Broadway Preview
− OCTOBER 2000 −


「Broadway Preview」ですが、これはBWのホテルなんかでよく観ることができる いわゆる宣伝物で、作品の一部を流して紹介して、チケット入手の電話番号とかが 放送されるという、観光客へのインフォメーションみたいなものです。全部の作品を 網羅してるというわけでないのですが、5作品程を1まとめにしたものを、数種類を 繰り返し24時間放送しているもので、ミュージカルファンにはとてもオイシイ 場面が観れたりする嬉しいチャンネル。現在放送中の内容をご紹介します。



☆Kiss Me, Kate
「新しいプロダクションによる作品で、シャエイクスピアを土台の・・・、 曲はコール・ポーターによるもの」というような紹介がありつつ、画像は、 ダンスシーンに始まり、トニー賞受賞したBrian Stokes Mitchellのソロ等数曲 の場面が流れます。そして、Brian Stokes MitchellとMarin Mazzieのインタビュー。

☆The Phantom of the Opera
ファントムとクリスティーンがボートに乗っているあの場面で、歌は勿論 「The Phantom of the Opera」に始まります。次が「マスカレード」のところ。 (思わず、ザンッって音と共に、ホテルで一緒にポーズをとって、”マスカレーーードッ” って右手を徐々に上にあげてました・爆)そして、キャメロン・マッキントッシュの インタビュー。その後が、「Music of the Night」のあの盛り上がる部分。

☆The Music Man
CRAIG BIERKOのHarold Hill役の画像が沢山でてきます。あとダンスシーンも 結構あるみたいですが、とてもクラシックなイメージのする古き良きミュージカルってイメージがします。 「Seventy-six Trombone」のフィナーレの華やかな場面の後に、相手役のRebecca Lukerの インタビューで、CRAIG BIERKOとこの作品に関して語ります。

☆Annie, Get Your Gun
「ショウほど素敵な商売はない」の歌から始まります。そしてフランク役の Patrick Cassidyのソロ、、、んーこれは「The Girl That I Marry」かな? そしてアニーとフランクの曲。。。なんせ、私がこの作品を観たのは、MZAで やった時で「人がはいらなーい」ってタダで流れてきたチケットで行った(パンフ さえも買ってない)89年11月だもんだから、曲がよくわからない。そしてまた、 ショウほど〜の曲になり、あとは現在の主役アニーを演じているシェリル・ラッドの アニーの写真(これは、看板でも使用されていました。とてもキュートな写真 です)が映り、シェリル・ラッドが主役アニー・オークリーを来年1月まで 演じるというアナウンスがはいります。

☆CONTACT
Karen Ziembaのインタビューに始まります。そして第1幕2場の場面とインタ ビューが交互に流れます。インタビューでは「音楽が流れ出して、私が夢をみたり ファンタジーに走る。口で説明するのは難しいからとにかく観にきて経験してほしい」 と言っています。そしてその後、第1幕1場の場面が一瞬ながれ、そして第2幕の ダンスシーンと、私のお気に入りの「両眉でウェイヴ&逆ウェイヴ」をやる Jason Antoonのドアップが写ります。これね、ホントお勧め。第2幕で見逃して ほしくない場面です。一瞬でこの芸をやっちゃうから。私、丁度目の前にいて、 みれて感動したもん。



☆Cabaret
ナチ時代が始まる頃にベルリンに来たアメリカ人のライターの話、などという アナウンスの背景には、舞台での画像が色々と流れます。1998年には 「ベスト・リバイバル・ミュージカル賞」など、4つのトニー賞の部門で受賞 しています。

☆Les Miserables
「Listen!!」
とガブローシュがABCカフェの階段を降りかけるところの画像が流れます。 (レミの画像をみるとどうも固まってジィーッと観てしまいました)そして コゼットのレミゼの看板のアップからカメラをひいて、劇場の看板も写ります。 アナウンスでは「レー・ミゼラァ」と始まり、ブロードウェイで13年上演されている、、、 とあると、次から次へともぅついつい固まって魅入ってしまう状況に。。。
まずアンジョルラスが学生達に熱く語るところね。「我が敵は政府軍どもぉー」] のあたりから「遅刻だぞ」の前までの画像。そしてマリウスに抱えられている エポニーヌ。そうです、恵みの雨。「Don't you fret, ムッシュー Marius I don't feel any pain〜♪」ってついつい一緒に歌ってましたよ、ホテルで。そしてバルジャンの 「Bring Him Home」ですもん。そして「Master of the House」の最後のところ。 そして、第1幕最後の最後「One Day More」で、アンジョルラス先頭に 「One more dawn, One more day, One Day More〜♪」って歌って、行進しているところ。 (先日のがぶさんの書き込みでいうところの、”実際はぬるぬると上手に進む” ってところね)レミでこれだけダイジェスト観ると、その足でついつい 「道をはさんで向かいにある劇場のImperial Theaterへ入っちゃおかと思いましたよ。

