいくぐっていくと数mですぐに深くなります。

常備品はシャンプー、ボディソープ、バスタオル(シャワー用とデッキチェア用で合計4枚)
ハンドタオル、ココナツ石鹸。(ドライヤー、蚊取りリキッド、コーヒー&ティーセット)
テレビ、時計はありません。氷はバーで調達出来ます。

朝食のビュッフェでは、コーヒーの入ったポットごとテーブルに持ってこられるのが
コーヒー好きの私たちにはかなり重宝しました。
本格的なバニラコーヒーもポットサービスにあり、とても美味しかったですよ。

昼食はレストランの場合、普通のメニューが出されます。(日本語メニューは夕食のみです)
お勧めはシーザーサラダとチーズバーガー。人気メニューのようでした。
これを2人でシェアして、お腹いっぱいという感じのボリュームです。

村までの送迎は無料になりました。
ただし、村まで出なくても水ならばレストランで頼んだ時に持って帰れますし、
(島の規模を考えると)かなり何でも揃えられるブティックがホテル内にあるので不自由しないと思います。

常備してある蚊取りリキッドの他に、あと二つ日本から持参して合計3つの蚊取りリキッドを使用した私たちです。
さつきさんからはノノはごく小さな虫なのでビーチバンガローに泊まる方は本当によく刺されるけれど、
水上コテージにまで飛んでいけないはず。と説明されましたが
3つつけても刺されまくりました。もうびっくりする位刺されました。
ノノには何が有効なのか、知りたい(泣)。
ただ、薬をまいているみたいなので、他の虫はいませんでした。

室内のガラステーブルをスライドさせて、魚に餌をあげられますが、
レストランの奥、厨房の手前の箱にあるパンを自由に持ってこられます。
レストランが空いていない時間でも、取りに行って構わないそうです。

雨期とはいえ、水の大切な島。
宿泊客の方が集中してシャワーなどを使う時間帯には、断水状態になる時もあります。
一時間程で使えるようにはなるのですが、これを知らないとびっくりします。
(実際、故障かと さつきさんの所まで助けを求めてしまった私たちです)

さつきさんの強力なお勧めがあって、無人島ピクニックに参加したのですが、
とてもキレイでいい所でした。参加者が20名ほどだったのですが、すごく打ち解けて
帰る頃にはみんなお友達という雰囲気になりましたよ。
片道30分位でその島に到着するのですが、途中のポイントでランチとなる魚を自分たちで釣り上げたりと、
かなり盛りあがります。

とにかく従業員の方たちがフレンドリーですごく優しくて。
もしいつか機会があるのなら、必ずまた訪れたい!そんな素敵な場所でした。



【クチコミ・ホテル情報インデックスに戻る】


東京都 マグ さん情報でした。(00年12月〜01年1月ご旅行)

【2000年12/31】マニヒ・パールビーチリゾート レポート!


■ 日本人スタッフ

さつきさんは、エクスカーション担当で、あと二年くらいは滞在されるとの事です。
お休みは、月曜日と火曜日ですので、その日は、英語またはフランス語で頑張りましょう!


■ エクスカーション

・パスでのドリフトシュノーケリングは毎日できますが、潮の状態や舟の都合で朝10時くらいに決まります。
 →1750CEP
・無人島モツでのピクニックは、火曜日と木曜日と土曜日にあります。
 途中で魚釣りなどをしてバーベキューで食べるという楽しいものです。
 最低4名いれば出発できます。
 →6750CEP
・黒真珠養殖ツアーは月・水・金2名から2200CEP(不参加)
・モツ一周クルーズ島の周りを一周クルーズします。4名から出発。4650CEP(不参加)食事無し
・村への往復2名で1500CEP(お買い物・郵便切手など)


■ 施設・設備

・温水・真水シャワーがあります。(ちょっと塩味あり)
・冷蔵庫・電気ポット・ドライヤー・電話(国際電話もOK)があります。
・エアコンと書いてあるガイドブックもありますが、ありません。(ビーチバンガローだからか?)
・時計はありません。
・ランドリーサービスは結構高いです。
・その他全体的に大変清潔で、よく考えられた作りですから、生活はほとんど支障無いと思います。

■ 食事

私達は、朝・夕つきだったので、値段はわかりません。
朝はブッフェ形式で、パン・卵料理・チーズ・ハム・果物・ジュースとコーヒーか紅茶がサービスされます。

夕食は、前菜・メイン・デザートを3品ずつからチョイスする形式で、これは全員同じ方法でした。
週に2回くらいはブッフェがあります。

昼はメインダイニングで食べなかったのでわかりません。バーミキミキでは、チキンのホットサンドウィッチしか
ありません。

全体的に本格的なフレンチなので、かなり油が多いです。我々中年は、ちょっと辛いかも。
我が家はお昼はカップそばや梅干や朝のパンなどをつまみました。

ワインは安いものから高いものまで各種取り揃えてあります。
部屋の冷蔵庫にジュースや水やビールがあります。(毎日チェックに来ます)
自分で買ったものを入れておいても大丈夫です。結構高いですが、村までの船の料金を考えれば同じかも。

