Teradaオリジナル BSM用リクセンカウルアタッチメント


バッグを付けてもハンドル操作でおきる
重量移動が無い為に安定感が違います。
※注意 ドロップハンドル使用のBSMは取付不可能です。

B/S MoultonのFキャリア台座を利用して取付ます。


当店オリジナル台座を装着車




価格¥10,800−税別

この様なパーツは、通販いたします。
現金書留にてお願いします。
お金が到着次第、すぐに出荷いたします。
詳しくは、メールにて・・・




下記がBSM用リキセンカウルアタッチメントの取付方法です。

通販でご購入のお客様はこの説明をご覧になって正しく取付して下さい。

注意!こちらの説明でご理解いただけない場合は

熟練されたメカニックの方に依頼されます様お願いします。


こちらのリキセンカウルアタッチメントが
フレームに取付る前の商品です。
先ずは部品の紹介です。6mmボルト1本
6mmワッシャー2枚・6mmスプリングワッシャ−1枚
6mm袋ナット1ケ・5mmワッシャー大3枚
5mmボルト1本・5mmワッシャー小1枚
BSM用リクセンカウルアタッチメント1ケ
こちらをBSMフレームに取付致します。

5mmワッシャー大3枚は、ボトルゲージや
フレームポンプなどを付ける為のスペーサーです。
※これからの作業は必ず手袋をして作業をおこなって下さい。
※左写真がBSM用リキセンカウルアタッチメントになります。
リクセンバッグを取付けるKLICKFIXは含まれていません。
組付け前に下記のワイヤーを取外し願います。
Rメカ用変速ワイヤー・Rブレーキ用ブレーキワイヤー
こちらは分割の時にメインフレーム中央のネジで分割して下さい
また、Fブレーキワイヤーはブレーキアーチorレバーのどちらでも
取外し可能です。ちなみに当店はブレーキレバーから外した写真です。








ワイヤーの取外しが終わりましたら
ハンドルステムの取外しをお願い致します。
ヘッドチューブボトル台座にフレームポンプや
ボトルゲージも取外して下さい。
上のボトルゲージ取り付けボルトも取外し
写真と同じにして下さい。


いよいよ組付けに入ります。
左写真のように、上のボルトから取付けをお願い致します。
この時ネジは2山ほど締める
(すべて締めると、下のボルトが通らなくなります。)

※注意!上のボルトは通常5×14mmのボルトになります。
ボトルゲージとフレームポンプを取付けている、お客様は
そのままのボルトでは、取付け不可能です。
当店から付属の5×18mmをご使用下さい。

右写真のように、6mmボルトを挿入して下さい。
すべて取付けが終わりましたらネジを締めて
取付け終了になります。










左写真のように、ワイヤーは内側に通して下さい。
後用のブレーキワイヤー・変速ワイヤーの通し方に
間違えの無いように。
ブレーキワイヤーをアタッチメントの内側に通す事により
ブレーキレバーの引きしろが、以前より遠くなります。
この時はワイヤーロックボルトを緩めて
今までの引きしろにセットして下さい。

※注意! ワイヤーロックボルトで調整を行う時は
確実に締め忘れの無いようにお願い致します。
走行中にハズレル危険が御座います。

以上で説明終了となります。
楽しいサイクルライフをお過し下さい。