【St.Regis Resort BoraBora(セントレジス リゾート ボラボラ)クチコミ情報】
 ※旧リッツカールトン系ホテル





タヒチ情報ごくらくボラボラに戻る ホテル一覧へ戻る 情報はお気軽に教えてくださいな


セントレジス リゾート ボラボラ情報!
INDEX 【2008年6/8】 セレブ御用達のセントレジスにて、お気に入りの音楽とコーヒーで優雅な時間を・・・。
【2007年3/11】 セントレジスにて日本人スタッフ増員のウワサ。&魚事情。
【2006年10/23】セントレジスにいる日本語を話せるスタッフは1.5人!?
【2006年10/16】 広い!なんとホテル施設内を自転車で移動・・・セントレジス!
【2006年8/22】セントレジスリゾートボラボラに泊まってきました!詳細レポート!
【2006年4/30】なんと、水上レストランもオープン予定!セントレジスリゾート!
【2006年1/25】
2006年5月オープン予定!ボラボラ島の新ホテル「St.Regis Resort BORABORA(セントレジスリゾートボラボラ)」
【2005年10/5】ボラボラ島に建設中の3つの新ホテル情報!
【2004年10/24】 建設中のホテル情報

【04年2/1】 ボラボラ島に新ホテル(リッツカールトン系)がオープン!?の噂





【2008年6/8】 セレブ御用達のセントレジスにて、お気に入りの音楽とコーヒーで優雅な時間を・・・。


2008年3月にボラボラ島のセントレジスに行ってきました。
ちょうど雨期ではなかったので、毎日いい天気でした。

セントレジスはセレブ御用達のホテルというだけあって、とても広くて装飾一つ一つがとても豪華でした。
50型位のテレビが居間とベットルームに各一台ずつあり、CDやDVDを持っていけば鑑賞可能です。

室内にはスピーカーが至るところについているため、ipod等の機器を接続すれば、バスルームや水上デッキの上にいても音楽が楽しめます

コーヒーメーカも完備してあったので、私はお気に入りのココーヒー豆を日本から持っていきました。
コーヒーを飲みつつ、水上デッキで海を眺めながらのんびり過ごす時間は最高でした。

ホテルの敷地内は、カートまたは自転車で移動することができます。

敷地の奥の方にはスモールラグーンがあり、シュノーケリングも楽しむことができます。
スモールといってもかなり広く、たくさんの色とりどりの魚やウミガメと一緒に泳ぐことができ、餌付けもでるため、十分楽しめました。

水上コテージでも海に入れますが、水深5メートルほどあり、あまり魚がいないので、私たちはほぼ毎日そこで泳ぎました。
ただウニがたくさんいるので、アクアシューズは必須です。
シュノーケルとフィンは部屋に完備されていますが、私たちは念のため日本から持っていきました。

自転車のほかに、2人乗りカヌーも無料で貸し出してくれます。

一日ボラボラ島一週ツアーにも参加し、ボートでいろいろなシュノーケリングスポットに行きましたが、セントレジスに泊まるならば、正直参加しなくても十分楽しめるかと思いました。(ホテルそのものが観光地なので、外に出てしまうのはもったいない気がします。)

ボラボラ島の本島やホテルの近くにシュノーケリングスポットがない場合は参加すると旅が充実するかと思います。

ホテルには、日本人スタッフの方が一名いまいたが、忙しいらしくあまり接触する機会がありませんでした。
ほとんどが外国人スタッフなので多少英語が話せたほうがベターもしれません。

レストランは三つ星シェフがいるというフレンチと寿司処、シーフード中心のレストランがありました。
すべて行きましたが、改めて日本の食文化の高さを認識しました。

売店もありますが、物価が高いのでお菓子や軽食類は日本から持って行った方が無難でしょう。
ミネラルウォーターは適宜補充してくれました。

スパミリミリではとても優雅な時間を過ごせますが、私の場合、日焼けして触られるだけでヒリヒリして痛かったので、あまり効果がなかった?気もします。

日焼け止めはもちろん、日焼け後のローションを大量に持って行くことをおすすめします。

【インデックスに戻る】


神奈川県在住 mokoさん からの情報でした! (2008年3月末ご旅行)


