〜現地日本人の方からのオススメアクティビティ情報〜



ごくらくボラボラは現地で活躍する日本人の方や日本にゆかりのある方を紹介していきます!



管理人の keemaです!
「ボラボラ島には沢山のアクティビティがあって、どれに参加していいか迷う」・・という声もよく聞きます。

ボラボラに来る前に日本で11年間プロミュージシャンとして活躍されていたフレッドさん(日本語ペラペラ)と日本人の奥様フキコさんが主催するアクティビティ「ボラボラディスカバリー」は、いろいろなアクティビティを良いとこ取りをしているような、かゆいところに手が届くツアーだとのこと。

最近、Q&Aやクチコミ等でも、好評な書き込みが多いようです。
皆さんからいただいたラグーン一周ツアー比較表などを見ても、ボラボラディスカバリー・・・なかなか良さそうなツアーのようです。
今回ひょんなことから現地のフレッドさん&フキコさんにもお話をお伺いする機会があり、ごくらくボラボラでも紹介せねば・・ということで、特集ページを作ってみました!

さぁ、早速いってみましょーー!



題して・・・ボラボラディスカバリー大研究! (一部、不慣れなインタビュー方式そのままでお届けします!)

※このページの内容は2008年6月に伺ったものを掲載しています。変更点の有無などご心配な場合は直接ご確認願います!




フレッドさんによると「ボラボラディスカバリー」には2つのアクティビティがあるようです。

日本語ガイド付きでラグーンを1周しながら、ポイントを押さえたアクティビティを1日で全て体験できる、フレッドさん曰く「他にはない盛りだくさんのツアー
・サメの餌付け
・エイのタッチング 
・マンタポイントでのシュノーケリング 
・モツ(小島)での休憩とタヒチアンランチ ※晴天時は浅瀬テーブルでの食事 
・体験ココナッツ割り
・パレオの巻き方デモンストレーション 
・初代ミス・ヒナノ(ヒナノビールのロゴのモデルになった方)によるポワソンクリュの作り方
 デモンストレーション 
・コーラルガーデンでのシュノーケリング 
・ラグーン1周クルーズ
元々ダイビングサービス等でもフレッドさん達は働かれているので得意分野でしょうか




Keema  このツアーはどういったツアーですか?

Fred  ボラボラ島で唯一の日本語ガイドによる、サメの餌付け、シュノーケル、モツでのランチを含んだボラボラ島一周ツアーです。

Keema なるほど〜、特徴はどんなところでしょう?

Fred  ボラボラ島の代表的なアクティビティを1日で全て体験できて、日本語のフルガイドでボラボラ島についての様々な説明を聞けるところが最大の特徴かな。
他のツアーでは知ることの出来ない、ボラボラ島のあれこれを、日本人ガイドの説明でたくさんディスカバリーできます!
しかも、たっぷり6時間のツアーなので、ゆっくりとくつろぎながらボラボラ島をたっぷり堪能できます!

Keema たしかにボラボラに行ったとき、歴史とかどんな島なのかとか、じっくり説明してもらう機会って実はあまりないですよね。 
シュノーケリングはどのポイントでできるのですか?



Fred  ボラボラ島でも有名なシュノーケリングポイント「コーラルガーデン」です。ボラボラに行ったら是非ここに行ってもらいたいですね。
それと、ボラボラ名物の巨大エイ「マンタ」が現れることが多いダイビングスポットしても有名な「マンタポイント(マンタレイバレー)」でもシュノーケリングします。これは、なかなか珍しいかもしれませんね。運次第でマンタに会えます。

※2006年6月現在、ボラボラ島マンタポイントの
 マンタ遭遇率が落ちているようです。早く昔の
 ように遭遇率90%なんていう状況に戻ってくると
 いいですね。
※コーラルガーデンは、ごくらくボラボラの地図のC4エリア、マンタポイント(マンタレイバレー)は同C2エリアにあります。


※コーラルガーデン、セカンドコーラルガーデンなどの場所はこちらでも紹介しています。

Keema コーラルガーデン!手間をかけずに、このポイントに連れて行ってくれて魚たちと戯れることができるのは嬉しいかも。
ホテルのまわりに魚が少ない・・なんていう情報があっても、ここにいけるなら満足できそうですね。

それと、マンタポイントのほうはダイビングスポットとして聞いてましたが、シュノーケリングもできるんですね。
でも個人でマンタポイントに行ってシュノーケリングをするのは難しいはず。 船が通る海路だったり、モツからも本島からも離れているのでアクセスが難しかったりしますから。

私はダイビングはやらないので、シュノーケリングでこのポイントを泳げるのはすごく嬉しいです。行きたくなってきました!(インタビュアーのほうが少々興奮気味!)

ん?でも、泳ぎが不得意(体験ダイビングで溺れて死にそうになったことあり)だからマンタポイントみたいなダイビングポイントだと水深があって心配です・・・

Fred  だいじょうぶ、心配しないで。ライフジャケット完備で泳ぎが苦手な方も安心です。水泳が得意なクルーが皆さんを手取り足取りサポートしますよ。 ボートに残る、なんて言わないで是非チャレンジしてみてください!

とにかく、ホテルによって周囲の魚の多さに違いがありますから、ぜひボラボラ島の代表的なシュノーケリングポイントにも行ってみて欲しいですね。



Keema ホテルによって違いがあると言えば、景色もそうですよね。ランチタイムにいくモツはどのあたりですか?

