筆者が借りていた住宅
古い民家を改造して住む


 いわゆる古民家を改装して住むことに憧れる人も少なくありません。しかし、物件が少ない、改装に費用が掛かる、少人数で住むには大きすぎる、維持の費用や手間が掛かるなどの問題があって、よほど熱心なひとか富裕な人意外は実現が難しく思えます。一方まだ地方では、古民家と呼べるような建物が空き家になっているのを見かけます。
 もっと情報交換の場があれば、古民家物件を探すことができそうです。また集住の考えを取り入れることにより、大きな家、古く手間が掛かる家でも活用維持できると思われます。

 これは伊那谷から木曾谷へ抜ける大平街道沿いにある旧大平宿の古民家。集団移転で廃屋になっていたところをトラスト運動で保存された。
 こうした古民家は少なくなったとはいえ、まだこの地方では見かけることが出来る。しかし、住むためにはいろいろ努力と覚悟が必要だろう。