【2007年3/11】 セントレジスにて日本人スタッフ増員のウワサ。&魚事情。



2006年10月に新婚旅行でセントレジスリゾートに行きました。
値段設定は高めでしたが、施設はオープン間もない事もあって大変綺麗で大満足でした。

ホスピタリティとかのソフト面は南の島な事もあって特に期待していなかったのですが、思いの外良く、良い意味で裏切られた感じです。
アメリカ系のホテルチェーンとは思えない位でした。
特にバトラーの対応が良く、色々とお願いしました。
ゲスト数が少なかったので2回程あったカクテルパーティーは色々なゲストやスタッフと話せてとても楽しかったのを覚えています。

欧米人が殆どなので日本語は使えませんでしたが、GMが日本人のスタッフを増員する予定と言っていたので、そうなると少し良いかもしれませんね。

その他の点ですが、ビーチに関しては砂地なのでお魚は殆どいませんでした。シュノーケリングは意味ないですね。
部屋とかプール、ビーチでゆっくり読書するタイプの人にはお勧めです。

後、ミリミリスパはアメリカ人の夫婦が全然ダメとぼやいてました。(これは主観なので、何とも言えませんが。)

【インデックスに戻る】


みかりん さん からの情報でした! (2006年10月ご旅行)


【2006年10/23】 セントレジスにいる日本語を話せるスタッフは1.5人!?


2006年10月にセントレジスリゾートに泊まってきました。
すでにクチコミ情報が出てますが補足で・・・

・新しいせいか日本人客の姿はまばらです。
 私達が滞在している間、確認できたのは私達を含め4組だけでした。

・ホテルには日本人スタッフが1名、「スギムラ」さんと言う若い男性の方がいらっしゃいます。
 フロントオフィス担当の様です。
 が、私達は最終日にやっとお話する事ができましたが、かなり忙しそうで中々会えないかもしれません。
 と言うわけで、仏語は不要ですが、中学レベルの英語力はあったほうが滞在中は便利だと思います。
 あ、ビーチ前のレストランに居るタヒチアンのお姉さんで、カタコトの日本語を話す人が居ます。
 「おいしいですか?」って聞いてくれます。(笑)

・'06/10の段階でもスシバーはまだオープンしてませんでした。

・歯磨きセットはアメニティーの中にはありません。
 が、バトラーさんに頼むと歯ブラシと歯磨き粉を持ってきてくれます。(ちょっと大きめですが)

・食事は全てビーチ前のレストラン「Te Pahu」で済ませました。
 私達は滞在中の全食事付きだったので、あんまり気にしていませんでしたが、
 食事の価格はざっとこんな感じでした。

 1) 朝・昼のご飯メニューは1品1600〜3000cfp。
 2) ディナーは1品2500〜5000cfp。
 3) 飲み物は350cfp〜(ヒナノビールが700cfpぐらい)

 だいたい2名だと飲み物込みで、朝が7000cfp程度、夜で17000〜20000cfpぐらいでしょうか。
 味はまぁまぁって感じ。喰えない様な物はさすがに出ません。
 地の物が食べたい人はぜひ魚料理を。
 ディナーに現れる地魚の燻製は抜群です。
 ボラボラは物価が高いとは聞いていましたが、ま、高級リゾートでこの値段なら・・・・
 ちなみにルームサービスにすると+1000cpfになります。

・リゾート内は結構広く、水上ヴィラとレストラン等の各施設とは徒歩で5〜6分
 (スパだと10分以上)かかるので、カートでの送迎が待てないせっかちな方は、
 アクティビティーデスク(ビーチ前の詰め所??)で、自転車(MTB)を借りる事をお勧めします。
 どうやら無料の様です。
 私達は借り方に気付いたのが最終日だったのでずっ〜と徒歩で移動していました。

・ヴィラの周囲は水深5mぐらい。
 日や時間によっては濁ったり、潮の流れが速くなったりしました。
 泳ぎが苦手な人は浮き輪必須。
 忘れたらおとなしくビーチかプールへ行って下さい。
 各ヴィラに漁礁はありますが、前レポの通り、ヴィラの周囲にはそんなに魚は居ません。
 夜になると明かりに誘われてるのでしょうか、ガラス張りの床下の漁礁にソコソコ現れてくれます。
 シュノーケリングがメインの人はがっかりするかも。

