M!大楽特別カーテンコール
モーツァルト! (帝国劇場)Dec.29, 2002


モーツァルト!の大楽では、特別カーテンコールが1時間もあったそうです。 話題作の大楽ですのでチケット争奪戦でした。観ることが出来なかった方々の 為に、特別カーテンコールのレポートを、ジュリアさんひかさんから 頂きましたので、少しでも雰囲気が伝わると思いますよ♪ 最初がジュリアさん、 続いて、ひかさんからのご報告です。



千秋楽を観劇するときはいつも思うのですが、本当に観劇ができて幸せだと思いました。 チケットを降らしてくれた女神様、ありがとうございました♪ (実はこちらのチケット掲示板で他のチケットと交換できたんですよ!)

本日私が一番おいしいと思ったところは、シカネーダーの「私が誰かおわかりかな?」の ところで、みなが「エマニュエル・シカネーダー」と声を合わせて叫んだあと、シカネーダー様は、 「私も有名になったものだ。そう、皆さんご存知のあの有名な俳優にして・・・」 とセリフが変わったことでした。打ち合わせはなかったとのことですが、圭吾さんの 切り替えしがすばらしかったです。

大司教さまは、乱れたお髪がなかなか直りませんでした。(笑) トイレシーンはともかく、「紙よ、何故許される」は、ど迫力でした。 (注:×紙よ → ○神よ) なんか、まだ終わった気がしなくて、M!モードです。絶対、絶対再演がありますように!

1回目(だったと思う)のカーテンコールが終わった後、割れんばかりの拍手が鳴り 響く中カーテン前に登場したのは、フリードリンの松澤重雄さん。 彼の司会で第3幕が始まりました。「今日はスペシャルなので、ひとりひとりを 紹介します」と。カーテンコールの登場グループごとに、下手の方から順番に コメント付でお名前を紹介しましたが、ライブの宣伝(tekkanさん、ユンさん)や 映画の宣伝(桜井さん)、結婚のご報告、一人は高橋さんだったと思う、もう一人は 井上さん(来年)をする方もいらっしゃいました。

アンサンブルの方の紹介が終わると、吉野さん、花王さん、阿知波さんのグループからは、 お一人づつご挨拶をいただき、ひかるちゃんのときには松さんも登場。 明音ちゃんになったら、昨日楽を迎えた楓ちゃんと良くんも登場しました。 楓ちゃんと良くんは、赤いベストとコートを二人で共用してたのだそうで、 楓ちゃんがコート、良くんがベストでした。3人並ぶと背の高さがまちまちなんですね。 みんな、よく頑張ったなーと感慨深かったです。

由美子ちゃんは、小道具の大きなカードを首にさげ、風車を片手に現れ、 市村さんは、これからセットを片付けるのだとホウキとちりとり、大工道具などを 腰につけていました。 祐一郎さんは、大拍手や小拍手を何度も止めるのにご満悦のご様子(笑)で、 久世さんは、ヅカ退団のご挨拶のときよりもうるうる状態で、もらい泣きしちゃいました。 男爵夫人の夫人を取ってもらいたい、髭ならいくらでもつけると思ったほど、 ご苦労されたようです。ひかるちゃんも自分の初日は孤独だったと漏らしてました。 (ご挨拶の順番は、カーテンコール順です。)

最後の井上くんのご挨拶が終わって、一人で「影を逃がれて」を熱唱してると、 ここでようやくアッキーが登場。最後はキャスト全員が揃って大合唱となりました。 で、昨日に続き小池先生と指揮の塩田さんも舞台上に。 カーテンコールが何度あったか、もう覚えてません。ひらすら拍手が鳴り響いてました。 ご挨拶の内容は、こちらも興奮状態であまりよく覚えてません。

ご挨拶は、覚えてるところだけ書きます。正確ではありません。悪しからず。 (「本日はありがとうございました。」というのはみなさんおっしゃっていたので、割愛します。)

【吉野さん】
シカネーダーのセリフに「何年も上演され続けるオペラを作ろう」と ありますが、この「モーツァルト!」もこの先何年も何年も上演されるだろうと確信しました。

【阿知波さん】
肉布団つけてるんですが、脱ぐと痩せた気がして測ってみると、 変わってませんでした。

【久世さん】
宝塚を退団してから6年間歌ってなくて、男爵夫人の夫人を取ってもらいたい、 髭ならいくらでもつけると思ったほどでした。観に来てくださるお客さまからいろいろ学びました。

