La Noche Feliz

〜 聖なる夜、生なる調べ 〜


開演ベルの音。そして幕の向こうから、

Silent Night, Holy Night
All is Calm, All is Bright
Round Your Virgin Mother and Child
Holy Infant so, Tender and Mild
Sleepin' Heavenly Peace, Sleepin' Heavely Peace

最初の第一声は岡さんの澄んだ声でスタート。そしてタイムファイブのような(笑) 素晴らしいハーモニーがアカペラで歌われました。途中、幕が開き、タキシードに 身を包んだ背の高い今日の主役の2人の岡幸二郎さんと石井さんがセンター割りで 左右に立ち(まったくどちらを観ていいのやら。。。)そして、間には見慣れた 男性3名。。。「れ、、、レミゼ??」

そうです、そこには、乾さん・酒本さん・祐木さんというレ・ミゼラブルでお馴染みの 方々が歌っていらっしゃいました。私、幕が開く前にパンフを読んでなかったので 予期してなかった分、嬉しくなってしまいました。さて、英語で歌い終わると、 皆さん、今度は、マイクを通さず、アカペラで歌い出しました。アートスフィア に生声で、今度は日本語で「Silent Night」を歌って下さいました。

美しいハーモニーを聴いた後は、まずMarieさんの登場。色っぽく、艶っぽく 熱唱です。そしてバックコーラスに、またまた「れみぜ??」と思わせるメンバーが! 飯田さん・井上さん・大川さんです。井上さんったら、この前のシャンテ・サロン コンサートの時、この話してなかった。Marieさんの歌が終わると、森奈さんが 曲はグリーンスリーブスで日本語での歌を披露してくださいました。

その後は、色々な組み合わせだったりソロだったり、途中、曲中で1回挨拶程度のMCが はいり、第一部はロマンティックに、ロマンティックに進行していきました。 あ、でも「Santa Claus Is Coming To Town」が始まった時、いきなり石井さんが イェーイとか言って下手から走ってきたかと思うと、ずっと曲中はじけていて とっても面白かった(笑)それから、最後の曲はあのアンドリュー・ロイド・ウェバーの レクイエムから「Pie Jesu」!  私の好きな曲のひとつです。スタンドマイクが 中央に立っており、そこに岡さんのまっすぐ立つ姿。そして、コーラスの6名の みなさんで素敵に歌ってくださいました。この曲をご存知の方ならわかると思うのですが、 途中にハモって歌う部分がありますでしょ?あの下のパートは井上さんが歌っていました。 他、上でハモるところは大川さんが奇麗な澄んだ高い声で合わせてらっしゃいました。 そして他のみなさんも各所で美しいハーモニーをしてらっしゃいました。

インターバルをおいて第二部。舞台は、センターにはソファ等の家具、下手(しもて) 奥には家庭用バー。その前にキーボード。上手にはテーブルと椅子。どうやらここは 石井さんの家、という設定のようです。最初は岡さん以外の人々が楽しげに歌います。 そして2曲目にバラを1輪持って登場。森奈さんにプレゼントし、歌いました。 その後はまた、色々な組み合わせ。途中、コーラス6人の方々のみの曲も1曲あったり、 楽しく進行していきます。そうそう、シャンパンを飲むっていう演出があるのですが、 この時、石井さんがシャンパンの場所を演出上、忘れたりするのですが、シャンパン グラスのありかも捜そうとする時、井上さんが「勝手知ったる、、、」とグラスを 出してくるんです。すると石井さんが「なんでだよ。俺が家主だよ!」って言う のですが、岡さんから「お洒落な家の設定してるんだから”家主”はないだろ!」 と、すぐツッコミが入っていました(爆)!

そして、客達が帰っていきます。家主(笑)の石井さんは「寂しいじゃないかー!」 と追っかけますが、岡さんがそれを止めます。すると岡さんはエプロンをし、 グラスの後片付けを始めます。その間、石井さんがベラベラと喋るのですが、また この時も「男がキッチンで・・・」と言うと、岡さんが「男は”キッチン”なんて 言わないだろー!」と、またまたツッコミます。息があってる(^^)ってカンジ。 さすが長い付き合い。一通り片付け終わり、エプロンをはずしている時も石井さんは まだ喋りつづけようとして、「ウルサイ!」と岡さんから一喝されます。そして 岡さんは家庭用バーのところの椅子にポーズをとって座り、「いつもの!」と言うと、 石井さんが「いつもの、ってのは僕が君の為に書いたあの曲ですね」といい、 「Snow Flakes」を、石井さんがキーボードを弾き、そして岡さんが歌うという、 とってもオイシイ曲が始まりました。とても素敵な曲ですよ!