最後に。。。
 全く関係ないですが、噂のロイヤルスイート
 ビーチ前のレストラン「Te Pahu」の裏手ぐらいにあります。
 超巨大です。。。
 私達が宿泊している間は毎日明かりは灯っていました。
 お金持ちってやっぱり居るんですね。。。
 
スタッフの方はほんとにフレンドリーで、滞在中はのんびり優雅に過ごせました。
また行きたいな、と思わせてくれるリゾートでした。
とは言え、さすがに価格が価格なんで、
気軽にもう一度・・・と言う訳には行かないのですが。(泣)

【管理人】
ホテルに歯磨きセットなどは日本では当たり前??ですが、海外では必ずしもそうではないかもしれません。
(ないほうが普通かもしれません。。日本人のほうが特殊!?)
いっそ持って行ってしまう!というのもアリかもしれませんね。

【インデックスに戻る】


ふぉりお さん からの情報でした! (2006年10月ご旅行)



【2006年10/16】 広い!なんとホテル施設内を自転車で移動・・・セントレジス!



2006年9月にボラボラ島のセントレジスリゾートに泊まってきましたのでレポートします!

●食事
水上レストラン(夜のみ)
・プール横レストラン(朝〜夜まで。各食事時間ごとに休憩)
・プール横カフェ(軽食中心。バーもかねている。昼〜夜)
・上記と別に、24時間部屋へのデリバリー可能(デリバリー料別途1000cpf)
----------------------------------------------
食事は基本的に大味で、ボリュームがありました。
全てのレストランが、味付けが似ているので、若干飽きましたが・・・
甘党の私は、デザートに大満足でした。
特に、水上レストランは、メニューが少ないので、滞在が長期になる食いしん坊の方は、プール横レストランや、
デリバリーを利用して、飽きないように調整されることをおすすめします。
ワイン好きの方は、ソムリエがいるので、希望すれば対応してもらえるようです。

●その他の施設・サービス
・フィットネスジム(24時間利用可)
・スパ(フィットネスと同じ敷地内)
・売店(衣類販売1、真珠販売1、雑貨・土産物1)
・図書室(利用時間は不明ですが、PC3台ありました。日本語は不対応)
・テニスコート
・送迎
----------------------------------------------
フィットネスは、ウォーキングマシンやエアロバイクのほか、トレーニングマシンもそろっていて、
狭いながらもなかなかの設備でした。
ヨガマットもありました。

冷やした500mlのミネラルウォーターが飲み放題になっていて、ナツメヤシやりんごも食べ放題になっていました。
冷やした濡れタオルと、乾いたタオルもあり、着替えさえ持っていけば、あとは何も必要ない感じでした。
ただ、トレーナーがおらず、夜はちょっと行きにくいかも・・・
実際に使っている人は私たち以外見かけませんでした。

売店は、歯ブラシやカミソリほか、化粧水や日焼け止めなども
売っていました。おみやげも少ないながらありました。
アメニティで不足していて困るものは基本的にここでそろいます。

また、図書室は本がほとんどありません
ちびっこが来た時に、ちょっと読める絵本が数冊ある程度でした。
PCが奥の方に3台置いてあり、パスワードなしで自由に利用可能でした。
ただ、日本語のソフトが入っていないようで、メールなどは難しいかも。
かつ、遅かったです。

テニスコートはいつでも利用可と言われましたが、暑いからか、
使っている人を1度も見ませんでした。

送迎は、電話でバトラーを頼めばいつでも来てもらえますが、
ぶらぶら歩いても楽しいので、ほとんど歩き通しました。
白人系の方が施設内で借りられる自転車でうろうろしているのを
みかけました。
プールサイドのアクティビティー受付に借りに行きましたが、
出払っていて借りられず。無料のようでした。
レストランに、自転車で来ているつわものも見かけましたが・・・w