☆RENT
マークが机の上に乗って、他のキャストが席について・・・といえば、もうRENT ファンのあなたにはおわかりのはず。「La Vie Boheme」です。みんなが「La Vie Boheme♪」 って歌いながらリズムとりますね。そしてマークが「To days of inspiration, Playin hookey, making something〜」って歌い出すところです。ケッコウ長め にこの場面が流れた後は「Seasons of Love」です。ついついホテルで一緒に 「five hundred twenty five thousand six hundred minutes〜how do you measure, measure a year♪」って歌ってしまいました。その後はまた「La Vie Boheme」に戻り、エンジェル達も机の上に乗っちゃって盛り上がっている場面の 画像。最後のあたり。マークのソロ部分からエンジェル、全員、、、っていうところ。 そしてロジャーとマークの「RENT」の最後のところが少し。その後は、マーク役の Trey Ellettのインタビュー。そのインタビューの間にもTreyの顔と、舞台の映像が オーバーラップしながら流れます。

☆Swing
It Don't Mean a Thingの音楽が流れたかと思うと、Swingの看板の画像に続いて、 Ann Hampton Callawayのインタビュー。そしてレビューの場面が次々と写ります。 これって、スーパーバイザーとしてジェリー・ザックがからんでたのねー。なるほど。 レビューだけあって、踊りと歌が満載ってカンジですね。

☆Riverdance
あの例の有名な場面のダンスの画像が次々と流れます。歌の場面もながれました。 そして出演者である、Pat RoddyとRosa Manzano Jimenezのインタビュー。

☆Blue Man Group
これは行きの飛行機の中でもみることができましたけど、映像でみてみるとホォー こんなカンジなのかーと感心してしまい、行きたくなりましたよ。チューブを使用 したパフォーマンスとかTVモニターを利用したパフォーマンスの画像が流れました。





NY時間で9月10日で、日本では真夜中にネット上で観ることができた 「Broadway On Broadway」に関して、1セットとなって放送されていました。

☆Annie,Get Your Gun
こちらの掲示板でも話題にあがったシェリル・ラッド(昔の”チャーリーズ・ エンジェル”というTVドラマの主役の1人)が主役のアニー、そしてパトリック・ キャシディが相手役フランク・バトラーで、Marriot marquis劇場で上演中のこの 作品から、「Anything You Can Do」を歌う2人の映像が流れます。曲の最後の部分です。 ほら、高いキーを出せない、出せる、と言い合うところで、アニーが見事に高音を 出すところです。そして2人のインタビューの場面で、シェリル・ラッドが話して いるところになります。このイベントをとても楽しんでいるという内容のもの。

☆CHICAGO
ほんの一瞬だけ歌の場面が流れたあとは、歌っていたロキシー・ハート役の Charlotte d'Amboiseとヴェルマ・ケリー役のJasmine Guyのインタビュー。 これまた短い・・・

☆Rocky Horror Show ほんの一瞬だけ歌の場面。曲は私はわらかないの、ごめんなさい。 Raul EsparzaとLea Delailaが向き合いながら熱唱(と言っても、ご存知でしょうが 色っぽいものではなく、ノリのいいやつね)した後、2人のインタビュー。 観客が叫んで、それに出演者も答えて叫びかえすよ、とラウルが言うと、 リアが「是非私達に叫んでちょうだい。私に”アイジェリア”って叫んで」と 言います。(ちょっと太めの面白そうな人ですよ)

☆Cabaret
Lea Thompsonの歌う場面で最後の「キャーバーレー」っていうところ。。。なんだけど、 バーのところの音が外れてるよぉ。結構ドスをきかせて歌ってる。続いてインタビューで、 「とても興奮している。夢がかなった。毎日、顔を叩いている状態。今日はこんなに 多くのブロードウェイのスターがいて、緊張している」などと言っていました。 正直、他の出演者が凄い歌唱力があるので、下手に聞こえます。

☆Saturday Night Fever
アネット役のOrfehとステファニー役のPaige Priceが歌う「Nights on Broadway」の 場面が少しだけ流れます。リー・トンプソンの後だけに、歌唱力といい迫力といい、 ちょっとしか歌の場面が流れてないけど、満足のいったところ。その後2人の インタビュー。

☆Jane Eyre
James BarbourとMarla Schaffel(多分)による歌が一瞬流れたあと、James Barbourの インタビュー。これも短い。新作のタイトルをあげてる間に終ってる(笑)

☆The Full Monty
ジェリー役のPatrick Wilsonとデイヴ役のJohn Ellison Conleeのインタビュー。 簡単に内容を話しています。その後チョットだけ「Man」を歌う2人の映像が流れます。

☆Jekyll & Hyde
主役を演じているSebastian Bachのインタビューから。(何故かここだけちゃんと レポしちゃう・笑)

「When I turn into Hyde, it seems Rock'n Roll. Dr.Jekyll is more,,, more the,,,You know, he's a doctor. And I,,You know, basically difference is, Dr.Jekyll gets the girls, Edward Hyde murders them.」

と、カメラに向かってポーズ(笑)そしてhahahaと笑うセバスチャン。 インタビュアーも苦笑。

「That's true. I don't wanna give way the...」
とここでザックリ編集が入り(ほんと、荒い編集してるのよ。素人の私でも できそうな編集ぶり)
「When I got all the hands over in the air, that was awesome.」

そしてセバスチャンが歌う「This is the Moment」の画像になります。最後の 一瞬ってカンジなんですが。。。でもセバスチャンの歌唱力がわかる映像です。
「This is the Moment, the greatest moment of the All〜♪」
と気持ち良〜く伸ばして歌いきる映像が流れましたです。観客が曲にあわせて 手を上にあげて揺れている様子も流れます。そしてセバスチャンは最後には マイクを持っている右手を高々と突き上げました。

そして紙ふぶきが舞うブロードウェイの映像が流れておわりました。