やっちゃんのBW観劇記

(2002年12月20日〜23日)


やっちゃんがNYでミュージカル観劇をした際のレポートです。4日間で 6本の観劇。到着した夜から怒涛の観劇〜。ありがち、ありがち〜(笑) 話題の 新作のレポもあり♪



さてさて、結局観てきたのは、 20日「The Producers」21日マチネ「Thoroughly Modern Millie」ソワレ「Hairspray」 22日マチネ「AIDA」ソワレ「RENT」23日「Dance of the Vampires」の6本。

ProducersとVampiresはもともとチケット持ってたし、日曜のソワレはRENTしか公演がないので、 21日のマチソワと22日マチネでModern MillieとHairsprayとPhantomを観ようと思っていたんですが、 ついた日にホテルのコンシェルジェに頼んでみたら

「土曜の夜ならHairsprayが取れる。ただし1枚$195するよ」

と言われ、確実に取れるなら…と頼んでしまい、 モダンミリーのBox Office に行ったら、

「土曜の昼ならD列のど真ん中が あるわ」

と言われ即買いしてしまい…

有頂天でファントムのBox Officeに向かったときに気付きました。 ・・・ファントムは日曜に公演がなかったんだ・・・すっかり忘れてました(^^;   マクギリンのファントムが観たかったよう・・・(涙)   しょうがないので日曜のマチネはAIDAを観ることに。 マクギリンの代わりにAdamに会いに行くことになったわけです(笑) おっと・・・作品の感想を書こうと思ったのに脱線してしまいました。

まずは「The Producers」 今回はCDで予習する時間があまりなかったので、ギャグを全て理解することはできなかったんですが、かなり笑えました。個人的には、Max役のBrad OscarよりLeo役のRoger Bartの方が面白かったです。だって本当に顔を真っ赤にしてしゃべるんだもの。あと、 ドイツ語訛りやスウェーデン訛りの英語は日本人には聞きづらかった(笑)

そして、「Modern Millie」ですが、 今回観た中で一番気に入りました。席が良かったせいもありますが。 とにかくミリー役のサットン・フォスターがキュート! 顔がとかじゃなくって、演技がとてもキュートで、表情が豊か。眉毛の表情まで豊か(笑)かなり魅了されました。

それから、すごくいい味だしてるのが、宿屋の女主人とその手下の2人の中国人。 中国人役の2人はずっと中国語でしゃべるので、字幕が下りてくるんです。うぃ〜〜んって。 そのうち字幕が下りてくることで彼らが登場するサインになり、それがなんともおかしい。 中国語で歌ってて字幕に英語が出てたはずが、いつのまにか反対になって、英語で歌って字幕が中国語になってたりして、その笑いの取り方がまたおかしい。 オカマかゲイか下ネタがないと笑いが取れないのか?って思ってしまう最近のB.Wミュージカルの中で、正統派のネタで行くこのミュージカルは、 私にはかなりしっくり来る感じでした。下ネタには凍りついてしまうタイプなので…(^^;

次に「Hairspray」 とにかくトレイシーのダンスにビックリ!! お母さん役のHarveyは間違いなく着ぐるみを着てると思うんですが、トレイシーは 着てませんよね?? どうしてそんなに踊れるの??という感じです。 曲もアップビートで明るく、一緒に踊りたくなってしまいそうなものばかり。 パワフルに歌い上げる曲が多いので、歌だけでも楽しめる感じです。 話の題材は結構暗い、というより深刻な問題なんですが、観終わったあとにとっても明るくなれる作品です。 味のある役者ばっかりなので、見どころがたくさん!という感じ。 みんなもちろん歌上手いんですが、私は特にAmber役のLauraの声が気に入りました。すごく力強くって。 あとは、やっぱりお母さん役のHarveyを除いては語れませんね。この作品は。お父さん役とのデュエットがとても気に入りました。 デカイお母さんと細いお父さんとのデュエット(笑)

「AIDA」は、今回観た他の作品に比べると、少し地味な感じがしました。他が派手すぎるのかも…(笑) 午前中にメトロポリタンでエジプトコーナーを見た直後だったので、むむっ??おやっ???と思う衣装はたくさんありましたが(笑)、 久しぶりにAdamに会えて良かったです。 でも、シャウトしてるAdamを見ると、どうしてもエジプトの将軍じゃなくてイーストヴィレッジの若者に見えてしまう私…(^^;

「RENT」は、予想に反していい席が全く取れず、2階最後列になってしまいました。 Mark役のJoeyファンがものすごくって、彼が登場するたびに「キャ〜〜〜〜〜ッ!!」と 叫び声があちこちから。JoeyのMarkが見られるラストチャンスということで、 あんなに席が埋まっていたんでしょうねぇ〜。 個人的に気に入ったのはMimi役のKarmineかな。あんなに細いのに(笑)、 すごくパワフルに歌ってました。一つ、どうしても気になってしまったのが、 みんな曲をアレンジしまくっていたこと。オリジナルの音符のタイミングに あわせず、最後の音符さえあってればOK、みたいな感じで、 それが一人だけとかならいいんですが、みんながみんなそうなので、 結構気になって気になってしょうがなかったです(^^; ロングランが続くと、それぞれ自分の色を出そうとするのはわかるし、 それはいいことだと思うんですが・・・

「Dance of the Vampires」は、予想以上にHeavyなコメディーでビックリしました。 本当にクンツェが書いたの??? とにかくコメディーに徹していて、話にあまりロマンがない感じかな〜 あと、凍りついてなかなか解凍しなかった下ネタが…(^^;直接的すぎるってば〜(>_<) でも、Dance of〜って言うだけあって、ヴァンパイアたちのダンスシーンは見ものです。 銀色のカツラをつけたトートダンサーズがたくさんって感じ(笑) うつぶせの状態からバンッって飛び上がる振り付けもあったし! あとはフィナーレの背景の絵が面白かった〜。 タイムズスクエアの風景のいろんな所がもじってあって、爆笑してしまいました。 もう一つ。個人的にはマイケルクロフォードの高笑いが聞けて嬉しかったです。 ファントムのCD聴きまくってる私には「まさにコレだわ!!」という感じ(笑) 空席も目立ったし、客席の反応もイマイチだったので、ロングランはかなり厳しそうです。観たい人はお早めに…(^^;

さて、長くなってしまいましたが、最後に一つ。 日本人が激減してます!! 数年前は「街を歩けば日本人に当たる」くらいたくさんいたのに、 いまは劇場でもあまり見かけません。 テロの影響でしょうが、ちょっと寂しいな〜と思いました。 きっとブロードウェイにも大打撃のはず。 みなさん、ぜひ行ってみてください!治安は驚くほどいいですよ!!