西村直人 & Tekkanライブ「 Mutual Promise 」
−新宿 PIT INN('2001.4.15)−


レ・ミゼラブルでお馴染みの、プルヴェール役並びにジョリ役の西村直人さん、そして クールフェラック役のTekkanさんのライブ。実は私、1曲目が終わった 時に会場に入ったのです。この会場、入り口はいってすぐ左に1mくらいの壁が あります。遅れた私はここによりかかり、主役2名の姿を見ずメモをとって おりました。いやぁ、その壁のところから先に行っても、人・人・人で、背の 低い私には全然ステージがみえなかったの。で、諦めて、2人の声を聞きながら メモして、目の前にいる小鈴さんをみていた、という状況でした。これはこれで オイシイのですが、この件で怒られました、というか羨ましがられました。 みんな小鈴さんにも会いたかったらしくて。

しかし姿はみえずとも、声を聞いているだけで満足のいくものでしたよ〜。 Tekkanさんの高音、素敵ですねぇ。西村さん、おもしろいですね(爆) その上、 物真似も上手でしたよ〜。ご本人達もMCでおっしゃってましたが、是非、今回 だけにとどまらず、またライブを開催していただきたいですね。なんといっても カバー曲だけでなく、お二人のオリジナルの曲(作詞が西村さん、作曲がTekkanさん) もつくったわけですし、もう一曲、西村さん作詞で、本日会場にいらっしゃってた 石井一孝さん作曲のもあるわけですし。(そぉなのぉ〜、カズさん来てたのぉ^^) 是非次回は、出演者が見える位置を確保できるようにします。。。(新宿、近い から油断しました。反省)だからまたライブを企画してくださいねー!



♪M2 Change the World
上記の通り、1曲目の「Love, Love, Love」には間に合わなかったので、2曲目 からのレポにてご了承くださいませ。しかし会場に着いて、イントロを聴くなり、 「おっおぉぉ!」と叫びそうになってしまったです。好きなんですよ、この曲。 アコースティックな感じが心に響くというか、クラプトンの名曲ですよね。 西村さんとTekkanさんの歌う「Change the World」、とても素敵でした。歌声が クリアというかピュアというか、「とても澄んだ Change the World」を聴かせて 頂いた、という気分です。

★MC メンバー紹介
西村「メインヴォーカル、Tekkan!!」
Tekkan「メイン”司会者”いや、コメディアンかな(笑)?、西村直人!」
いきなりかましてくれます。(でもこの紹介があながち間違えていないことが 後々分かります)そして演奏は、ギターに松本ひろしさん、ドラムスに川島 こうへいさん、ピアノ&キーボードにセンベイさん。(演奏の方々の名前は聞き取った のですが、漢字まで調べることができませんでしたので、このような書き方で ご了承くださいませ)

今日のライブでは、お二人は色々なことにトライするということで、ノンストップの 1時間半。だから何かあったら手を挙げてとか言うんですよ。「貧血!」とか 「しっこ!」と手を挙げろ、と(爆) これ、どっちが言ったの? 多分、”メイン 司会者”のほうよね。

♪M3 Love or Last
Tekkanさんのソロで、平井堅の曲を熱唱。

♪M4 ブルーな構図のブルース
西村さんのソロ。「夢で会えて良かったかもね〜♪」ってはじまる曲でした。

♪M5 Love Song, Love Song
客席から手拍子がわき、楽しい雰囲気の曲でした。

★MC 初恋  ま、まじかよ(爆)← エポ、心の声
3曲連続で歌った後にMCが入りました。まずはその3曲のタイトル紹介。 しかし私もヘビ文字のような走り書きなので、自分で自分の文字が読めなくて、 平井堅の歌のタイトルをりえぞうさんに教えてもらったんだけど、教えてもらって やっと「そういえばそう読める」というようなヒドイ字でした(汗) あとの2曲も 知らない曲だったので、M3は「夢で会えて良かったかもね〜♪」で始まる歌、だの M4は、「それでもラヴ・ソングを歌っていくだろう♪」という歌詞がある、だの。 そんなことを暗闇の中、入り口の方からくる明かりでメモ帳をてらしてレポ用の メモをとっておりました。・・・って、 \(・_\)私の話は (/_・)/コッチニオイトイテ