●アメニティ・備品
・シャンプー
・コンディショナー
・せっけん
・シャワージェル(液体ボディーソープ)
・ボディークリーム
・綿棒
・コットン
・タオル(海用と部屋用)
・スリッパ
・バスローブ
・体用スポンジ
・ドライヤー(かなりの風量でした w)
・足ひれ・シュノーケルマスク・持ち運び用メッシュバッグ
・大量のハンガー

※カミソリ、歯ブラシはありませんでした。
----------------------------------------------
シャンプー他お風呂系のアメニティは、使い切っていないのに
なぜか新品が2日目に届けられびっくりしました。
肌がそんなに強くないほうですが、ここのアメニティは嫌な感じがしませんでした。

タオルは本当にいっぱいありましたが、風呂の設計上、
風呂周辺がどうしても水浸しになってしまい、床を拭くのに使いました。
バスローブは、なぜか滞在3日間中、変えてくれませんでした。
かといって、汚れていないので別にいいのですが w


●その他のコテージ内設

・備え付け冷蔵庫内の水と別に、500mlペットのミネラルウォーター2本が無料
・エアコン
・液晶の大型TV2台
・CD・DVDのレンタル表
・食事デリバリーメニュー表
・電話3台(リビング・ベッドルーム・トイレ)
・デッキにシャワー&ビーチベッド2台
----------------------------------------------
500mlペットのミネラルウォーターが無料でした。
私たちの部屋だけかもしれませんが、冷蔵庫ではないところに
2本だけ分けて入っていました。

エアコンは、風が強い上、朝晩は夜露があるくらいでしたので、
使いませんでした。

CD・DVDは一覧表がありましたが、特にDVDは日本語の映画が
1本(しかもゴジラ w)のみでした。
スペイン語・フランス語・英語の3ヶ国語はほぼすべて
対応でした。


●海・プール・魚
・水上コテージ:デッキからいつでも飛び込み可
・ビーチ:17時までにビーチに行けば、ビーチベッド利用可
・ラグナリウム:誰もいません
・プール2つ:24時間入れます
----------------------------------------------
当たり前ですが、水上コテージからはいつでも海に飛び込めます。
引き潮で少し水がにごるような気がしましたが、エイと、ボラ(ちがうかも w)
ほか、少ないながらも常に魚がいました

ビーチは17時過ぎると、全く人がいなくなります。
入る分には勝手ですが、17時前までは、プールサイドのカフェから
ドリンクのオーダーを取りに来てくれます。
また、ビーチベッドのタオルも持ってきてくれます。
カヌー(自分で漕ぐ)は無料で借りられるようです。

ラグナリウム自前の池)が、スパ&フィットネスの側にあります。
ここの書き込みを見ていったみたのですが、本当にすごい数の魚です!
ほんの少しパンくずを持って行ってみましたが、手から魚が
パンを食べるくらいに近づいてきます。
シュノーケルはしなかったのですが、海亀を目撃できて感激しました。

プールはバーやレストランの側に1つと、水上コテージ群の側に1つあります。
バー側のプールもビーチと同じく、17時頃までは、ビーチベッドの手配を
あれこれとしてもらえます。
夜は水に入るのがちょっとためらわれるくらいに冷えるのですが、
何人かの白人系の方がバーに飲み物を頼みつつ入っていて
やや驚きました。


●全体的に・・・
私見ですが、感想を。
この書き込みにもありましたが、本当に海がキレイで、とにかく
海を見たり、海に入ったり、のんびり景色を楽しむための施設と感じました。

セントレジスには3日間いましたが、食事にやや飽きた以外は、本当に
のんびりしました。
部屋もお風呂も、施設も本当に広くて、快適でした。
コテージの外に出ても、ほとんど人に会いませんでした。

スタッフの方は本当に親切で気持ちよく、ひどい英語やフランス語でも
がんばって聞こうとしてくれます。

また、敷地がとても広いので、毎日うろうろしていても飽きません。
たくさんの名前の分からない植物が実をつけたり、花をつけていて
それを観察しているだけでもあっという間に時間が経ってしまいます。

施設内の様子は、部屋の施設案内を丁寧に読むと分かりますが、
聞いたらなんでも答えてもらえますので、分からないことはどんどん
聞いてしまったほうが早いです。

ただ、バトラーサービスは100%機能しているとは言いがたく、
最終日のチェックアウト時に「迎えに来て」と連絡してから、
30分待ち、空港までの船の時間が決まっていたため、
さすがに冷や汗をかきました。