■その他

自転車やカヌーはそこらへんに置いてあるのを使い放題です。
シュノーケリングは、水上コテージのあたりで十分楽しめます。
パスでのドリフトは結構流れがきついのであっという間で、初めての方はまずハウスリーフで練習を!
風が毎日とても強いので、結構涼しいです。雨はそんなに長くは降りません。
夜は結構涼しいので、なにか羽織るものが必要です。

夕食はどんな格好でもいいとのことですが、ヨーロッパの方々が多いので、男性は襟付きシャツ(アロハでも可)と
長ズボンと靴(スニーカーでも可)、
女性はドレッシーな感じのものが多かったと思います。
さすがに夜は水着やパレオという方はいらっしゃらなかったです。


【クチコミ・ホテル情報インデックスに戻る】


東京都 みゃい さん情報でした。(00年8月ご旅行)

【99年10/24】マニヒパールビーチリゾート情報


マニヒ・パールビーチリゾートの水上コテージに泊まりました。(99年9/21〜28)
とても、良いhotelでした。あの魚の濃さは圧巻ですね。
水コテ前で餌付けしてたら、コバンザメも近づいてきて餌付けにできた程です。
事前にヤモリとゴキブリについて聞いていたんですが、
ヤモリは、数匹と泣き声だけで、ゴキブリは0.5匹(後姿だけ見た)だけで済みました。
あと、夕方にでる虫は定期的に殺虫しているようで、
(1回だけ殺虫剤らしきものを散布しているのを見ました)
HOTELからの注意すらなかったです。
ただ、蚊は多かったですね。虫除け1本を使い尽くしました。

【クチコミ・ホテル情報インデックスに戻る】


埼玉県 Kumaさん情報でした(99年9月ご旅行)




【2005年10/2】 浮かぶホテル!?ボラボラクルーズ(船旅)、一時運行停止。


特定のホテルに泊まるのではなくて、船に泊まって好きな場所に自由に移動する。。。
そういったユニークなスタイルの旅ができるという「ボラボラクルーズ」ですが、船体整備のために
運行を一時停止するそうです。
(TU MOANA、TI’A MOANA ともに、2006年1/16〜同年3/26まで運行停止

ボラボラクルーズはオーナーがタヒチアン航空の社長婦人ということもあり、船のデザインも
洗練されていて、スタイリッシュで豪華な雰囲気がヨーロッパの方々に人気のようです。

ライアテア島を出発してタハア、ボラボラ、ファヒネ島を6〜7日で回る、乗客数35名程度の船旅で、
個人的にも気になっていました。

大型船が入れないラグーン内などにも移動できて、船内にはジャグジーやバーなどもあるそうです。

2003年7月から就航していますので、皆さんも旅行の際に、この船舶を見かけたことがあるかも!?

【インデックスに戻る】


旅行代理店 さんからの情報でした!




【2004年10/24】 静かでした テ・ティアレビーチリゾート


9月中旬に利用しました。
噂通り、とても落ち着いた大人のリゾートでした。
私達が行った時は、アクティビティを利用する人はほとんどおらず、
いてもカヌーするくらいだったので、静かでとても良かったです。
田舎だからか、おしゃれな感じはしませんでした。
元気な若いカップルが行くと浮いてしまって落ち着かないでしょうね。

部屋のカテゴリーについてですが、
私達が利用したプレミアムガーデンバンガローはビーチが近くで、
コストパフォーマンス的に正解だったと思います。
バスタブが無かったのが残念。
予算に余裕のある方は、もちろんディープ水上へどうぞ。

【インデックスに戻る】


さっちょ さん情報でした!(2004年9月ご旅行)




【2002年11/12】フアヒネ島の「Te Tiare」にして大正解!!


2002年10月中旬にファヒネ島のテ・ティアレ(パールリゾート)の水上コテージに3泊してきました。
行く前はモーレアやボラボラとの比較で散々迷ったんですが、結果は大正解!