【祐一郎さん】ミュージカルの舞台に出ています。(笑)

【西田さん】初日は孤独でした。この役に巡りあえて幸せでした。

【明音ちゃん】
3ヶ月(5ヶ月だったかな)で6cm伸びました。(何cm伸びたのと聞かれて) (何になりたいかと聞かれて)宝塚の男役さんになる予定です。(断言してました。久世さんを尊敬してるそうです。)

【楓ちゃん】(モーのキャストの中で誰を尊敬してるかと聞かれて)泉ピン子さん。

【良くん】
(将来は何になりたいかと聞かれて)先のことはわかりません。(誰を尊敬してるかと 聞かれて)市村さん。(ここで市村さんが登場し、握手をして去っていきました。)

【市村さん】
私の生まれ故郷の埼玉県で「ペリクリーズ」をやりますので、埼玉にも足をお運びください。

【井上くん】
「モーツァルト!」のウィーンのスタッフ、東京のスタッフ、 オケのみなさん、毎日観に来てくださったお客様、そして、両親に感謝の気持ちで いっぱいです。(ダブルキャストはどうでしたかと聞かれて)とても勉強になりました。

覚えてるところが少なくてすみません。どなたか、フォローお願いします。




ジュリアさまの詳しいアンコール報告のつけたしですm(__)m
(重複する部分はできるだけ省略いたしました)

そうそう、大楽では居酒屋のシーンで、野沢さんが「並以下の人間に仕事があるか?」 というところを「仕事がアルコ?」と微妙なオヤジギャグをかましていました。 その後、「エマニュエル・シカネーダ!」のいたずらで、カンパニーが大楽を楽しんで いる感じがいたしました。アンコールで「どんな感じでしたか?」と聞かれて 吉野さんは「みんないい顔してましたよ」とのこと。

久世さんは「6年間歌っていなくて、稽古場から、ひとりビビっていました。 舞台に立つという事は、本当に怖いと身にしみた3ヶ月でした。でも、ずっと立てて良かった・・・。 毎日、舞台を観てくださっているお客さんにいろいろな答えをいただいたと思います。 これで終わるのではなく、ここから私がまた始まると思って頑張ります」と涙声でおしゃっていました。 松澤さんもそれを聞いて「感動してしまいました」と一呼吸おいていました。

(私感ですが、正直、日生のころは、 久世さんの歌は辛い部分が多かったです。それが帝劇になって、ちゃんと歌い 上げられるようになって、感心いたしました。−−時々はハズしたりもしたようですが(^^;) この役は半分実在、半分生身ではない、ヴォルフに啓示を与えるような、道を 指し示すような存在だと思います。つまり、迷いなどあってはならない役です。 でも、本人も歌がキツイのは十分承知のことだったでしょう。かといって、 舞台上で、揺らいでしまったら、致命的です。自分を騙してでも、ゆるがない 存在として舞台に立たなければならない、それが分かっていたのも、久世さん、 そして、キャストの皆だったのかもしれません。)


西田ひかるちゃんは久世さんの挨拶で、すでにうるうるしてしまったとのこと。 松澤さんから、新婚さんです。と紹介され明るく応対していましたが、 挨拶になったら、「スタートの時は、孤独なスタートでした・・・」と涙になって しまいました。帝劇から参加するプレッシャーもあったのでしょう。 ここで松たかこさんも登場。「この人超オヤジです」BY松澤さん。

山口氏は「ちょっとだけよ」のように、下手袖から片足を出して登場。 「本当におトイレに行きたかったんですね」の言葉に猊下はペコリとおじぎ。 「猊下が黄泉の国の帝王だった頃・・・」ここで会場大受け。 ラウシャー大司教だった松澤さんは黒の僧衣一着でした。猊下の衣装は一着 100万単位だとか。 山口氏は「ミュージカルで歌を歌っています」「感動のあまり言葉がうかびません」 ここで会場から「歌って」の一言。しばらくの沈黙の後、 「今、僕が歌った歌がみなさんの心に届いたでしょうか?」 「最高!」という会場の声に「本当に、そう、思って、いるんでしょうか?」と ドスの効いた美声を披露してくださいました。

司会をした松澤さんは「M!」のリハーサル中に、お父様を亡くされたそうで、 市村パパの歌を聞きながら、父親の息子に対する想いというのはこういうものなのかと、 不覚にも何度か涙を流してしまったそうです。市村さんを紹介するときも、しばし、 絶句なさっていました。