その他、朝ごはんの時間(デリバリーをお願いしたので)は、ぴったり
定刻だったりして、相互の連絡がいまひとつなだけで、いいサービスを
したいという気持ちはスタッフに共通しているのかしら〜と思いました。

【インデックスに戻る】


東京都在住 小旅おやつ さん からの情報でした! (2006年9月ご旅行)



【2006年8/22】 セントレジスリゾートボラボラに泊まってきました!詳細レポート!


2006年8月のお盆の時期にセントレジス行って来ました。
出発前にこちらのサイトで情報を集めさせていただいたので、皆さんへのお礼の気持ちで。御参考までに。
セントレジスはまだ情報が少ないと思いますので、思い出せるだけの情報を挙げておきます。

お部屋は広くて本当に快適。備品も色々そろっていて気が利いてます。

 ・エアコンはついてるけど、風がとおるので必要ないかな?

 ・TVは大画面が2つBOSEのステレオはリビングとバスでそれぞれボリューム調整可能

 ・シャンプー、コンディショナー、バスジェル、ボディローションはイタリア製「Aqua di Parma」のもの。香りGOOD。

 ・スリッパ、バスローブ(サッカー生地でさらさら)完備です

 ・ビーチタオルも布製の手提げに入ってお部屋に常備されてます。通常のタオルはわんさか置いてあります。

 ・備え付けのドライヤーの風量も豊富で快適

 ・ミネラルウォーターは500mlが2本、コンプリメンタル(無料)です。

 ・デッキにある木箱の中にシュノーケルマスクとフィン(新しい!)、メッシュきんちゃくあり(便利!)
  フィンのサイズ交換はビーチボーイの詰め所?にて。素足でのフィッティングも可ですが、シューズ履いての
  フィッティングもOKとのこと。遠慮なくサイズ交換してくれとのことです。


リゾート内は広いですが、端から端まで歩いて15分ぐらいでしょうか?電動カートを呼ぶと来てくれますが、忙しいようで「呼んでから15分後ぐらいになります」とのこと。時間通りに来なかったりもするので、歩いてゆっくり周りを見ながら移動するのがいいと思います。いろんな発見があります。

 ・スパは18時受け付け終了で19時に閉店。メニューは英語と仏語がある。

 ・ジムは24時間OKで、部屋のカードキーで入出。

 ・ショップは2つ開いてますが、あと3つほど準備中。ショップの前の池?にも魚(サメも)居るので
  上から見て楽しめます。

 ・ショップは空港の売店とほぼ同じ値段かちょっと安かったです。趣味のいいものも多かったので、
  買い物はここで済ませました。

 ・レストランは意外にすいている。お部屋で食事する人が多いのか?メインダイニングは量少なめ。
  でもゴージャス!

 ・すし屋はまだオープンしてませんでした。

 ・図書室?にコンピューターが3台ほどあった気がします。図書は少なめ。

 ・CD、DVD等はバトラーに言えば持ってきてくれるそうですが、利用してないのでよく分かりません

 ・ヴァイタペへの無料送迎は3往復程度。時刻表は施設案内ブックの中に。メリディアンとのシャトルもあった。

 ・ベッドメークはお昼前と20時半ごろの2回。夜の回でミニバーのチェック(コンプリメンタルの水の補充も)と
  ビーチタオルの交換があります

◆お魚は?
モツにある宿に共通するのでしょうが、お魚は少なめです。
ただ、ガラステーブルの真下の海の中に漁礁が沈めてあるので、魚がついています。
私達の部屋の下には、コバルトブルーのスズメダイ、チョウチョウウオ、マツカサウオ、ハコフブ、ハリセンボン等が居ました。
少ないながら楽しめましたよ。ただし、水が濁ってることが時々あります。
夜はライトをつけられるので、つけておくと昼とは違った魚が集まってきてそれも楽しいです。
また、ある日の夕方、日没を眺めようとデッキにいたら、1m弱のマダラトビエイが泳いできて私達のバンガローの下を旋回して去っていきました。ちょっと感動。