【ファヒネ島のお薦めポイント】
タヒチ島から近い(飛行機で40分弱、便数もかなりある)
大型ホテルが2つしかなく、あまり観光地を感じない。
 その割に小さなお土産屋さんやレストランがけっこうあり、モツ ピクニック等、アクティビティも結構あり。
 (ホテル数が少ないからか送迎や催行人数等、かなり融通がききました。)

【テ・ティアレリゾート(パールビーチ)のお薦めポイント】
とにかく静か!夜は潮騒しか聞こえず、シャトルボートが 出航する際のほら貝コールが時計代わりです。
 プールやビーチ、レストランは常時ゆったり・のんびり使えました。
レストランの周りは深く透き通ったラグーンになっており、 20m位の底まで見通せます
 大型の魚やカラフルなコーラル フィッシュがそれこそ水族館並みに見られました。
 シュノーケルの必要さえない位です。感動!
ホテルのスタッフは本当に親切+フレンドリー
 ホテルの隣にスタッフが住む小さな村があるんですが、たまに子供が行き来したり、
 港町への出勤にシャトルボートに同乗しておしゃべりしたり等々、家族的なあたたかさが沢山あります。
 (他のリゾートを数軒覗いたのですが、これはあまり感じませんでした。もっとも数泊してみないと比較できないでしょうね。)
朝食は抜群においしく、バラエティに富んでます。
 昼食もマグロのお刺身やポワソン・クリュ等、なかなかGOOD。
 ただし夕食はイマイチ。(毎日ほぼ同じ品揃え)。でもシャトルボートで港町へ行けばいろいろあって大丈夫。
毎晩バーでスタッフによる小さな催しがあります。
 花冠の作り方講座ややしの葉っぱ細工、貝のネックレス作りやココナツの味見等、毎晩とても楽しみでした。
フロントでは毎日、インターネットニュースを印刷した小さな新聞を置いていました。
 宿泊客の国籍を見てイギリス版やドイツ版、日本版もあってホテルの暖かい配慮を感じました
 
難点は他の最近できたパールリゾートに比べて、ちょっと古く感じることでしょうか。
テラスやデッキチェアなどかなりくたびれた感じで、最初に部屋に入った時はお値段の割にはなぁ〜と
思っちゃいました。でも1日もすればそれが又、味があって心地よく良く感じたりもします。
あ、あとここは水上バンガローが遠浅と深めの2種類に分かれます。
お値段に開きはありますが、絶対に深めのコテージがお薦めです。

又我々が宿泊した期間はアメリカ・カナダ人、ヨーロッパ人が半々といった顔ぶれです。
日本人は唯一私だけ(夫も唯一のオランダ人)で、日本人が多いリゾートを避けたい人にも良いかも
逆に私は久々に会える日本人を期待してたので、ボラボラに行ってしまう日本人を誘いたい位でした。(笑)

上、テ・ティアレ情報でした。
ボラボラもいいけど、のんびり+観光地から外れた穴場が好きな
人には、ファヒネはかなりお薦めですよ〜。

【インデックスに戻る】


みみみ さん からの情報でした (2002年10月ご旅行)



【99年3/25】フアヒネ島の新ホテル「Te Tiare」レポート!(その2)


オープンしたてのフアヒネのホテル、Te Tiareに週末を使って泊まってきたのでレポートします。

1)到着

フアヒネ空港につくと専用車が待っており、ファレの町にあるベースまでまず行きます。
そこにはホテルのボートが待っていてホテルまで15分のクルーズになります。
なぜモツでもないのにボートで行くかというとTe Tiareはフアヒネの中でも道路が通って
いないソヴァージュなところにあり、船でしかアクセスできないからなのです。
ベースからホテルまでフアヒネの美しいラグーンの中を緑深い島を横手に見ながらのクルーズは
いやがおうにも気分が盛り上がります。
そして外界から隔絶された深い緑の中に忽然とホテルが現れボートは直接レセプションに横付けされます。

2)チェックイン

そうです。レセプションに横付けです。
つまり、レセプションも水上にあるのです。
桟橋まで冷たいおしぼりをもったスタッフがお迎えにきてくれます。
その後、居心地の良い広々としたサロンでウエルカムドリンクを飲みながら
チェックイン手続きを行いますが、女性スタッフがみんな絵に描いたような
美しいタヒチアンなので、男性はここでもう楽園気分になってしまうかも知れません。
その後水上レセプションからいったん橋を渡ってお部屋に案内されます。

