パイプオルガン・リードオルガン楽譜 販売ページ

「アリオーソ」








●足鍵盤付き版(\750)と手鍵盤のみ版(\700)があります。

●オルガニスト長井浩美オリジナル編曲

●任意・公現節・お葬儀

●レベルは中の上


 「作品について」

「アリオーソ」と呼ばれ、バッハの有名な作品の一つと認識されているこの作品。

元々は、「sinfonia」とだけ書かれています。

実は、カンタータ「Ich steh mit einem Fuss im Grabe」中の第一曲です。

そもそも「カンタータ」という用語自体バッハの頃には使われておらず、

のちの人が呼び始めた題名です。


さて、この曲の題名、日本語に訳すならば「わが片足は墓にあり」という感じでしょうか。

全歌詞を見ると、この世の苦・病いなどの神への慈悲を願い歌っています。

バッハはこのカンタータを顕現節後第3日曜の主日用に作曲・おそらく1729年に初演しています。


原曲では、オーボエが主旋律を吹き、弦楽器で伴奏します。

実は調を変更してチェンバロのコンチェルトにもこのメロディーは使用されています。

バッハさんご自身の中でも、お気に入りの旋律だったのですね。




「注文手順」

お振込をお願いします(ゆうちょ銀行 記号10120-番号30150821)

LINEでご連絡下さい

長井から楽譜送信→プリントアウトしてご利用ください。
ショートメールも可能。09085126629

メールも可能ですが、楽譜は届きにくいです。
organ@zau.att.ne.jp (Gmail不可。必ず携帯番号をご明記ください)



楽譜一覧へ戻る
このサイトのトップページへ