井上芳雄さん出演場面
− エリザベート −
帝国劇場(平成12年6月6日〜8月30日)


初舞台である「エリザベート」で、ルドルフ役に大抜擢された井上芳雄さん。 初日に第一声を聴いたとたん、「ミュージカル界に若きプリンスの誕生!」と 誰もが思ったのではないでしょうか? ルドルフとして舞台の上にいる時以外にも、実はあちこちで登場していました。 その出演場面をとんすけさんがレポートして下さいました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


主に「ルドルフ」の格好じゃないところを重点的に書いてみたいと思います。
随所に個人的感想が入るのはお許しください^_^;

【第1幕】
★第1場★死者と夢見人たちの夜の世界
死霊:下手側でルドルフの死霊となって出てきます。

★第8場★ウィーンアウグスティン教会
参列者:下手側、司祭が立つ台のすぐ横あたりの一番奥です。 おそらくオペラグラス必須です。
この場面が一番みつけにくいかもしれません。

★第9場★シェーンブルン宮殿の鏡の間
参列者:マックスとゾフィーの♪結婚は〜しっぱいだぁ〜♪の歌の途中に、 後ろの扉(下手側)から出てきます。そして、♪似合う?似合わない? ・・・♪の歌はやや下手側、前から2列目(?)で。その後、下手側花道の端から2組目のカップルとしてダンス。ペア の女優さんをリードする井上くんの気取り気味の笑顔としぐさがかわいい!

★第13場★ハンガリー訪問(デブレツィン)
ハンガリーの市民:上手側の端から2本目の旗を持って、女の子に囲まれています。 帽子がかわいい。かなり無邪気にはしゃぎ気味。 銃声がすると、いちばんそばにいる女の子(女の人?)を、守るようにギュッとだきしめます。(う〜ん、うらやま しいぃ〜っ!)

★第16場★ウィーンの街頭
民衆:いわゆる「ミルク」の場面。 最初は上手側、一番奥にいます。比較的シュテファンの藤本さんの近 くにいることが多いようなので、みつけやすいかもしれません。 でもやはりここもオペラグラスは必須です。ほっぺたをぐるぐる汚し て出てきます。(日によって濃淡や形が違うこともあり。ペコちゃん風だったり(笑))
場面が進むにつれ、中央のルキーニの上るミルクを運ぶ台車(?)の すぐ上手側に立ちます。アンサンブルながら、スポットライトがあたってわかりやすい。 最後の決めポーズもこの位置です。 暗転してからルキーニが引いていた台車を下手側に片付けているうちのひとりも、井上くんです。

【第2幕】
第2幕は、もうルドルフとして大活躍ですよね。

【カーテンコール】
決まって、下手側で井上くんの満面の笑みが見られます。 この満面の笑みをみて、「かっ、かわいいぃ〜っ!」と叫ばなかったことはありません。