3)バンガロー

バンガロー内に入るとまずはその広大さに圧倒されます。
大きなソファセットが中央に置かれ、ジュニアスイート仕様です。
フレンチポリネシア最大という室内は勿論、テラスも通常の倍はあります。
室内はタヒチアンテイストとフォーシーズンズ的なヨーロピアンテイストの組み合わせで
他のフレンチポリネシアのバンガローと比べるととてもモダンな感じがします。
恐らくオーナーがアメリカ人だというのが関係しているのでしょうが、より快適さに
重点が置かれている印象を受けます。
水上は全室クーラーが設置され、ガラス窓が多くとても明るいです。
また床はイタリアを思わせるローズ色のタイルで、バスルームは広大かつ真っ白の
タイル張り。
で、バスタブはなんとジャグジーになっています。
水上半水上ビーチガーデンと分かれていますが、ここは水上がなんといってもおすすめでしょう。
視界いっぱい広がるラグーンの水平線の向こうにはライアテア、タハア両島が浮かび、
海に落ちるサンセットをテラスから眺めるのは最高です。

4)ロケーション

外界から隔絶され、緑深いフアヒネの山に抱かれたロケーションはいわゆる「隠れ家」
いう言葉がふさわしいものです。
とにかく音というものがほとんどしない静寂の世界
カップルにはこれ以上ないといえるのではないでしょうか。
ボラボラのような人を圧倒するような美ではなく、あくまで優しくて神秘的なフアヒネの良さ
活かしたホテルです。

5)食事

まずレストラン全体が水上にあることに驚かされます。
パノラマ的に景色が広がり、気持ちの良いことこのうえなし。
そして食事は洗練されたフレンチ
僕は3泊して朝、昼、晩とも全てホテルで食べましたが、まったく飽きることは
ありませんでした。
デザートもとても美味しかったです。
ボラのバンブーハウスの元シェフということです。
ディナーには焼き立ての自家製パンが出てきて(あつあつで持てないくらい!)これも楽しみの一つでした。

6)スタッフ

支配人はいまや伝説のHana iti元支配人ピーター、レストランのメートルドテルには
マニヒパールビーチのジャック、レセプションマネージャーはフアヒネを心から愛するアメリカ人の
ポールと要所を個性的かつ優秀なマネージャーで固め、それ以外もボラのパールビーチ
ラグーンリゾートで経験をつんだ親切なスタッフが多く、特に女性達の美しさは特筆すべきものが
あります。
フアヒネの人はフアヒネに強い誇りをもっているのでそれも良い雰囲気の一因かも知れません。


以上簡単にレポートしましたが、フレンチポリネシアの中でも個性的かつ魅力的なホテルだと思います。
町までフリーのシャトルボートが出ているのでダイヴィング(これがまた素晴らしい!)や
サファリツアーへの参加は問題ないですし、ホテルから出たくなくなる程に居心地の良いホテルです。
フアヒネという島同様、「大人」のリゾートといえるでしょう。

問い合わせはtetiarebeach@mail.pfまでということです。

【Mayu】
ご存知 !? ボラボラ・パールビーチリゾートの日本人スタッフ「マコトさん」からの情報でした。
ありがとうございましたっ!

【インデックスに戻る】


ボラボラ在住 マコトさん からの情報でした (99年3月ファヒネ島ステイ)



【99年2/2】ファヒネ島の新ホテル「ティアレ・ビーチリゾート」のオープンが遅れてます!(その1)


ファヒネ島の『ティアレビーチリゾート』の情報です。

●当初12月OPEN予定だったのが、2月15日に延びています。
(この辺は さすが南の島です。 もう関係者も予想していました)

●お部屋はガーデンバンガロー/ビーチバンガロー/水上コテージ の3タイプです。
まだできていないバンガローなので、なんとも言えないようです。

情報がはいりましたら、またお知らせいたします。

【インデックスに戻る】


旅行代理店勤務さんからの情報でした。




【03年5/20】 ちょっと足をのばして行く価値あり!タハア・パールビーチリゾート&スパ


3月21日から10日間、タハアとボラボラに行ってきました。
タハアでパールビーチ、ボラボラではホテルボラボラとボラボラ・ヌイ・リゾート&スパに泊
まりましたので、これから行く方の参考になればと思います。

パールビーチリゾートはとにかく、新しいだけあってきれいで快適でした。
水上コテージに泊まりましたが、部屋もテラスも広々としていますし、
テラスにはデッキチェアーの他にテーブルもあって、そこは屋根と
ファンがついているので、外での海を見ながらの食事も快適です。
ラグーンは魚があんまりいないのは残念ですが、本当に信じられない程透明で感激しました。
遠くにボラボラ島も見えて景色も最高でした。

プールやビーチもきれいで手入れが行き届いている感じで、回りには
あちこちハンモックが吊るしてあってお昼寝もできます。
私達は特に参加しなかったのですが、毎日のアクティビティーもわかりやすく
一覧になって張ってあり、結構いろいろあるようでした。スタッフも皆さん感じ良く、
てきぱきしています。
食事はまあまあといったところでしょうか。
ホテル内にはおみやげ店と黒真珠のお店がありました。
水上コテージに泊まる時は、なるべくピロティの先の方の部屋にしてもらうと良いです。
ビーチの近くだとテラスが外から丸見えなので。でもとにかく海と景色がきれい(ホテルもきれい)!
なので、ボラボラに行く予定だったらちょっと足をのばして行ってみる価値あると思います。


