Movin' Out
Richard Rodgers Tehatre - 226 W.46th. (Feb.7, 2003)


飛び石休の間を埋め、3泊5日の渡米を決行。渡米した日の夜に観劇。3ヶ月前に 新作中心に観劇した時に日程があわず、観れなかったので今回この作品の観劇に時間をあてました。



チケットは開演直前にボックスオフィスにて正規料金の100ドルで購入し、 1階J列のほぼセンターの席から観劇。本当は2階後方からザクッと全体を観るつもりで いたのですが、提示された席が作品を観るには良い位置だった為、1階10列目センターで 観ることにしました。この作品は、2002年9月30日から プレビュー、そして10月24日にオープンして現在も続いています。まだTKTSでの 割引チケットは出ていません。この作品は6人の同級生の人生をビリー・ジョエルの 曲にのせ、踊りで表現したもの。この日はTony役が水・土マチネキャストの 方が代役で出演していました。

あらすじなるものが存在し、プレイビルにあらすじが載せられています。

60年代のロングアイランド。プラムと呼ばれる卒業パーティで、そのプラムの 主役のキングとクイーンに選ばれたエディーとブレンダだったが、付き合いに終止符を うった。一方、ジェームズとジュディは将来を誓い合っていた。そして彼等の友人のトニーは ブレンダこそが自分の愛する女性だ、と感じていた。そんな中、戦争がおこり、 彼等は散り散りになる。トニーとエディは無事生還するが、ジェームズは命を 落し、ジュディは悲しみに暮れる。

退役した軍人達は彼等の暮らしを元に戻そうとするが、トニーはなかなかブレンダと 連絡がとれず、エディも誰とも連絡をとれずにいた。エディは寂しさとドラッグに おぼれ、悪夢を見る。ある時、エディは公園でジョギングするジュディと出くわす。やっと エディも暗闇から脱し、元の暮らしにもどす。ブレンダとトニーも互いを必要とし、 愛をみつめなおす。彼等は久し振りに集まり、それぞれがあるべき姿・いるべき場所に 戻る方法をみつける。。。

簡単なストーリーをビリー・ジョエルの曲をあてて展開させているのだが、人気のある、 もしくはあった歌手の歌を題材にするというのは、マンマ・ミーアやウィ・ウィル・ロック・ユー等、 いくつか出ているので、新鮮味は無いし、ストーリーもとってつけたような内容。 勿論、戦争で庶民が引き裂かれるという話は、アメリカでは常にあることではあるが、 それを作品としてまとめ、踊りでストーリーやらテーマやらもって表現するというのも、 ありきたりの上、既にクローズしてはいるが、コンタクトのほうがしっかり描ききれていたと思うし、 踊りで綴る、というのにしても、Swing!のような客席に迫りくる勢いというものが 無い。どれをとっても二番煎じなのである。

それを考えると2階席後方の安い席で観るとか、割引になる時期に観るとかしたほうが いいような気もするのだが、それぞれのダンサーの筋肉の動きまでも観るには 絶好の位置。熱い踊りではなく、クラシックベースで、でもピルエットの重心は 低い位置でのものでジャズっぽく、そしてアイスダンスを観るようなペアダンスが あったりと、踊りそのものに関していえば素敵で技術も感じられるものです。 ヴォーカルのマイケル・カヴァナーはキュートで、ついつい彼のほうを観てしまう 時もあります。

ただひとつの作品としてみたときには、斬新さも何も無い、新鮮さに欠けたありきたりな 作品に思えるのは否めない。踊りを観たければ、ABTやら他にも観るものはある。 ビリー・ジョエルの歌がききたければ、ビリー・ジョエルのコンサートに行けばよい。 ・・・という言葉を出せるような作品でした。ひとりひとりのクオリティは高く、 賛辞に値するもので、最後はオールスタンディング状態ではありましたが、作品としては つまらなかった。


CAST
  Eeddie   John Selya  
  Brenda  Elizabeth Parkinson  
  Tony  Keith Roberts
  Judy  Ashley Tuttle
  James  Benjamin G. Bowman  
  Sergeant O'Leary/Drill Sergeant    Scott Wise
  Piano/Lead Vocals  Michael Cavanaugh


