ROAD TO 2001レポートNO.5

ROAD to 2001忘年会への第五回目の会合です。

2001年忘年会の幹事である清野さんとともに、2001年の忘年会は一体どこが
いいのかを視察する会合も五回目。今回は伊達の並びに4月25日にオープンした
ゲゲイテンというお店。夫婦で趣味でやっているお店なので、まるで自宅
に招待されたかのようなアットホームな店です。大正時代をイメージしたインテリア
に、様々な食器。本当に趣味の世界だな。マスターはお酒に詳しく、酒の
ソムリエ(03曰く)のよう。料理も繊細で味もなかなかでした。

日時

2001年5月19日午後8時より午後10時過ぎまで

メンバー

清野さん、知ちゃん、01〜03(五十音順)

ターゲット店

 

技芸天

ゲゲイテン

 

 

 

調査料理

(拡大画面へ)

検証レポート

まるで自宅に招かれたかのようなお店。この店は以前は居酒屋、その前はフランス料理の店と、すぐに潰れてしまうので不安ですが、ここまで頑張っているお店、なんとか応援したいです。料理は上の品々でボリュームそこそこで、味もいいです。夫婦の対応も抜群だし、気持のいいお店です。外国の人を招待するなら最高かもしれません。日本酒も黒龍があり、ひいらぎなるブランドも、しづくも時期になるとあるとか。ワインがなくて、焼そばや炒飯的な世俗の食べ物?はないんです。あくまでこだわりでやっている。だから今日は良い素材があったので、この料理、逆になかったのでできないとか、こだわりがありますね。本当に美味しい物を食べてもらおうというこだわりが。こんな店、やっぱり阿佐ヶ谷から無くしてはいけない気がしました。5人でお腹一杯で一人5200円でした。8000円ぐらいかなと思ったので、大満足でした。

<BACK>