清酒 旭正宗 醸造元

浦和の酒蔵


  こちらは さいたま市の酒蔵、内木酒造(株)です。
内木酒造、旭正宗、その他についての内容をおしらせします。

蔵元にて直売しています 

・漬物用酒粕1kg入り 販売中

・本醸造原酒、販売中


最新情報はこちらにも!


7月の営業日

7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

営業日:火曜〜土曜日(日・月・祝日がお休みです )



内木酒造梶E・・埼玉県さいたま市桜区西堀6-13-15
 <TEL>048-862-5734 <FAX>048-862-5735 お問い合わせはこちら


地方発送受け付けております、店頭にて発送伝票に記入していただき、発送となります。

ご来店できない方は、メール・TEL・FAXにてお問い合わせください
(代引き、もしくはお振込み確認後、発送となります)


メールの返信ができない場合があります。ご面倒おかけしますが、連絡がない場合は直接お電話下さい。申し訳ありません。




       〜内木酒造について〜


創業は安永4年(1776年)、朝日のような爽やかなお酒、そして商売繁栄を願って銘柄を「旭正宗」とし、
現在の地で酒屋を始めました。
もともと農村地帯であったため、米もたくさん獲れ、農業をしながら酒造りもおこなっておりました。
戦後は酒造業にしぼり、以来浦和唯一の酒蔵として、200年以上の歴史を歩んでまいりました。

製造に関しては、埼玉県産の酒米(さけ武蔵)や一般米の(彩の輝き)などを主に使用しています。
吟醸酒については、兵庫県産(山田錦)や新潟県産(五百万石)なども使用しています。

また、酒造りに水はもっとも大事なものです。仕込み水には荒川水脈の自社内の地下水を使用しています。
(もともと武蔵野台地の一端である浦和は、水が良いとされています。)

酒造りの時期は冬です。当社では11月半ばになると岩手から酒造りの蔵人(南部杜氏)が来て、
仕込みを行い、小蔵ながらも全ての商品を自家醸造しています。



お酒としては旭正宗の大吟醸、純米吟醸、特別純米などがあります。それ以外にも本醸造「うらら」は冷やすと大変飲みやすく、市内周辺のホテル・居酒屋・料飲店などでも使われております。
また、純米酒の「純」は辛口のお酒で、お燗に適したお酒としても好評です。

現在、浦和は「さいたま市」となり、市内に4件の酒蔵があり、それぞれが個性を出して酒造業を続けております。
内木酒造周辺も、JR埼京線開通後すっかり住宅地となり、都心から約30分と大変便利になりました

そのような環境の中、埼玉県南部唯一の酒蔵として、伝統的な酒造り続けていくつもりです。