【インデックスに戻る】


ピ二ャ・コラ―ダさん情報でした!(2003年3月ご旅行)




【01年7/29】 続報!タハア・パールビーチリゾート&スパ(2002年7月オープン予定)


先日お伝えしたタハア・パールビーチリゾート(仮称)が、
「タハア(タハ)・パールリゾート&スパ」という名称で2002年7月オープン予定となっているようです。
 
既存のデラックスホテルの1ランク上の高級ホテルで、全部屋オールスィート仕様となります。
ホテル内に今はやりのスパを併設する予定です。
タハア(タハ)島は、まだまだ日本人の方には馴染みがないのですが、タヒチで2番目に大きい島(ライアテア島の隣に位置し)、
ホテルからのアクセスはライアテア空港より専用ボートでのトランスファーとなります。
タハア(タハ)で1番美しいモツ(環礁)に出来ます。

乞うご期待!ハネムーナーにはきっとお薦めNo 1になると思います。


【インデックスに戻る】


MD&旅行代理店さん(まんぼ〜さん)情報でした!


【01年4/11】2002年オープン予定!タハア島の新ホテル!


ライアテア島の隣島、タハア島に2002年パールビーチリゾート系列の新ホテルがオープン予定です!
タハア島の外周モツにボラボラ方面を向いて位置するそのホテルの名前は、
「Tahaa Pearl Beach Resort (タハア・パールビーチリゾート)」〜仮称〜。

50部屋の水上バンガローを含め、トータルで60バンガロー程度を建設予定です。
(場合によってはエアコンが付くというような話もあります)
ちなみに、レストラン2つにバー1つが建設予定となっています。

【インデックスに戻る】


横須賀の Momoさん情報でした!


【2002年2/4】 本当に静かな隠れ家的ホテル「ヴァヒネ・アイランドリゾート」(タハア島)


タハア島の沖のプライベートモツにある「ヴァヒネ・アイランド・リゾート」に泊まりました。
水上コテージ3つ。ビーチフロントバンガロー6つの小さなホテルです。
ライアテア空港からホテルのボートで送迎してくれます。40分ぐらい。
私はその前に泊まったタハア島の「マリーナ・イチ」に迎えに来てもらいました。

ビーチフロントバンガローからは、すぐ脇の専用の階段ですぐ海です。
(その意味では、ビーチではなくシーフロントです)
そこには珊瑚があり、魚が見られます。しかし浅いので、特に干潮時は珊瑚やウニのとげに
気をつけなければなりません。
私は珊瑚で腹を擦り、ウニのとげを指に刺しました。
ビーチは小さいですが白砂のビーチがあります。そこから夕日が美しく見えます。
バンガローにはテラスがあり、夕日がながめられます。ボラボラ島も見えます。
ちなみにバンガローには鍵はありません。

モツの正面周りは遠浅で珊瑚もないので、シュノーケリングには適しませんが、無人のモツまで
モーター付きのピローグで連れて行ってくれます(有料)。
時間は決まっているようで決まっておらず、希望を言えば、その時間に出発。
15分くらいでモツに着いたら、迎えの時間を決めて、ピローグはホテルに戻ります。
その後は、モツにいるのは私ひとりです。そこはちょっと泳ぐと珊瑚の森があり、魚がたくさん見られます。
隣のモツまで珊瑚の森の上を泳いで渡りました。
遠くの島まで来て、さらにはるか遠くに来た感じがしました。

ホテルのあるモツは小さくて、端まで歩いても15分ぐらいでしょうか。
(正確に言うと、2つの小さなモツが歩いて渡れる細い水路をはさんで隣接しています)
一番端で、パペーテに住んでいて、タハアの親戚の家に泊まっているという現地の親子連れに会いました。
親戚のボートで来たようです。

このホテルの食事の質の高さは特筆できます。
フランス料理のコースのおまかせで、皆同じものを食べます。
ベジタリアンはあらかじめ注文しておくこともできるようです。
フランス料理は重くて毎日食べるのは苦手な私も抵抗がありませんでした。
デザートも凝ったものが出てきました。
朝食は、パン・コーヒー・ジュース・オムレツ・ヨーグルト・フルーツです。
レストランからはタハア島が正面に見えます。

