レンズ

M-Pos

M-POS = マルチパーパスオプトソリューションレンズ
Multi Purpose Opt Solution Lens



M-POSレンズは光路差を利用した光学的空間フィルターを搭載する事により自然光をコントロールして快適な見え方を追求した画期的な次世代メガネレンズです。
レンズにRAP加工(Ray Adjust Point加工)という特殊な加工を施し一部の刺激光を和らげ、眼への刺激・疲労を軽減します。これに伴い鮮明度・輪郭・コントラストなども向上し「目に優しくより鮮明な見え方」を実現しています。

RAP加工(Ray Adjust Point加工)は、レンズの内面(R2面)側に施してあり対面側から見た場合、ほとんど気がつかず違和感を感じさせません。

M-POSの光学的空間フィルターとは M-POSに搭載されている光学的空間フィルターは、波動光学に基づいて設計された特殊加工(RAP加工)によって実現されています。 特殊加工(RAP加工)とはレンズ基材に独自形状の微細な凹凸をドット状に一定の繰り返しピッチで多数形成する加工の事を言います。
光がこれらのドットを透過することにより光に光路差が生じ波長別の位相差を発生させます。これより上記の光学的空間フィルターの機能を実現しています。

【M-POSは、株式会社レブラが特許出願済の眼鏡レンズ仕様です】
分光透過率データ(参考)の詳細はこちら

この光学的空間フィルターの設計により、眼の最大感度波長である550nmの分解能を確保し、眼への刺激が大きい低波長の網膜上密度を低減させます。 特に斜めから入射する光束に対するグレア光や眩しさ等、減光効果に有用性が高く視界鮮明度強化に結びつきます。
M-POSレンズは、光の干渉・回折により刺激の強い光について選択的に網膜上での光密度を低減し刺激光を和らげ優しい光に変換します。

M-POSの特徴と効果 このレンズの特徴は、レンズ本体に一定の深さと間隔を保った窪みを形成し、その表面にハードコート、反射防止コート、及び撥水コートを施して仕上げられている事です。
この特殊技法(RAP加工=Ray Adjust Point加工)による形成が光路差を生み出して、「位相差」「回析」「干渉」という三つの光の特性現象を引き出します。

この現象を利用することで、無色レンズでありながら紫外線はもとより光密度の高い刺激的短波光を減少させています。
刺激の大きい短波光の緩和は、コントラスト向上をもたらし眼の緊張を和らげます。

これらの効果により、OA機器操作時のディスプレイのチラツキ、運転走行時の眩しさ、白内障患者の術前術後の光過敏や鮮明感不足などによる眼精疲労の予防に役立ちます。



光を味方にし保護・予防・眼精疲労軽減を実現する高機能型メガネレンズ
  • 光密度の低減、刺激光の和らぎ(優しい光に変換)
  • 鮮明度向上
  • 紫外線カット(UV400)標準仕様
  • 超撥水処理加工
  • 遠視疾患者/眼内レンズ装用者/レーシック手術後など、鮮明度『輪郭・コントラスト』の向上
レブラ、ネッツペック
特殊コートを施したレンズの総称を『Revra:レブラ』といいます。
このレンズには特許登録NO第305670号に基づく特殊コーティングを施しております。この特殊コーティングをネッツペックコート(Net Spec Coat)と呼んでいます。
仕様はレンズ裏面に通常のマルチコートより反射の大きな物質を六角形のハニカム状にコートしてその上から通常のマルチコートを施します。(写真参照)

このようにしてレンズ上に透過領域と減光領域を作り出します。
Ne1.60(MR8)基材の可視光での平均反射率は透過領域0.9393%、減光領域1.7709%、平均透過率95.8%
この結果、光の干渉と回折という現象を起こしてまぶしい光を打ち消しあいます。
この効果を言葉で表現するならば、レースカーテン効果あるいは雲膜現象といえます。
また更なる効果として、透過領域から覗く状況となりピンホール効果が生まれてコントラストが高まります。
従って、見やすい=疲れない となります。
このレンズは特に目を酷使する長時間のドライブやパソコン作業、また光に敏感な白内障、レーシック術後、ドライアイなどに有用性があると考えられます。
これらの検証は東京女子医大で堀教授の眼科教室グループにより白内障初期患者を対象に行われて有用性の報告がされています。
Combex偏光レンズ
全種類の偏光度99%OVER