◆なんと言ってもお勧めは自前のラグナリウム(リゾートの東の端)
ジム&スパは自前のラグナリウムの中の島に建てられていて、このラグナリウムに沢山のきれいな魚達海亀が1匹います。
シュノーケル可能ですので、是非試されることをお勧めします。
特に魚がいっぱいいてきれいなのはレセプション方向から歩いていって、左の奥
海水の取り入れ口があって水流が早いのですが、その周辺にいっぱいきれいな魚がたまっています。
変わったところでは私が行ったときは、アナゴがきりもみ状態で海流にもてあそばれてておかしかったです。
海亀は神経質なのであまり近づけませんが、同じ空間(水域)で泳ぐことが可能です。
奥の場所以外では魚は少なめです。

◆注意点は?
バトラーは何でも頼めるけど、逆に頼まないと手に入らないというのが面倒といえば面倒。
それと連絡・連携がまだうまく行ってない感じでした。
日本人スタッフは1名で、私達は話す機会は無かったのですが、奮闘されていたようです。
バトラー、ルームサービスの皆さんは英語をしゃべりますが、仏語アクセントがきつい人が多いのでちょっと分かりづらかったです。

 ・カートは呼んでから15分後
 ・ルームサービスは頼んでから45分後
 ・朝食は6時半からということでしたが、レストランに行ったら「7時からです」といわれた
 ・部屋に常備されているホテルの施設案内ブックにルームサービスメニューが無かったので
  バトラーに頼んだら30分かかった
 ・モーニングコールをオペレーターに頼んだら、かかってこなかった
 ・電話機でモーニングコールを設定するには、該当のボタンを押し(ガイダンスが仏語ですが)、
  普通に時刻を4桁で入力すればOKでした。(例;0715=7時15分)

時間にとらわれないで行動するべき場所だなーというのを実感します。
でも、スタッフは本当にみんな親切で快適です。
お部屋も広くて快適なので、お部屋&施設内でゆったりすごすのがいいなあと思いました。

ホテル施設案内のブックが簡単な内容しか書いてないので、一度散歩がてら施設内を歩いてみて、
それぞれの設備のスタッフと話したりするとより概要がわかって楽しいと思います。
英語でOKです。みんな親切です。

【管理人追記】
たまくろーサン、ありがとうございます!話題のセントレジスリゾート・・・
さすがに豪華そうですね。
ホテルにはバトラー(24時間いつでも宿泊客の面倒を見る執事のようなスタッフ)がいるんですね。。
島の東側モツにあるホテルとしては珍しく、バイタペへの送迎があるというのも嬉しいですね!
あのあたりの海は時折、白濁する時もあって、それがいい、という人もいるようです。
入浴剤のような色とでもいうのでしょうか。
セントレジスリゾートのファーストゲストとして最高級ヴィラに泊まった「あの人」の情報をメールマガジンでも
ちょうど紹介したところなので、嬉しいタイミングのレポートした!
http://blog.mag2.com/m/log/0000013112/107578377.html (該当メルマガのバックナンバー)

【インデックスに戻る】


東京都在住 たまくろーさん からの情報でした! (2006年8月お盆の時期ご旅行)



【2006年4/30】 なんと!水上レストランもオープン予定!St.Regis Resort BORABORA(セントレジスリゾートボラボラ)


もうすぐオープン予定(2006年6/20になったようです)のセントレジスリゾートについてです。
Starwood Groupの最上級ブランドリゾートとしてオープンされます。
ずっと、ごくボラさんでもウォッチされていて、既に紹介されているとおり、スタンダードな
デラックス水上ヴィラでも144uという広さ


大人専用のプールなどもあり、優雅な時間が過ごせるようにデザインされているようです。
また最近のタヒチのホテルの流行どおり、スパ施設も併設されていて、タヒチ流・バリ流の
トリートメントが受けられる模様。

また注目なのはレストラン。なんと水上レストランが建設されています。

豪華なホテルが多いボラボラの中でも他にないような広さと豪華さを伴ったホテルになりそうです。

【インデックスに戻る】


ボラボラ在住の方からの情報でした!