このホテルの仕切りはエリックとその奥さん(?)がやっています。
到着の出迎え、ホテルの説明、ツアーや遊びの手配、料理のサーブと説明…
すべてエリックが行ないます。
私は3泊でしたが、フランス人は2〜3週間滞在するそうです。
本当に静かな隠れ家的ホテルです。

ライアテアの空港からパペーテに戻る飛行機に乗る時、ふと気が付くと、
送迎や無人のモツに連れて行ってくれたボートのドライバー(?)のティエリが、
遠くの船着場から手を振ってくれていました。
このホテルの親密な応対を象徴しているように思われました。


【クチコミ・ホテル情報インデックスに戻る】


東京都目黒区 おひるね さん情報でした。(2001年9月中旬ご旅行)



【01年4/11】2001年7月オープン予定!ファカラバ島の新ホテル!


まだまだメジャーでない自然いっぱいの島「ファカラバ島(ツアモツ諸島の環礁)」に、
ナチュラルテイスト溢れる新しいホテルが2001年7月にできるそうです。
ホテル名は「Maitai Dream Fakarava (マイタイドリームファカラバ)」〜仮称〜。
ボラボラ島の「Maitai Polynesia(マイタイポリネシア)」系列のホテルという位置付けになるそうです。
30程度のバンガローが建設される予定。

ちなみにファカラバ島はタヒチ(仏領ポリネシア)で2番目に大きな環礁です。

【インデックスに戻る】


横須賀の Momoさん情報でした!



【01年12/10】 新しくオープンした「ティケハウ・パールビーチリゾート」の詳細レポート!



ティケハウに行って来ました。報告します。


*2001年11月13日から1週間(正味5泊6日)
*タヒチ・ツアモツ諸島のティケハウ島
 ホテルはパールビーチリゾート、水上バンガロー
*最後の日はホテルマンダリンにデイユース

当初は10月にフアヒネを予定していたのですが、ホテルがいっぱいであきらめざるを得なくなり
雨期のはじめということで島を変更、雨期にもあまり影響されないツアモツを選びました。

ツアモツの中でも今年新しくオープンしたパールビーチ、しかも水上バンガロー!!
昨年滞在したヴァヒネアイランドリゾートでも、水上バンガローには蚊がまったくいなかったので
とても快適に過ごせたため、今回も水上にこだわりました。

しかし!!ここのホテルでびっくりしたのがものすごい量の殺虫剤を撒いていたこと。
夕方4時くらいになると、ガーデンバンガローの方で電気式の大きな機械で大きな音をたて、
煙りのようなものを撒いているのを部屋のテラスから見ていたのですが、
ある日、ビーチでお魚にパンをあげて遊んでいたら、後方から例の大きな音が・・・
私の居る波打ち際までただよってきて、ものすごい臭い!!くさい!!苦しい!!
ビーチバンガローのテラスで寛いでいる白人の人たちに思いっきりかかっているのに
みんな平気そう。鼻、悪いのかな?
その日以来私も退治されてしまったようで(私は蚊!?)、いまだに「副鼻腔炎」が治りません。

蚊はいないほいうがいいけど、あの大量の殺虫剤が土や海の流れ込むことを考えると、
ホテルにヤモリくんたちが少なかったことや、周辺の海にちょうちょう魚が少なかったことが
何か、とても心配になってしまいました。
人間にとって快適なことと、自然とはやはり共存できないのかなあ、と考えさせられました。

さて、それ以外ではほぼ大満足の滞在でした。
一日中とっても静かで、年齢層も高め。天気にも恵まれ、スコールも夜中にすごいのが
1回あったくらいで、ほぼ毎日太陽を楽しめました。

後から来たハネムーナーのカップルは「ボラボラはどしゃぶりで泣きそうだった」と
言っていたので、やはりこの季節、雨がどうしても心配な人はソサエティよりツアモツが良いのだと納得!
夜も蒸し暑くなく、快適でぐっすり眠れました。ソファーでのお昼寝も最高に気持ちよかったです。

水上バンガローは、私達は3でしたが、3,4,5,6が眺めも良くて私は好きです。
3,4,5,6のテラスからは朝日が見え、リ−フ内の静かで柔らかな海の色を楽しめます。

反対側からは素晴らしい夕日とリーフで砕けるワイルドな波の音が楽しめそう。
夕日はとにかく素晴らしかったです!!今までに見た夕日でも最高に幻想的で美しかったです。
デジカメでこの美しさを少し残す事が出来ました。

食事は朝はふつうのバイキング。フルーツはキウィーが絶品。
とにかくタヒチはどこでもバゲットが美味しいのでバゲット好きな私にはうれしい限り。
バゲットにチーズとハムをはさんでカシュク−ト風にして食べていました。
卵料理はバイキングに出ていない物は、頼めば出してくれます。
ポーチドエッグが美味しそうでしたよ。