キッカケは何だったかメモってないのですが、Tekkanさんがカタカナに弱い、 という話になって、「レミゼって難しい名前が出てくるでしょ・・・ 最初アンジョルラスって言えなかったでしょ?」と、西村さんがTekkanさんに 言ったり、西村さんの今日の衣装がカワイイとTekkanさんが指摘したりしてた のですが、いきなり、、、「初恋の話をしよう!」ということに。「はぁぁ? まじぃ(笑)? なんだか少年のようだよ、西村さん!」と、心の中でツッコミ を入れつつ、「で、高谷さん?」とどうやら最前列に座っているらしい高谷 あゆみさんに話を振った後、自分達の話に。

Tekkanさんは小学校1年生の時。席替えとかする時は、隣の席を狙っていた そうです。その子はNさんという名字だったらしいですが、「これって 言っていいのかな」みたいなことをTekkanさんがいうと、「別に全国ネット じゃないから」とツッコミが。で、そのNさん、名前が「あきこ」という 名前だったそうで、Tekkanさんは子供心に「結婚すると、・・・和田あきこ・・・」 と思ったそうです(笑) 一方西村さんはというと、幼稚園の年長の時に、 幼稚園の先生が初恋の相手。よくあるパターンですね〜。S・R子先生に 土曜の昼におかあさんが迎えに来る間、肝油を貰ったとかいう話が出たのですが、 「土曜の夜」とか言ってしまって、突っ込まれてましたけどね〜(笑)

♪M6 The Rose
Tekkanさんがピアノで弾き語り。ベット・ミドラーの名曲ですねぇ。Tekkanさんは この曲が大好きだそうです。しかしこのライブで歌う為、しばらく封印していた そうな。Tekkanさんって本当にキレイでクリアな歌声を発するのですねぇ。 好きな曲だけあって、気持ちもとても入って歌っている雰囲気が出ていて、 歌い終わった時、観客はその余韻にひたっている様子でした。

ひとつだけ言うと、 この歌の歌詞で、「I say, Love, It is a flower, And you, It's only seed 〜♪」 っていう部分があるのですが、「SEED」が「SHE'D」という発音に聞こえた。 (後でスティービー・ワンダーの「Isn't She Lovely」をTekkanさんは歌うけど、 そこでも「EASY」の発音を、カタカナで書くと「イー”ジ”ー」と発音して しまっていたので、もしくはそう聞こえたので気をつけたほうがいいかも) 「The ROSE」の歌詞はシンプルだけど、上記でいうと、曲が盛り上がる部分に入っていく、 その直前のフレーズで、とても繊細なイメージの部分なので、「SEED」と「SHE'D」では 違うのでそこだけ気になりました。(もし私の聞き間違えだったらごめんね) しかし、この曲の最後の歌詞も素敵よね♪

★MC 出会い並びにこのライブをやることになった経緯
客席をしっとりムードに導いた後、MCになりました。で、二人の姿は見て いないので、どちらが喋ったのかというのは多少の想像がはいりますが、ご 容赦を。
Tekkan 「この人、こうみえて踊るんですよ」
なおと  「歌ったり、踊ったりしてます」
Tekkan 「歌ったり、舞台したりしています」
と、とても簡単な自己紹介(笑)の後は、出会い並びにライブをやることに なったキッカケを話してくださいました。組み合わせ的に異色と思われがちだが、 仲が良い、ということです。でも、Tekkanさんが「仲良くなった」みたいな言い方を したものだから、西村さんが「俺は仲良いつもりでいた」などと強調し、慌てて? 「仲良いですよ!」と訂正すると、今度は「なんかわざとらしい。。。」と、 Tekkanさん、つっこまれてばかり。

そのTekkanさんが運命的?な出会いをした のが、94年の大阪。Tekkanさんがバイトしていた所に、偶然、石井一孝さんが 来たそうで、「おーっ!マリウスだ!!」とおもったそうです。その後の経緯は ちょっとメモってないのですが、Tekkanさんをレミの稽古に連れていき、西村 さんに、「Tekkan、ヨロシク!」と、黄色い髪をしたTekkanさんを預けていった そうで、これが出会いだそうな。初稽古の時は、Tekkanさんにとって、レミ出演 者は、「レミゼの人だー!」というカンジだったそう。つまり自分がレミゼを 観劇した時の気持ちに戻っていたんでしょうかね。