【2006年1/25】
2006年5月オープン予定!
ボラボラ島の新ホテル「St.Regis Resort BORABORA(セントレジスリゾートボラボラ)
」!


ボラボラ島のメリディアンホテルの北側に建設中だった新ホテルの名称が「St.Regis Resort BORABORA
(セントレジス リゾートボラボラ)」に決定した模様です。(2006年5月オープン予定)
既にお伝えしていましたとおり、元はリッツカールトン系のホテルとして建設されていたホテルでしたが、最終的には
Louis Wan 氏が買い取って、Starwood Groupのホテルブランドとして運営が決定しているようです。

総客室数は、当初の噂よりはだいぶ減って91室となったようです。
モアナリゾート(インターコンチネンタル)やホテルボラボラといったクラスより値段が高いようです。
※ヌイリゾートの一般的な水上バンガロー(ホライズン水上ヴィラ)と比較しても高い価格帯だそうです。

価格帯が高いだけあって、室内も広く、「デラックス水上ヴィラ」という部屋で144u(うちテラス49u)という
とんでもない広さです。
※室内がすごく広いと言われているヌイリゾートのホライズンロイヤルスイート水上ヴィラでさえ135uです。

もう呼び方も水上バンガローでなくて、水上ヴィラなんですね。。
※villaは英語で「上流階級の人が保養地などに持つ広い庭付きの大邸宅」。
 転じて、リゾートホテルにおいて一戸建ての体裁をなす高級な客室を指すようです。

また、現段階では、オープン当初、日本人スタッフはいない模様。(採用についても未定)
基本的に英語での案内になるとのこと。

なお、オープンまでに情報が変わる可能性もありますので、詳しくは旅行代理店などにも
お問い合わせください。

【インデックスに戻る】


管理人からの情報でした!



【2005年10/5】 ボラボラ島に建設中の3つの新ホテル情報


ボラボラ島のメリディアンホテルの近く(北側)に建設中という話が以前からあったリッツカールトン系の
ホテル
ですが、リッツ〜は手を引いたようです。
ただ、リッツカールトンになるはずであったホテルは2005年10月現在、
タヒチの真珠王(世界最大の真珠養殖業者)「Robert Wan(ロバート・ワン)氏」のファミリー
(Louis Wane/ルイス・ワン氏)が買いとり、そのまま継続して建設中
です。
ホテルのブランドは、St. Regis Royal Bora Bora Resort & Spa という仮称です。
(ご存知ヌイのStarwood Groupです)

場所はマップをご覧ください。

※ロバート・ワン氏の情報は以前こちらにも掲載しました。

また、同様にインターコンチネンタルフォーシーズンは2005年10月現在、
双方ともに建設中です。メリディアンの並びになります。

ということで現在メリディアン近辺には合計3つの新ホテルが建設されている状況のようです。、

インターコンチ系の新ホテルの正式名は、インターコンチネンタル リゾート&タラソスパ ボラボラです。
仏アルゴテルム社のタラソスパや100uを誇る水上ヴィラ、海底600mからくみ上げたボラボラの海洋深層水で
行う空調システムなど新しい試みが沢山のリゾートです。2006年5月のオープン予定です。

ボラボラ東部はMotu Omeから Motu Pitiaauまで超一流ホテルが居並ぶエリアとなりそうです。

【インデックスに戻る】


管理人からの情報でした!



【2004年10/24】 建設中のホテル情報


ボラボラのメリディアンのモツの、北側にリッツ、南側にインターコンチを建設中でした。
建築資材を積んだ小さな船が行き来しています。
大型船は浅くて入れないんでしょうね。

【インデックスに戻る】


さっちょ さん情報でした!(2004年9月ご旅行)




【04年2/1】 ボラボラ島に新ホテル(リッツカールトン系)がオープン!?の噂



2003年11月にボラボラ島に行ってきたのですがオプショナルツアーに参加した時にガイドの方が
「2年後にリッツカールトンが出来るそうで、180程の水上コテージが作られるらしい」
言ってました。
かなりビッグビジネスだそうで、ガイドの彼はクレイジーを連発していました。



【インデックスに戻る】


神奈川県在住 まるる さん情報でした!(2003年11月ご旅行)