The Ensemble
Karine Plantadit-Bageot, Alexander Brady, Holly Cruikshank,
Ron Dejesus, Melissa Downey, R.J.Durell, Pascale Faye,
Scott Flower, David Gomez, Rod Mccune, Jill Nicklaus, Rika Okamoto


CAST
Wednesday and Saturday Matinees

  Eeddie   Ron Todorowski  
  Brenda  Holly Cruikshank  
  Tony  David Gmez
  Judy  Meg Paul
  James  Benjamin G. Bowman  
  Sergeant O'Leary/Drill Sergeant    Scott Wise
  Piano/Lead Vocals  Wade Preston


Swings
Aliane Baquerot, Ian Carney, Kurt Froman, Phlip Gardner,
Laurie Kanyok, Mabel Modrono, Beg Paul, Lawrence Rabson,
Ron Todorowski, John J.Todd


Understudies
For Tony : Ron deJesus, David Gomez
For Brenda : Karine Plantadit-Bageot, Holly Cruikshank
For Eddie : Lawrence RAbson, Ron Todorowski
For Judy : Meg Paul, Mabel Modrono
For Sergeant O'Leary : John J.Todd, Philip Gardner
For James : Scott Fower, Alexander Brady, Kurt Froman


Musical Numbers
ACT 1
  Overture : It's Still Rock and Roll to Me     The Company
  Scene 1 * Brenda and Eddie Split
"Scenes from an Italian Restaurant"
  Brenda, Eddie, Tony, James, Judy,
  Sergeant O'Leary and Ensemble
  Scene 2 * Tony Moves Out
"Movin' Out (Anthony's Song)"
  Tony, Eddie, James and Sergeant O'Leary  
  Scene 3 * James and Judy Are Forever
"Reverie (Villa D'Este)/Just the Way You Are"  
  James, Judy and Ensemble
  Scene 4 * Brenda Is Back
"For the Longest Time/Uptown Girl"
  Brenda, Eddie, Tony and Ensemble
  Scene 5 * Tony and Brenda Get Together  Tony, Brenda and Ensemble
  Secne 6 * Eddie Knows
"Summer, Highland Falls"
  Eddie, Brenda, Tony and Ensemble
  Scene 7 * Off to War
"Waltz #1 (Nunley's Carousel)"
  Tony,Eddie,James,Drill Sergeant and Ensemble  
  Scene 8 * The Sky Falls
"We didn't Start the Fire"
  Judy, Brenda,James,Tony,Eddie and Ensemble  
  Scene 9 * Two Bars : Hicksville/Saigon
"She's Got a Way"
  Tony, Brenda and Ensemble
  Scene10 * Coming Home
"The Stranger"
"Elegy (The Great Peconic)"

  Judy and Ensemble  
  Judy,Brenda,Tony,Eddie,Drill Sergeant,Ensemble

ACT 2
  Scene 1 * Vets Cast Out
"Invention in C Minor"
  Eddie and Ensemble
  Scene 2 * Eddie Rages
"Angry Young Man"
  Eddie and Ensemble
  Scene 3 * Tony Disconnects
"Big Shot"
  Tony, Brenda and Ensemble
  Scene 4 * A Contest of Pain
"Big Man on Mulberry Street"
  Tony, Brenda and Ensemble
  Scene 5 * Eddie Gets High
"Captain Jack"
  Eddie and Ensemble
  Scene 6 * Eddie Reaches Out
"Innocent Man"
  Eddie and Ensemble
  Scene 7 * Eddoe's Nightmares
"Pressure"
  Judy, Eddie and Ensemble
  Scene 8 * Eddie's Journey Back
"Goodnight Saigon"
  Eddie, Judy, James, Tony and Ensemble
  Scene 9 * Brenda's Lost Dreams
"Air (Dublinesque)"
  Brenda
  Scene10 * Tony and Brenda Reconcile
"Shameless"
  Brenda and Tony
  Scene11 * Judy Releases Eddie
"James"
  Judy and Eddie
  Scene12 * Eddie Attains Grace
"River of Dreams/Keeping the Faith/Only the Good Die Young"
  Eddie and Ensemble
  Scene13 * The Reunion Begins
"I've Loved These Days"
  Tony, Brenda, Eddie and Ensemble
  Scene14 * Reunion/Finale
"Scene From an Italian Restaurant(Reprise)"
  The Company