そしてレミゼで出会ったこの二人がライブをやることになり、その話をしたのが、 今年の2月、レミゼの舞台袖だったみたいですよ。バックステージには、着替え をする場所があり、西村さんとTekkanさんは隣同士だったそうで、その時、「ライブ、 やる?」という話になったそうです。なんだかどこかで聞いた話と似てるな。 カズさん(石井一孝さん)が「そろそろマリウスになろっかなー」と化粧を はじめたとき、岡さんが来て「クリスマスにコンサートやるんだけど・・・」 と石井さんを誘い、石井さんが「やる!」と二つ返事で即答した話も、レミの 楽屋での話だしね。みんなこういうところで交渉してるのかー!?
Tekkan 「地方とかでやりたいよね」
なおと  「大阪でやろう ・・・・・と言っていたけど、東京でやること になりました」(笑)

★MC 質問コーナー
質問コーナーと言ったって、客席からの質問を受けて回答するというものでは なく、西村さんとTekkanさんが質問しあうという不思議な?コーナー(爆)

なおと : ご飯にかける具もしくはソースは? (なっ、何ナノ?この質問は・大笑)
Tekkan : のりたま
なおと : カレーマルシェとか言ったら? 差し入れが来るかも
なおと : 僕はね、シラスに醤油。あ、持ちが良くないので差し入れは・・・ (いらないのね←エポ心の声)

Tekkan : いつからダンスをはじめましたか? ・・・ ね、こういうのが質問 らしいでしょ!
なおと : 21歳〜22歳。石坂浩二さんの劇団で。

Tekkan : 生まれ変わったら何になりたいですか?
なおと : ピアニスト。ピアノとか出来る人っていいよね(みたいな事、言った)
Tekkan : 僕はダンサー
なおと : あー、つまらないなーーーっ!
Tekkan : 俺に、オチを求めないで下さいよ!!

Q : 今、ハマっているものは何ですか?
A : メール
Tekkan : この人、機会音痴なんですよ。「壊れてます!」って言うのでみて みると、
             電池が逆に入っていたり
A : 僕は料理にはまっています

なーんてカンジの質問コーナーでした。でも、なんせ私、二人の姿を見ていないので、 どっちが何を言ったのか、間違っているかもしれない。

♪M7 Les Miserables Medley
レミのイントロが流れたので、思わず、壁の無い所まで行って、なんとかステージを 観ようと試みました。この時、一瞬だけ西村さんが見えたな〜。で、本題のレミゼ メドレーなんですが、聴いているだけで十分面白かったです。が、姿を観ていた 人達はかなり面白かった様子です。なんせ物真似とかしてるのが、ソックリなんだもん。 メモってあるのは、主な流れだけなのですよ。ご了承くださいませ。

レミのイントロ ”荷物をっ、まとめてうーせろっ、金なら払ってやーるからぁ♪ (高野さんの歌真似。これが非常に似ていて大爆笑! 小鈴さんも目をキラキラ させて観ていたよ〜!) (ジャベールの自殺のところ)”さぁ〜きも見えないーーー・・・”(これは 村井さんの特徴を捉えた歌い方でしたよ!) このあたりで紙を破って いた姿を捉えましたっ! ”生まれかーわーるーのだ〜♪” (マリウスがコゼットに出会ったところ) ”ごめん〜、気付かないで〜♪” (ラブリーレイディのところ) ”おんっなーの匂いだぜ〜・・・おっいっらーもー、やりてーよ♪” スターズのイントロ 〜 ”スターズ、星ぃ達は〜、限りなーく・・・(最後まで) (Heartfull of Love)”ぁふーれーゆくぅ〜・・・”(そしてコゼットの 部分をファルセットで高音で出してました) (Do You Hear the People Sing) ”闘うもののー歌がきこえるか・・・♪” (で始まりそして・・・) ”闘え、 それが自由へのっ道ぃ〜♪”(そしてまたまた高野さんの歌真似@超似過ぎ・ 大笑) (マリウスの手紙を読むバルジャン)”愛するコゼット・・・ マリーウースッ!” (これまた鹿賀バルジャンバージョンで、声の出し方から 息遣いからクセまでバーッチリコピーしてました、西村さん) (On My Own) ”学生達よ、良く聞け〜!!” (バーン!と銃声。。。これだけで 終わってしまった・笑) (Drink with Me)”過ぎた〜日にぃ〜カンパーイ♪” (ファンティーヌが迎えに来た場面より)”神よ〜、救いの世界へ〜 ・・・誰かを愛することは〜、神様のお側にいることだ〜♪” ”この おやじっ、(短小よっ!)・・・おやじに乾杯・・・”