Fred  景色が良いと評判のモツ・ピティアアウ(ボラボラ島の南東部の南北に細長いモツ)の南端です。

さんご礁とオテマヌ&パヒア山を両方眺めることが出来る上に、ラグーンのブルーのグラデーションが素晴らしい絶景です。

食事はバラエティ豊かなタヒチアンランチです。
テーブルを浅瀬にセッティングし、すばらしいラグーンを眺めながらランチをお楽しみいただけます。!
(写真は浅瀬にテーブルセッティングをした様子です。クリックすると大きな写真になります)

浅瀬セッティングは天気が許す限り、基本的に毎日やっています。
プラモツ以外でこれをやっているのは、今のところ、ボラボラディスカバリー(BBD)だけだと思われます。食事が終わって、のんびりとテーブルでくつろいだりされている方も多いです。

ランチ後は、ホワイトサンドのモツのビーチでのんびりしたり、目の前の浅瀬でシュノーケルを楽しむこともできます!



Keema なるほど〜。自分が泊まっているホテルからの景色と比べてみるのもいいかもしれませんね。
それから伺っていると、ランチタイムのモツステイは、確かに最近話題のプライベートモツピクニック等に似ている感じもしますね。
でもプライベートモツピクニックは最近人気がでてしまって値段も沸騰・・。当初は2人で2〜3万円等といったクチコミ情報だったのですが、最近は8万円とかそういう金額のものもでてきて、すごいことになっちゃってますよね。。
ボラボラディスカバリーだと2人きりっていうわけではないけど、モツピクニックの楽しさは味わえるかもしれませんね。
そのほかは、どんなことをするんですか?
ベテランで安心感タップリ、愛嬌たっぷりというキャプテン・ケピさん


Fred  評判がいいのがココナツショー。体験ココナツ割りのイベントがあって、とれたてのココナツジュースを頂くことができます。まさに南国!といったこのイベントにも是非トライしてみてください!

もちろん、ごくらくボラボラを見ている方々がご存知のとおり、ボラボラ定番のシャークフィーディングやエイの餌付け&タッチングも大好評ですね。

ボラボラ・ディスカバリーが行くエイのポイントのエイたちは、餌付けでとてもなついているので、人が近づいても警戒することがありません。
また、毒針はすべて取り除かれていますので、針に刺されて怪我をすることはありません。
安心してエイと思いっきり遊べます!

目の前で繰り広げられる迫力のサメの餌付けショーとフレンドリーなエイたちを楽しんでください。


keema そういえば、最近、新しい内容が加わったという話を、参加した方から聞いてますが、どんなものでしょう??

Fred

情報が早いですね〜。
実は、最近、ランチで上陸するモツの休憩時間を利用して、2つほど新しい趣向を取り入れました。

ひとつめは・・・「パレオの使い方(女性用・男性用)のデモンストレーションby日本人ガイド」

そして2つめは・・・「家庭料理の代表・ポワソン・クリュの作り方のデモンストレーションby元ミス・ヒナノ」
です。
元ミス・ヒナノの彼女は「ヒルダさん」といって、初代ミス・ヒナノです。
なんとあの「ヒナノビール」のロゴのモデルです。(一番最初のロゴのモデルになって、それから少しずつ部分的に変わって今のデザインになっています)

パレオの使い方デモンストレーション
(バックの海がまたキレイ・・)

このとおり!皆さんもせっかくタヒチに来たのだから
パレオにチャレンジしてみてください!

初代ミス・ヒナノ「ヒルダさん」による
ポワソンクリュの作り方デモンストレーション

家庭料理の代表、ポワソンクリュのできあがり!



Keema 初代ミス・ヒナノさん(ヒナノビールのロゴのモデルさん!!)にもお会いできるんですね!
ポワソンクリュを作っているお写真の方がそうでしょうか。。昔のお写真も見てみたい気が・・(笑)。

タヒチといえばパレオが有名ですけど、私の場合、せっかく買っても巻き方が分からなくて、
可愛げなく、マントのように羽織ってるだけでした。。巻き方、ぜひぜひ教えてください(涙目)・・。

奥様のフキコさんは登場しないんですか?


Fred 
日本語ガイドの「ひろみ」さん
実は・・・、ガイドだったりマネージャーだったりします!(現在はマネージャーです!今でも時折ガイドをするときもあります。。運が良ければ !? )
船には音楽係のクルーもいて、道中タヒチアン音楽を聴きながらボラボラ島を楽しむことができます。


船でボラボラ島を一周クルーズできるので、ラグーンを色々な角度から、すべて見て回れます。
Keemaさんは、どのあたりの海がお気に入りですか?


Keema うぬ、、逆質問ですね・・(焦)。
私はボラボラ島の北西部モツ群のあたりのラグーンが好きです。あの中にMotuTaneという小島があって、FareCorailというペンションにもステイしたことがあるのですが、プライベート感が抜群で海の色も、とても綺麗でした。
私の中では、ボラボラ島といえばあのあたりの海の印象が強いです。

今はフランス人のデザイナーさんのプライベートアイランドになってしまって
泊まれないんですよね。 


Fred  ボラボラ島はその場所場所で、いろんな景色を見せてくれますよね。
私たちもボラボラ島の様々な横顔をディスカバリーして、皆さんに紹介できたらいいな、と思っています。


Keema   なるほどぉ〜!
とにかく、フレッドさんのところは例のプライベートモツピクニックのように、何年かして法外な値段にならないように是非是非お願いしますねっ!!!!



ごくらくボラボラでは、これからも現地で活躍する日本人の方や日本にゆかりのある方をご紹介&応援していきたいと思います!



タヒチ情報ごくらくボラボラに戻る