White Christmasの熱唱が終わり、一旦幕が下ります。そしてアンコールの拍手の 中、再び幕が開き、アップテンポのWhite ChristmasをBGMにしてキャストとバンドの紹介がありました。 アンコールの拍手の中、カーテンが開くと、みなさんが一列に立ってらっしゃったのですが、岡さんが一人の男の子が キャスト全員に一輪ずつのバラを用意してたのに、渡し損なったのを気付いていて それを気遣って、男の子を呼んであげ、一人一人に渡す時間をつくっていました。

そしてMCになったのですが、石井さんのかいた「Snow Flakes」の話になり、 石井さんが「この歌がなければこの歌は存在しない」と言ったんですよ。で、 私の頭の中が「?」ってカンジだったんですけど、岡さんが「この”声”が無かったら この歌は存在しない、だろ」と正していました(笑)   こういう やりとりとか、第二部での「家主」や「キッチン」の件って、少年隊でいうところの、 ヒガシとかっちゃんのやりとりですよぉ。かっちゃんが言葉で間違うと、チェック魔の ヒガシはすぐツッコム。。。にしきの場合は間違い以外でも、拾われて笑いのネタに されちゃうけどね。ヒガシの場合は正すの。そういえば、ヒガシは踊るナルシスト、 岡さんは歌うナルシストかもしれない(笑)あ、ごめんなさーーーい。

そして話は石井さんへの出演交渉の話になりました。
石井「俺が、マリウスになろっかなー、って化粧を始めようとしたら、、、」
岡   「12月、ひま?」
石井「暇っていうか、、、」
岡   「クリスマスにショーやろうと思うんだけど」
石井「やるっ!」
即答だったそうです。そして石井さんに、1曲は岡さんが歌う歌で、もう1曲は 「We Are The World」のようなみんなで歌う曲を書いて欲しいという依頼を受けた ということでした。

その後、石井さんが尚も話しを続けるのですが(そんなところに下町の匂いを 感じるなぁ。にしきと同じ匂いかも〜)それをすっぱりと岡さんが切ってしまい (これまたヒガシがよくかっちゃんにやる)ました。そして本当に前奏が始まり、 これまた素敵な「La Noche Feliz 〜微笑みが灯る夜〜」を歌ってくださいました。 みんなで歌い繋ぐ、素敵なメロディーを持った曲ですよ。

クリスマスにクリスマスソング。凄ーいロマンティックでした。そしてみなさんの 歌も歌唱力がある方ばかりで、心が洗われるようでした。楽しいイヴとなりました。


岡幸二郎・石井一孝・Marie・森奈みはる
乾あきお・酒本朗・祐木鎧飯田容子・井上めぐみ・大川美佳



全然関係ないけど、ナンバーの表を作っていたら、パンフレットに誤植を見つけて しまった。パンフレットで「O Holly Night」ってなってる。。。「Holly」じゃ、 クリスマス用の西洋ひいらぎ、になっちゃう。
M− 1Silent Night
M− 2Blue Chirstmas
M− 3What Child Is This ?
M− 4Silver Bells
M− 5Santa Claus Is Coming To Town
M− 6Grown=Up Christmas List
M− 7The Christmas Song
M− 8Lovers On Christmas Eve
M− 9Have Yourself A merry Little Chirstmas
M−10Pie Jesu
   ☆☆☆ Interval ☆☆☆
M−11Rockin' Around The Chirstmas Tree
M−12With A Christmas Heart
M−13Please Come Home For Christmas
M−14Do They Know It's Chirstmas ?
M−15JAPANESE CHRISTMAS SONG MEDLEY
A) KanのChirstmas Song
B) サイレント・イブ
C) サンタと天使が笑う夜
D) クリスマス・イブ
M−16Sliegh Ride
M−17Snow Flakes(作詞:石井一孝、他   作曲:石井一孝  編曲:石井一孝、他)
M−18It's The Most Wonderful Time Of The Year
M−19Last Chirstmas
M−20All I Want For Christmas Is You
M−21O Christmas Tree
M−22O Holy Night
M−23White Christmas
M−24La Noche Feliz 〜微笑みが灯る夜〜 (作詞・作曲・編曲:石井一孝、他)