正解はそこにある



私がレ・ミゼラブル日本公演を観に行ったいきさつは先に書いたとおり だ。朝の友達からの電話で急に劇場に運び、窓口のキャスト表で、今井清隆さんの出演を確認 し、加えて島田歌穂さんのエポニーヌというので、そのまま劇場にすべりこんだわけです。

あまりの作品の素晴らしさの為、もう一度観たいと思い、千秋楽の前日だったと思います、また 帝国劇場に足を運びました。この時もとにかく、あの劇場を拍手の渦にした今井さんのジャベールで 観ようと今井さんのジャベールの回でみました。この時は滝田バルジャン以外は前回のキャストとは 違うキャストだったと思います。前回は作品中心に観ていたので、俳優さんに重点をおくような みかたはしてなかったのですが、2回目を観てから考えてみると、初回のマリウスは宮川さん、 コゼットは佐渡さん、フォンティーヌが伊東さん、アンジョルラスが留守さん、テナルディエが 斉藤さんだったのに対し、2回目は石井さん、宮本さん、絵馬さん、岡さん、笹野さんだった。 エポニーヌも入江さんだったな。とっても感情的なエポニーヌだった。岡アンジョルラスに この日出会ってしまいましたよぉ。澄んで伸びのある声って大好きなんです!! この日は立ち見で(といっても階段に座るのだが)観劇しました。

2階の立ち見席とはいえ、とにかくこの作品は素晴らしいため、集中できちゃうのですよね。 こんなに心に響く作品に出会えたのって素晴らしいことですよ。私にとってのレミゼは 「作品」として存在価値が非常に高いものとなったのです。そして勿論、CDを購入しました。 この時は、私がやはり今井ジャベールと島田エポニーヌ版のほうを選び、友人は 加賀バルジャンと島田エポニーヌ版を選び、仲良くお互いレンタルしあったのでした。

自分のCDを何度も何度も聴きました。今井さんの「STARS」や、島田さんの 「On My Own」、岡さん&宮川さんの「Red and Black 〜 Do You Hear the People Sing」、そして「One Day More」などは 特に何度も何度も繰り返して聴きました。その後、友人から別バージョンを借りました。

こちらのCDで何度も何度も聴いたのは、「One Day More」と「Javert’s Suicide : Soliloquy」でした。この作品を観るにあたって、 キッカケになったのは今井ジャベール。歌唱力に定評があり、実際、今井ジャベールの ソロは歌唱力は勿論素晴らしいものだし、声量も凄くて、劇場中に響き渡る歌声は 文章では表せられないものでした。ソロが終わると割れんばかりの拍手を客は送り 続けました。舞台と客席が一体化したような空気が流れました。やはりミュージカルを 観る上で、歌唱力のある歌を聴くというのは醍醐味ですよね。そういう意味で 2回目も今井ジャベールを観劇した私に、このCDは教えてくれました。

村井さんといえば、TVドラマでもバラエティでも活躍しているベテラン俳優さん です。舞台でも活躍しているし、マルチな才能をお持ちの方だなと思っていました。 声も素敵だし、真央ちゃんの共演した舞台での歌も聴いていましたから、ミュージカル 俳優さんとしての活躍も知っています。でも初めてレミゼを観劇した年に、今井 ジャベールにこだわり村井ジャベールを観なかったのは、この時の私が「歌唱力」 に重点を置いていたからでした。勿論、村井さんだってお上手ですよ。でも今井さん の歌唱力を考えたら、その時はやっぱり今井ジャベールを選んでしまったのです。

CDを聴くうち、村井さんの凄さに気付きました。村井さんの歌声は、歌声自体が 演技していました。今井さんがその歌唱力でグイグイ押してくるのに対し、村井 さんはやはりベースに「俳優」ということが感じられる、演技の含まれた歌い 方です。はき捨てるような部分があったり、ちょっとした呼吸の使い方がこんなに 歌を豊かにするものなのでしょうか?ジャベールの心理状態がひしひしと 伝わってきて、しかもまた観ていない村井ジャベールの舞台上での動きさえも 感じさせてしまうなんて!

今井ジャベールでは歌に酔いしれました。対して、村井ジャベールではまだ観ぬ演技に 酔いしれました。でもどっちがいいの?どっちが正しいの?私の結論は、「正解は どこにもない。そして正解はそこにある」というものです。こんな結論など 誰もがわかっているものではあるのですけどね。最終的には観客サイドの好みの 問題やその日の観客の気分の問題ですよね。俳優さんのほうは、自分の得意分野を メインにアピールしてくるのは当然のこと。その上で、試行錯誤をしながら、考え抜いて その役柄を演じてくるのです。あの演技ひとつひとつに、色々な背景を考えてみたり しているのですから、正解はそこにあるのです。そしてその人の演じたその演技だけが 正解ではないわけだから、正解はひとつだけでない、つまり正解はどこにもないわけです。 演技か歌か?それはもう趣味の問題ですよね。勿論、目に余る(^^;)歌唱力・演技力の方の 場合は、観客としても困ってしまいますけど、でも演技派か歌唱力派かという話で いえば、それはあくまでも趣味の問題。色々な俳優さん達がいるのだから、俳優さんの 数だけ解釈や特徴があるってことを、心ゆくまで楽しみたい。。。このCDを 聴きながら、そう思ったのでした。