昼はいろいろメニューがありましたが、やはり「サシミ」が美味しかったです。
チーズバーガーはそのものも大きいけど、付け合わせのフレンチフライの量がすごい!
ディナーが食べられなくなりそうでした。

ディナーは、前菜/主菜/デザートが何種類からかひとつずつ選ぶようになってました。
デザートはどれもこれもすごい量で、辛党の私達夫婦はほとんど「No sweet」でした。
チーズのデザートもあるのだけど、主菜まで食べたらもう入りません。
それに、「ブリー」と書いてあった日があって、ブリ−大好きな私は注文したのですが
ブリーじゃなかったんです。カマンベールより不味かった。哀しかった。
ワインはおひげのソムリエの人にお薦めを聞いてだいたい毎日それを頼んでました。
最後の夜は「モエシャンドン」なんて頼んでしまったのでした!!
値段はだいたい日本の東京と変らないか、少しお高いくらいでした。
バーには2名現地のタヒチアンで、日本で言う「ゲイ」の人が居て、とても楽しかったです。

ホテルの周りの海域でのシュノーケリングは、水上バンガロー2と3の間あたりがいちばん
魚が多くて楽しめました。ただ、バンガローからは直接海に入れないのでビーチエントリー
になります。
飛び込んだ方が早いかなあ、と何度も思いました。
パールビーチさん、ぜひ階段つけて!

モツへのピクニックもなかなか楽しかったけど、太陽が厳しかった。
バードアイランドへは、屋根のないスピードボートで行くので特に注意!!
バ−ドアイランド担当の「ウェアリー」さんは地元のタヒチアン。
逞しく、男っぽくてかっこいい。

土曜日の夜は、地元の子供達を中心としたダンスチームのタヒチアンダンスがあり、
あまりの「しろうとっぽさ」に、びっくり。
でも、可愛い女の子に誘われて一緒に踊っちゃった。

ここでまたびっくりしたのは、マニヒにはまだ「カイナビレッジ」しかなかった頃
ダイビング旅行で行ったときにとてもお世話になったブルーヌイの「ジル」さんに会えた事!
今、ボラボラに居ると聞いていたので、まさか会えるとは思わず、とてもうれしい再会でした。

最後の日の夕方、美しい夕日に向かって「ああ、もっと居たい。帰りたくないよ〜!!!」と
絶叫する私でした。来年も行くからね〜!!タヒチ。

  ∧∧
 (@@)もも姐



【インデックスに戻る】


もも姐 さん 情報でした!(01年11月ほかご旅行)



【01年10/8】 ティケハウ・パールビーチリゾート(プレミアム水上コテージ)に行ってきました!



ティケハウパールビーチリゾート(プレミアム水上コテージ)へ、2001年8/14〜21に行ってきました!

旅行したときの状況ですが、
流れが早くて、水上コテージから海には下りられませんでした。
床のガラスも開きません。

シャワーは体温よりやや高い程度。乾季だったこともあってか余計に冷たく
感じました。

ミニバーにはエビアンが2本入っています。水や缶ジュース、ビールなどは
バーで調達出来ます。

8月現在、ブティックはオープンしていません。オープン間近!という雰囲気でもありませんでした。
日焼け止め、プラスチックシューズなど、現段階では、現地調達は出来ないものと考えておいた方が良さそうです。

日本人スタッフは決まっているそうですが、現在はまだいませんでした。

朝食はビュッフェ、昼食はアラカルト、夕食は前菜、メイン、デザート各3種類の中から
好きな物を選ぶスタイルとなっています。

アクティビティ サンセットクルーズ、ラグナリウム、バードウォッチ、
モツピクニック、プライベートモツピクニック、ダイビング、
トゥヘラヘラ村を自転車で回るツアー
が行われていました。
室内備品 シャンプー、ボディソープ、クリーム
タオル、ビーチタオル、巨大な虫除けスプレー2種類
ティーセット、ポット、テレビ、金庫


【インデックスに戻る】


東京都 mamiさん 情報でした!(01年8月ほかご旅行)


【01年5/22】 早速行ってきました!ティケハウ・パールビーチリゾート!


2001年5月にティケハウ島にオープンした「ティケハウ・パールビーチリゾート」に早速泊まってきました。

このホテルには、ブルーヌイダイビングクラブがあります。
ボラボラとマニヒのパールビーチリゾートにあるダイビングクラブですが、ここのスタッフは本当にいい人ばかり。
体験ダイビングもお勧めです。


【インデックスに戻る】


東京都 Aquaさん情報でした!(01年5月ほかご旅行)


【01年5/8】ついにオープンしました!ティケハウ島の新ホテル!


