CGで土星を作ろう

暇があったら今度は土星でも作ってみます、と書きましたが、それほど暇というわけでもないのに作ってしまいました、土星。
だって面白いのでつい・・・・・

こんな感じに仕上がりました。

環の大きさとかは適当で、「こんな感じ?」とイメージだけで作ってみました。
色だけは私が撮影した土星の画像からサンプリングして使用しました。
今回は、皆さんも画像が作れるようにソースを添付しています。

まず、POV-Ray というソフトをダウンロードして、パソコンにインストールしてください。
プラットフォーム別にプログラムが用意されているようです。
Windows用はダウンロードサイズが5MB以上あるようですので、じっくりとダウンロードしてください。
驚くなかれ、このソフトはフリーソフトなんですよ!

Pov-Rayを起動したら、下記の黄色のテキストをエディット画面に放りこんでやって、「Run」をクリックすれば土星の絵が出てきます。
 

global_settings { assumed_gamma 2.2 }

#include "colors.inc"
#include "textures.inc"

camera {
   location  <0, 240, -800>
   look_at   <0, 0,  0>
}

union {

disc
{
  <0, 0, 0>  // center position
  z,         // normal vector
  83,       // outer radius
  75        // optional hole radius
  pigment { rgbf <0.8,0.7,0.2,0.2>  }
  finish {diffuse 2}
  rotate <90,0,0>
}

disc
{
  <0, 0, 0>  // center position
  z,         // normal vector
  103.0,       // outer radius
  83       // optional hole radius
  pigment { rgbf <0.96,0.8,0.4,0.1>  }
  finish {diffuse 2}
  rotate <90,0,0>
}

disc
{
  <0, 0, 0>  // center position
  z,         // normal vector
  115.0,       // outer radius
  105        // optional hole radius
  pigment { rgbf <0.85,0.65,0.25,0.2>  }
  finish {diffuse 2}
  rotate <90,0,0>
}
 
disc
{
  <0, 0, 0>  // center position
  z,         // normal vector
  118,       // outer radius
  116        // optional hole radius
  pigment { rgbf <0.85,0.65,0.25,0.3>  }
  finish {diffuse 2}
  rotate <90,0,0>
}

sphere { <0, 0, 0>, 50
  texture {pigment {
    gradient y
         color_map {
           [0.00 rgb <159/255,143/255,64/255>]
           [0.14 rgb <159/255,143/255,64/255>]
           [0.33 rgb <137/255,107/255,31/255>]
           [0.53 rgb <137/255,107/255,31/255>]
           [0.76 rgb <49/255,36/255,22/255>]
         }
       scale <75,75,75>
      }
   }
   scale <1,0.8,1>
   rotate <0,0,0>
   finish {diffuse 2    }
}
  scale <1.5,1.5,1.5>
  rotate <4,0,-20>
}

light_source {<-1000,1200,-1300> colour White}
 
 

Pov-Ray本体にはGUIを駆使して三次元モデリングをするような簡単機能はありませんので、こんな風に言語記述方式で作るしかありません。
ヘルプファイルとサンプルをじっくりと咀嚼して記述方法を習得してください。
バージョンが上がるにつれて言語仕様も強化され、表現能力もどんどん広がっているようで、私はこのソフトをWin3.1時代から使っているにもかかわらず、まだまだ底知れぬ奥深さを感じています。
ハマると楽しいですよ〜

なお、上記のソースでは、このページの画像のような土星本体の細かい横縞は描かれません。
(緯度に対するトーン変化は表現している)
ちょっとだけ力技を使って描いてしまったので、今回はソースのシンプルさを強調する観点で省略しました。

ところで、locationというパラメータが視点の座標を表しており、これをうまく変えて複数の画像を作ると、ステレオ画像を作ることができます。
ぜひトライしてみてください。
 
 

戻る