「RENT」昨年と今年


私の書いた「RENT観劇レポ」を読んだ方から掲示板のほうに 下記のような書き込みがありました。

==========

昨年は、金銭的な問題から1度しか見ていないので、なんともいえませんが、エポさんは今年のプレビュー公演、わかりやすかったですか。 私もそのプレビュー公演見ましたが、一番強い印象が、去年よりわかりやすい、というものでした。これは、二度目なせいだと勝手に思って いたのですが、初見の方がそうおっしゃるなら、相当変わっていたと思われます。 昨年は、とにかくわからなかった・・・私がブレイクスルーシートという最前列の ふつうのいすよりかなり低い箱のような席、それもかなりの下手に座っていたと いうことを見積もっても(ここはとにかく見にくくて、何しろ、上手奥が見えず、 モーリーンの機材が目の前にあり、中央も見えない)、キャストが役者じゃないせいか、 感情で歌っているような印象で、歌詞が聞き取れず、その歌詞自体ももっと難解だった ように思います。どの程度手直しがあったのかは全くわかりませんが、かなり変わって いると思います。そのせいかなぁ・・・でも、今年初めて見た友人たちは、わからない ということは全く言っていなかったのを今気づいた。

私も昨年とどの程度歌詞が変更になったのかはとても興味があります。どなたか、 ご存じなかたいらっしゃいませんかねぇ・・・

==========

そこで、RENT大好き!のフナフナさんに登場して頂きました。皆さんも参考に してみてくださいね。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

なんかRENTの歌詞が話題になってるとかでやって来ました。去年と今年が どう違うかという転ですが、でもフナフナは今年を観すぎて、逆に去年の分が 分からなくなってしまいました(^_^;。この件に関してはKINOの方が適任だと思うな。

ぼくが知ってる限りでは、RENTの歌詞の変更は、助詞を付けるというものが ほとんどだったと思います。例えば、I'LL COVER YOUでは、「愛は買えない  誰かが言った でもRENTできる 返さなくていい」 と言ってたのが、 「愛は買えない と、誰かが言った でもRENTならできる 返さなくていい」 というふうに、「と」「なら」という助詞が入りました。その分、音符の乗りが 悪くなって、早口になってますが、意味が分かりやすくなってます。ほとんどはこういう小さな変更。

大幅に変わったところはTANG MAUREENかな。前はなんて言ってたか忘れちゃったけど、 モーリーンをけなす所で「あいつがここにいたら、ぼこぼこにして血祭りに」 などという、歌詞の正確さよりも感情表現が前面に出てきた歌詞もありました。 人物関係の説明の所は、かなり分かりやすくなってたね。初っ端だったからよく 憶えてるけど、最初にマークの母親から電話がかかってきてマークがモーリーンに 振られたことを説明するシーンがあります。「残念だったわね モーリーンのこと  忘れなさいよ」と言った後、去年は「だって彼女はレズビアン」とだけ 言ってたのが、今年は「だってなっちゃったんでしょ 彼女 見事に レズビアン」 というふうに、マークを振って、女に走った時間的な経過が分かりやすくなった部分もあります。

実際の行動に合わせて変更した部分もあったな。最初のRENTで、ジョアンヌが 「マークを呼んじゃ、だめ」と言ってたのが、「マークに電話しちゃ、だめ」 に変更になったのは、その後にモーリーンが電話をかけるジェスチャーをして、 マークがそれを受けるので、それに合わせたのだろうね。

ああ、けっこう憶えてるもんだな。(^_^; ま、こんなところでいかがでしょうか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