とまぁ、ざっとこんな流れはしてたんですが、なんせステージをみれない位置 だったので、残念でした。実際はどうやら、色々な小道具を使って楽しいことを してたみたいなんだもん。あの「学生達よ、良く聞け〜♪ (バーン!)」なんて、 撃たれて終わったに違いないし、、、

♪M8 Hakuna Matata
ライオンキングからのハクナマタカの曲にのせ、テナルディエ・インの客、老人とか (んー、字が読めない・・・オカマに見える・苦笑)が、その後どうなるのか、 というのを歌にしたそうです。

♪M9 This is the Moment
曲名を聞いたとたん、「おおっ!」と口走ってしまいました(^^;) 日本語の歌詞を つけて歌ってくださいましたが、歌詞自体がこの会場に来ていたファンへ、気持ちを こめて歌ってくださったような気がします。最初は、「目を閉じて〜」で始まるのですが、 その後、私のメモの字がきたなくて、ところどころしか読めません(苦笑) サビの「This is the Moment, My Final Test〜♪ Destiny Beckoned」の ところ、もしくは「This is the Moment, Damn All the Odds, This Day, or Never」 のところを「この歌を、ここにいる、あなたに〜 捧げよう」って歌っていたので、 やはりファンに向けてのメッセージととったのですが、いかがでしょ。

♪M10 大人になれば
タップの音が聞こえてきたので、これは西村さんがタップをふんでいるという ことですね♪

♪M11 Isn't She Lovely
スティービー・ワンダーの曲を、Tekkanさんが爽やかに歌いました。(先程も 書いたけど、「Easy」を「イージー」って言っちゃったのがチョット残念) そしてここでもう一度、メンバー紹介がありました。

★MC 二人でかいたオリジナル曲
さてここで次の曲に関してのお話しがありました。二人の初オリジナル! 作詞が 西村さん、作曲がTekkanさんによるものです。西村さんが、スターバックス・ コーヒーにあるナプキンに詞を書いてTekkanさんのところに持っていったそう です。西村さんによると、非常に書きやすい紙なんだそうですよ。(それを聞いて、 早速トライした方もいらっしゃるでしょう・笑)
Tekkan「二人ではじめての共同作業です」
なおと 「良い子ができました!」
Tekkan「さすが、メイン司会者!」

♪M12 君の笑顔がみたいから

♪M13 夜空ノムコウ
最初の部分はアカペラでスタート。とてもキレイなハーモニーでした。

♪E1 Mutual Promise
アンコールに選んだこの曲は西村さんの作詞によるものです。そして作曲は石井 一孝さん。このライブの1週間前に出来たらしい(笑) 客席にいるカズさんに 向かって、「期限は守りましょうよぉ」とか言ってました。カズさんは西村さん 達に、イメージだったからイキオイだったか、だけで伝えるようで(笑)、、、 でもなんだか分かりますが(爆) で、曲の雰囲気ですが、いかにもカズさん ってカンジでした。カズさんが歌いそうな曲。1週間前に渡されたお二人には 歌い込みの時間が少なかったのではないかと思いますが、とても素敵でしたよ(^^)

また楽しいライブを開いてくださいね〜♪ 期待して待っています。


M− 1  Love, Love, Love
M− 2  Change the World  (Eric Crapton)
M− 3  LOVE OR LAST  (平井堅)
M− 4  ブルーな構図のブルース
M− 5  Love Song, Love Song
M− 6  The Rose  (Bette Midler)
M− 7  Les Miserables Medley
M− 8  Hakuna Matata  from "The Lion King"
M− 9  This is the Moment  from "Jekyll & Hyde"
M−10  大人になれば
M−11  Isn't She Lovely  (Stevie Wonder)
M−12  君の笑顔がみたいから   作詞:西村直人  作曲:Tekkan
M−13  夜空ノムコウ  (スガシカオ)
E−   1  Mutual Promise   作詞:西村直人  作曲:石井一孝