当の市村さんは、あいかわらずお茶目でした。ほうきとチリトリを持ち大道具さんのよ うな格好で、「これから、バラシだよ、バラシ」とか言っておりましたf(^_^; 「今、お前、泣いてたな」「本気で泣いてたな、困ったもんだよ」などと突っ込んでおりました〜〜 松澤さんも負けずに「芝居ですよ、芝居!」と応戦。ちょっとしんみりしてしまった、 会場と松澤さんを盛り上げるあたりさすがです。(と勝手に思ってました(^^ゞ) 「芝居をやってるときゃ、モーツァルトのおとっつぁんだけどよ。終わりゃあ、親方だ よ」だそうです。その後、「ペリクリーズ」の告知に入りましたが、 その姿は、ペリクリーズというよりは、市村座・・・。

明音ちゃん : 宝塚の男役になりたいということで、袖に向かって小池先生よろ しくお願いします!
                   叫んでいました。

楓ちゃん : レミなど、汚い服の役ばかりだったので、綺麗な服を着て女役(?)をやり たいそうです。
               2003年は、すでに、舞台の予定が2本も入っていました。

良くん : 小池先生が、「ようこそ先輩」と言う番組に出たとき、クラスに良くんのお兄 さんがいて、
           そこで、良くんをみつけたのだそうです。小池さんの素人発掘術は、すごい・・・。
           『市村さんを尊敬しているのは、「あたりまえだけど、演技も上手で、歌も上手いから 」』
           (この「あたりまえだけど」が私のツボでした)

井上君はまだ、心ここにあらず、と言った感じでした。

井上「終わったという充実感で頭がぼーっとなってしまって、終わったというのも、 わからないし、
        みんなともう会えなくなるのも、わからない」
松澤「ダブルキャストについては、・・・?」
井上「とてもプラスになったし、今はいい弟が出来たと言う感じです」
松澤「本当〜に仲が良いんですよ!この2人!!」
松澤「アッキーの初日の幕が降りた時、彼はアッキーの元に駆け寄って、頭が狂ったんじゃないかと
       思うくらい、良かったー!良かったね!と涙を流して喜んでました。本当にいい奴です」
井上「出てない僕が泣くのもどうかと思いましたが・・・」

とエピソードを披露。そういえば、アッキー楽でも、アンコールに出て来た井上君は、アッキーに抱きついていましたねー。 井上くんは「僕を産んでくれた両親にありがとう、と言いたいです。」と締めていました。 (ご両親も、劇場にいらしていたそうです)

この後、松澤さんが「もう誰もでてきません」と言って 「井上君に『影を逃れて』をもう一度歌っていただきましょう」となりました。 え?中川君は?と思いつつ、スケジュールが入っていて来られないのかな、と頭を切り 替えて、 井上くんの歌を聞いていました。そうしたら、 「死ぬのは怖くない・・・」のところから、中川君がソロで歌いながら下手から登場。 ちゃんと赤いコートの衣装も着ています。 アンサンブルのかたも、みなさん舞台に出て、一大合唱となりましたーー。にくい演出 です〜〜!! 後から考えたら、両ヴォルフのソロ&デュエトって初めてでは。 中川君は雄たけびで、井上君は歌詞という贅沢なラストシーンの再現となりました。

最後に、市村さんの「これだけ、支持をされた、モーツァルト!私はかならずや再演があると思 います。」の言葉に会場、大拍手。「今、拍手を聞いた東宝の重役たちが、 そのへんを走って、再演決定!といっておることでしょう。 いつの日か、また、「モーツァルト!」でお目にかかれる日を楽しみに、 少し早いですが、良いお年を!本日はありがとうございました!!」

その後、何回かのアンコールでは、良くんが山口氏の赤いコートを着てました。 ちっちゃい良くんが山口氏のコートなので、腕や裾などダブダブ状態で とっても可愛かったですー。 その手をパタパタしている姿がなんともラブリーでした(*^_^*)

小池さんや、指揮者の塩田さんも舞台に上がり、 最後のカーテンコールでは、キャストが階段のところに、勢ぞろいでした。 (パンフにある写真のような感じです) 本当に大千秋楽を見る事が出来て良かった〜!!!の一言です。

改めて書きましたら、長文になってしまいました。 観劇レポを書くのは初めてなので、読みずらい点はご容赦ください。m(__)m 読んでくださった方、ありがとうございます。