わらじ



わらじの作り方

縄を2本用意します。
わかりやすいように、色分けしました。

緑の縄は両手を広げて、一往復分くらいの長さ。
黄色い縄は、二往復分くらい。

だいたいのめやすなので、少し長めに取るほうが、いいです。
緑の縄で、輪を2つ作ります。
後で調整できますので、大体で結構ですが、長さは足の長さより5センチくらい長くしてください。

両方の輪をそれぞれ、足の親指にはさんでください。
上の画面の矢印のところに、黄色の縄を結びます。

結んだところを反対側に曲げます。
編んでいきます。

交互に、縄を通して下さい。
最初だけ、3本通しで、真ん中の縄を固定します。
次に、4本に分けて、編みこんでいきます。
足の幅を考えながら、きつく編んでください
5〜10センチくらい編んだら、左右に、輪を作るように緩めたところを作ります。

輪を作ったら、次に編んだときに、輪の周りを1回まいてから、編みこみを続けてください。
もし、途中で縄が足りなくなっても、画面のように、次の縄を重ねて編みこんでいけば、大丈夫です。
また、5〜10センチほど編んだら輪を作り、さらに編んでいきます。

足の長さだけ編んだら、編みこみは、終了です。

緑の縄は、このくらいあまらせておいてください。長さは真ん中の2本で調整してください。

最後に、あまった緑の縄を縛ります。ここは、かかとの部分になります。
縛り方は、いろいろとあるようですが、こんな感じになります。
参考 !
わらじは、本来の編み方で編むと、画面のように足のつま先がはみ出してしまいます。長い歴史のあるものですから、何か理由があるのだと思いますが、わかりません。
ですが、つま先が出ないように、次のようにして、歴史を止めてみました。
後で全体の長さを調整しにくくなりますが、つま先に飛び出している緑の縄2本を、指の長さだけ、最初に編みこんでしまいます。
こうすれば、つま先がはみ出なくなります。


ネットでみつけた「わらじのお店」
http://www.warajigumi.com/「わらじぐみ」




home