マニヒ島やタハア島など、若干行きにくい印象があった仏領ポリネシア各島にリゾートホテルを
建設しているパールビーチリゾート。
今度は、噂のティケハウ島に、新ホテル「ティケハウ・パールビーチリゾート」をオープンさせました!
これから要注目の島とホテルです!

【インデックスに戻る】


旅行代理店さん&MD情報でした!


【2000年12/25】ファヒネ島旅行記!〜ソフィテル・ヘイバ・ファヒネほか〜


2000年8月22日発の飛行機は空席がかなり目立ち、喫煙の一番後ろを指定したため、
タバコを吸いに来る人が多く、11時間はこたえました。
でもシートをゆったり使えたのでよかったです。帰りは満席でした。

到着してからフアヒネのフライトまで3時間あるので、両替やお茶で時間をつぶしました。
飛行機はライアテア経由でしかも給油があり、フアヒネにいくのに2時間もかかりました。
上空からボラボラも見ることができ、海の色に感激しました。

空港に到着すると今回宿泊するソフィテルフェイバフアヒネの車が迎えに来てくれました。
ホテルまでは15分ぐらいです。
日本人は私達を含め4人でしたがテ・ティアレビーチのほうは日本の団体さんバス2台分が行ったので
びっくりしました。

私達の部屋は水上バンガローでしたがリビングが8人掛けぐらいのソファーで
ガイドブックには載っていなかったのですがベットルームにはガラス張りの床があって、
夜はライトアップできました。
ベランダも広く椅子が4つもあり、夜は一緒にチェックインした夫婦と毎晩お酒を飲みました。

ホテルの施設はレストランが一つであとはバーがあり、お昼はそこでランチがとれました。
値段は東京のホテルのレストランと同じ位ですね。
火・木・土はビュッフェで後の日はアラカルトでした。
ディナーは2人で一万円くらいでランチはマヒマヒバーガーやパスタで1000円くらいです。
味はまあまあですね。

今回ごくらくHPのおかげでカップラーメンをたくさん持っていったので本当に助かりました。
あと、マグカップにかけるドリップコーヒーを持っていったので、朝食はスーパーで買ってきたマフィンと
ヨーグルトで済ませました。

スーパーは港のあるファレにあるのですが、タクシーがない島なので送迎をしてくれる会社に予約し、
おすすめレストランと書いてあったティアレティパニエで夕食も食べ、
4人でオードブル3品とワイン2本とステーキを一人ずつ食べても一人3千円だったので、かなり満足でした。

ホテルではカヤックが無料なので、コテージ前の海で、のんびりこいだりして楽しめますが、
私達は2日間ジェットスキーで満喫しました。
1日目は3時間コースで2人で二万円で、インストラクターと共に30分ぐらい走り、
シュノーケルをして、その後エイを見に行き、ホテルルレマハナというホテルでカクテルをいただきました。
そのホテルは空港から30分ほどかかるとのことでしたが、ホテル前の海はサンゴ礁がたくさんあり、
シュノーケルには最高だと思います。
帰りには伝説?のホテル「ハナイチ」の前を通過しましたが、バンガローの屋根が一つ落ちていて
とてもホテルがあったとは思えない状態でした。

2日目はサンセットジェットスキーで17時から1時間コースで、例のホテル(レマハナ)でカクテルを飲みながら
サンセットを見ました。2人で15000円ぐらいです。
免許もないのにここまで運転させてくれて満足でした。

フアヒネの山と海の色は神秘的でやはり伝説の島なんだなあと感じました。
少し不便なところはありますが、のんびりするには最高の島ですね。

今回はボラボラがとれなくてフアヒネでしたが、今度こそボラボラ!と主人も言ってくれて、
また行けると思います。
もしフアヒネに宿泊の場合テ・ティアレのほうがお薦めかもしれません。
ファレまでの送迎ボートがあるし、設備もいいようです。
今回の水上コテージはかなり老朽化が進んでいて、トイレとかシャワーが恐かったので...

私達夫婦は旅行代理店勤務で今回はエアタヒチヌイの研修ツアーで申しこみました。
たぶん普通に申しこめばボラボラでOKだったと思います。


【Mayu旦那】
ありがとうございました!
今は営業されていないハナイティは、そんな状態だったんですか・・・。
テ・ティアレは99年オープンと新しめなだけあって、設備もいいのかもしれませんね。
貴重なファヒネ島のレポート、ありがとうございました!


【クチコミ・ホテル情報インデックスに戻る】


埼玉県 たにざき さん情報でした。(00年8月ご旅行)