SPXで使われているフィルムは高性能が要求される液晶ディスプレイ用偏光フィルムの技術をベースとして自社開発されています。







※上記のカラーにミラー加工もできます。
  • ゴールド
  • シルバー
  • ブルー
  • ピンクミラー
※MR(1.6素材)レンズはハードコートと同じ透過率になります。

構造について
偏光レンズは視界の色調を損なうことなくコントラストを強め、路面や水面、雪原からの乱反射をカットしクールな視界が得られます。偏光レンズはフィッシング用というイメージが強いのですが、路面の反射や眩しさをカットし、センターラインなど明るくくっきり見え、ドライブに最適なレンズです。特に乱反射をカットする機能は、長時間ドライブ時に目の疲労を軽減します。

偏光レンズの見え方

偏光レンズ有りの場合と、無しの場合ではこれほどの差が出ます。雨に濡れた路面などでも同様の効果が得られます。
HOYALUX RSi
HOYALUX RSi遠近両用レンズ
HOYA史上最上級の見やすさがあなたの期待を超えてゆく
「HOYALUX RSi」は一人ひとりの視生活に対するご要望と、メガネフレームに対する眼の位置を反映させることで、あなたのためだけのメガネレンズを作り出します。
最上級の「おとなのメガネ」として、スポーツ、旅行、ドライブ、仕事、読書、映画鑑賞等、快適な日々をお過ごし頂けるメガネレンズです。

HOYA RSi001 HOYA RSi002a

「HOYALUX RSi」3つの基本設計
  1. リアルスタイル設計
    「お客様にオンリーワンレンズを」遠方の見え方重視、手元のゆとり重視、バランス重視等 今までに無い、豊富で細分化したデザイン(12種類)、累進帯長(6種類)から おひとり毎のライフスタイルへのこだわりに合わせてお選び致します。
  2. 両眼視バランス設計
    「左右の遠方度数差により生じるアンバランスを調整」 遠近両用をかけられる方の80%以上の方が左右の度数の差があります。 ほんのわずかな度数の違いでもレンズを通して視線が通る位置が変わります。 その僅かな差も、調和させて快適な中間から近方の見え方を実現します。
  3. パーソナルフィット設計
    「眼とレンズとフレームの形状。3つの情報を分析してあなたの為のオンリーワンレンズを作り上げます。」 お選びになったフレームの掛け具合に合わせて フレームの角度、目とレンズまでの距離等をレンズの設計に反映し、 見やすさ、装用感を改善致します。
HOYA RSi002b HOYA RSi002c
POLATECH
POLATECH 偏光レンズ
フィルムタイプからレンズコートタイプへ。時代が求める多様性に「ポラテック」が応えます。
構造が違う!薄さが違う!
HOYAの先進レンズコート技術が、偏光レンズの常識を変える!
polatech03a
ポラテックコート
偏光性能をレンズコートで実現した「ポラテック」従来型のフィルム構造で起きやすかった、レンズ同士の剥離の不安を解消。
また、レンズを薄く仕上げる事ができますので、メガネにした時の見栄えが格段に上がります。
polatech04a01

加工性の向上
ポラテックコートにより従来のフィルム構造では対応できなかった、縁の無いタイプやリムロンタイプ等への組み合わせも可能。
フレーム選びの自由度が広がりメガネ作りの楽しみ、メガネとしての仕上がりの美しさを提供致します。
シーンや世代に合わせて多彩なバリエーション
polatech04b01 polatech04c01

多様なカラー
ドライブ、フィッシング、ゴルフ、ウォーキング等シーンに合わせて9つのカラーをご用意しています。
最適なレンズ設計  単焦点レンズから遠近両用レンズまで、お客様の「見たい」要望に合った設計のレンズをご用意しています。
偏光レンズの見やすさ、驚き、感動。はじめて出会う「見る歓び」をぜひ体感ください。
polatech03c polatech03b